車の関連用語について | 廃車買取カーネクスト

ページコード: 814800

  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

廃車買取ならカーネクスト ホーム車の関連用語について > 電気自動車のメリット・デメリット

電気自動車のメリット・デメリット

みんなの廃車の疑問数 全35件

29 件目を表示

電気自動車のメリット・デメリット

●電気自動車のメリット
・環境性能に優れる
ガソリン車はエンジンを付けている間、常にガソリンを燃焼して二酸化炭素を排出していますが、電気自動車の場合は自動車からは二酸化炭素を一切排出しないため、環境性能は優れています。

・低速時の加速性に優れる
電動モーターは低速トルクが非常に大きく、低速時の加速が非常にスムーズです。
ただし、高速走行についてはガソリン車の方が効率良く走ることができ、電気自動車はあまり得意ではありません。

・静粛性に優れる
エンジンで常に燃焼、爆発を繰り返すガソリン車と違い、電気自動車のモーター駆動音は非常に静かで、静粛性が非常に高くなっています。
しかし、静か過ぎるために、周囲の歩行者などが車両の接近に気付きにくいという問題があります(注意を促すために擬似的なエンジン音を発する装置もあります)。

・ガソリンよりも電気の方が単位距離当たりの燃費(電費)が安くなる
ガソリン車よりも電気自動車の方がエネルギー効率が圧倒的に良いため、同じ距離を走るのであれば、電気自動車の方が安く走ることができます。
電気料金が深夜に安くなるプランにして、就寝中に充電するなどすれば、ガソリン車の1/3~1/5程度の燃費(電費)で走ることができます。

・エコカー減税により、法定費用の維持費も安い
エコカー(低公害車)は、自動車税などで優遇措置を受けることができますが、電気自動車は二酸化炭素を排出しないため、免税されるなど、維持費が安くなります。

・自宅等に充電設備を設置可能
一般家庭用の100V(または200V)の電源でも充電できるため、設備があれば自宅でも充電できるため、ガソリンスタンドに行かずとも運用できます。

・アイドリングが存在しない
電気自動車はエンジンが存在しないため、ガソリン車で言うところのアイドリングが存在せず、停車中の無駄にエネルギーを消費することがありません。

・災害時など緊急用の電源としても活用可能
V2Hのような設備さえあれば、電気自動車が持つバッテリーを自宅の電源として一時的に使用することが可能です。

・火災が発生しにくい
爆発、炎上の原因になるガソリン等を積んでいないため、衝突時などにガソリン車よりも火災が発生する可能性が低くなっています。


●電気自動車のデメリット
・車両価格が高い
大容量、高性能の二次電池はコストが高いため、同程度の車格のガソリン車に比べ、車両価格はどうしても高くなります(エコカー補助金などによりある程度安くなりますが、それでもガソリン車の方が安いです)。

・充電に時間がかかる
電池容量にもよりますが、100Vコンセントの場合フル充電に10~20時間、200Vコンセントの場合フル充電に4~7時間、急速充電でも80%までの充電に15~30分程度の時間がかかります。
それに対しガソリン車の給油は数分で終わります。

・ガソリンスタンドの給油機に比べ、充電設備の数が少ない
ガソリンスタンドに給油機は多く設置されていても、充電器は1~2台しかなかったり、給油機しか設置されていない所も珍しくはありません。

・航続距離が短い
現状の二次電池は体積・重量あたりのエネルギーがガソリン等よりも小さいため、同じ車両サイズや重量でもガソリン車に比べて航続距離が短くなり、長距離移動する旅行などには向きません。
国産の電気自動車のうち航続距離が最も長い2017年モデルの新型リーフでJC08モード基準で航続距離400km程度。
それに対し、JC08モード20km/Lで燃料タンク容量50Lのガソリン車の場合、航続距離1000kmとなります。

・バッテリーが劣化した場合、交換費用がかかる
日産リーフでは8年、走行距離16万kmのバッテリー保証をしているため、近年ではバッテリーの劣化は通常使用では問題ないレベルになっています。
ただし、年式の低い電気自動車や、雪国などのバッテリーにとって過酷な環境で使用された場合は、バッテリーが劣化する可能性があり、バッテリー交換となれば数十万円の追加費用がかかってしまいます。							

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

ご利用の愛車について

必須メーカー

必須車種名

任意年式

任意走行距離

お客様について

必須お名前

必須電話番号

任意都道府県

20秒カンタン入力!

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 矢印
  • 成約後、お引取

  • 矢印
  • 必要書類の記入

  • 矢印
  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。