廃車をどこの国に輸出する?|廃車買取カーネクスト

ページコード:

  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

廃車買取ならカーネクスト ホーム廃車を買取できる3つの理由 > 廃車をどこの国に輸出する?

廃車をどこの国に輸出する?

日本車の輸出先は、基本的に右ハンドルの自動車が輸入できる国になります。世界では左ハンドルの使用の方が割合的に多い為、日本車を輸出できる国は一部に限られており、且つ年式規制や事故修復歴の有無で輸入規制があるなど、各国の特徴はさまざまです。各国の輸入規制やその特徴についてお伝えいたします。

日本からの主な輸出国(一例)

車のマークをクリックして輸出国を確認!

car_icon car_icon car_icon car_icon car_icon car_icon car_icon car_icon car_icon

中古車の輸出先実績(一例)

地域 国名 出荷港
アフリカ ケニア、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、レソト、モザンビーク
コンゴ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、スーダン、マラウイほか
モンバサ
ダルエスサラーム
ダーバン
マプト
アジア ミャンマー、タイ、香港、ブルネイ、マレーシア、シンガポールほか ヤンゴン、レムチャバン
香港
ヨーロッパ・中東 ドイツ、ロシア、アラブ首長国連邦ほか ハンブルク
オセアニア トンガ王国、オーストラリア、パプアニューギニア、キリバスほか メルボルン
モレスビー
西インド諸島 オランダ領アンティル、ケイマン諸島、セントビンセント、バハマ
セントルシアほか
クラカオ
キングストン
北アメリカ カナダ バンクーバー

海外で人気の車種とは? >>>> 海外の人気車両 はコチラ

輸出国別の特徴(一例)

国旗
ケニア
製造から7年前の自動車を輸入すると関税が安いため、7年落ちの自動車の輸入が主流です。年式が比較的新しい車両の輸入が多い為、車両価格は50万円~100万円になります。
【需要のある車両】ハリアー、ノア、カローラセダン、ヴィッツ、プロボックスバン・ワゴンなど
国旗
タンザニア
製造から9年前の自動車を輸入すると関税が安い為、9年落ちの自動車の輸入が主流です。JAAI(日本自動車査定協会)の検査を実施する為、ダメージカーの現状車は輸出する事ができません。
【需要のある車両】エクストレイル、ノア、ランドクルーザープラド、ハイエースワゴンなど
国旗
ウガンダ
安価な自動車が好まれます。特に輸入規制が無く、輸出検査も実施されないため、傷やへこみのある自動車も輸出され現地のメカニックによって整備や修理され販売されることがあります。
【需要のある車両】イプサム、フィット、ヴィッツ、ヴォクシー、1トントラック、2トントラックなど
国旗
ロシア
関税であらゆる問題をかかえる国。自国の自動車の普及を望み政治により左右される事で日本からの輸出台数も昔と比べ少なくなりました。高年式で事故歴ない車などのみ出荷でき、輸入規制には厳しい国です。
【需要のある車両】アルファード、ヴェルファイア、カローラなど
国旗
ザンビア
アフリカの中でも急激に経済発展を果たすザンビア。輸入規制等は他国と比べるとゆるく、安価な自動車が積極的に輸出されています。
【需要のある車両】ハイエースバン、タウンエースノア、ライトエースバン、フィット、キャリートラックなど
国旗
ニュージーランド
昔から日本車の輸出台数が多い国。日産スカイラインの中古車を輸出するなど日本の出荷国の中で富裕層が集まる国といっても過言ではないでしょう。オシャレな車や色、スポーツカーなどが好まれます。
【需要のある車両】スカイライン(32型)、マーチ、フィット、デミオなど
国旗
カナダ
日本車のディーゼル車がこの好まれ、ハイラックスサーフなどは年式が新しいものより古いものが輸入されています。出荷台数は多くありませんが、昔から変わらぬ付き合いがある国です。
【需要のある車両】ハイラックスサーフ、ハイエースバンなど
ミャンマー
注目の急成長市場です。現地のライセンスの関係で日本の中古車相場すらも激動させるくらい市場が拡大しており、これからの経済発展が楽しみです。
【需要のある車両】ハイエースワゴン、アルファード、マークII、プロボックスバン、ハイラックスサーフなど

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

ご利用の愛車について

必須メーカー

必須車種名

任意年式

任意走行距離

お客様について

必須お名前

必須電話番号

任意都道府県

20秒カンタン入力!

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 矢印
  • 成約後、お引取

  • 矢印
  • 必要書類の記入

  • 矢印
  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。