車で事故であった場合の対処法と、廃車すべきかの判断基準|廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト
  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

車で事故であった場合の対処法と、
廃車すべきかの判断基準

このページをご覧であるという事は、事故に遭われた方かと存じます。その様な大変な時に当サイトを参照していただき、ありがとうございます。

緊急で必要な情報もあるかと思われますので、まずは事故に遭ってしまった際にやるべき事をご案内、その後に事故車を廃車すべきかどうかの判断基準についてご紹介いたします。

車で事故に遭った時にするべき事

それでは早速、事故に遭ってしまった場合の対処方法についてご紹介いたします。

人身事故の場合

まず、自分が運転する車によってけが人を出してしまう人身事故の場合、緊急性が高い状況となりますので、先にご紹介いたします。

けが人の救護
人身事故の場合は、まず最初にけが人の救護を優先しましょう。もし、けが人が道路に倒れている場合は、二次被害と言って後続車に立て続けに轢かれてしまう危険性がありますので、出来るだけ揺らさずに安全な場所まで移動させましょう。

また、この時に気が動転してしまい、前後確認をせずに急に道路上に飛び出してしまうと、更なる事故を引き起こしてしまう危険がありますので、冷静な行動が必要になります。

これと平行して、119番に電話をして救急車の手配を行いましょう。外傷が大したことがなくても、内臓や脳に損傷を追っているケースもありますので、電話がつながったら、けが人の状況を的確に伝えるよう努め、必要があれば応急処置を行いましょう。
警察に電話
けが人の容態が安定している場合は、救急車が到着するまでに警察に電話をし、事故について伝えます。
任意保険会社へ電話
最後に、ほとんどの方が加入されている任意保険のサポートデスクに電話を行い、状況を説明しましょう。任意保険会社への連絡は、基本的に警察からは行われませんので、ご自身で行う必要がございます。

物損事故の場合

続いて、物損事故の場合の対応方法をご紹介いたします。

警察に電話
物損の場合は、相手が「物」ですので自分自身に怪我がなければ救急車の手配は不要です。ただし、物損事故の場合であっても警察への連絡は必要となりますので、出来るだけ事故を起こした近くに駐車してから電話するようにしましょう。

なお、警察へ電話しないとその後の車の修理の際に事故証明がなく保険適用が出来なくなるだけではなく、悪質と判断されると刑罰対象になる可能性もあるので、必ず警察への電話は行うようにしましょう。
任意保険会社へ電話
物損事故の場合も、加入している任意保険会社への電話は警察への電話の後に行いましょう。その後の保証までの期間の問題もありますので、事故を起こしてしまったら出来る限り当日中に電話を入れておくことが望ましいです。

▲目次へ戻る

車を修理するか廃車するかの判断基準

事故後の対応が落ち着いてきますと、今度は事故に遭った車をどうするかの判断が必要になります。事故車の今後の選択肢としては、修理してそのまま乗り続けるか、もしくは廃車してしまうかの2択となるでしょう。

では、この2択のどちらを選択すべきか。ここからは、この判断基準についてご紹介いたします。

車の損傷具合はどうか

まず、一つの基準としては、損傷具合がどれほどのものかと言う点が挙げられます。もし、部分的な損傷や軽い傷程度であれば、修理自体もそこまで難しくなく、その後の運転にも支障はないでしょう。

しかし、この損傷具合が大きなもので、フレームやタイヤ周り、エンジンルーム周辺にまでに及ぶ大きな事故だった場合は、修理は難しいでしょう。仮に何とか修理が出来たとしても、こういった部分の損傷は100%元の状態に戻すことは不可能に近いので、安全面を考慮するとそのまま乗り続けるのは不安が残る選択と言えるでしょう。

こういった場合は、残念ですが事故車でも買取可能な業者に依頼する方法が望ましいです。

修理費用を保険でカバー可能かどうか

続いての判断基準は、修理費用が任意保険の車両保険を当てた際の差額がどれ位あるかと言う点です。以下、一般的な修理費用の概算表となります。

損傷部位 修理費用
エンジン交換 70万円前後
エアコン交換 20万円~
マフラー交換 3万円~
バンパー交換 15万円前後
小さな傷 1,000円
大きな傷 4万円前後
小さなへこみ 2万円
ドア交換 10万円(日本車の場合)~
フレーム(軽微) 10~100万円(程度により異なる)
フレーム(甚大) 100万円~

もし修理費用の見積もり金額が車両保険を当てても、自己負担分が新車や中古車購入と同額や近い金額だった場合は無理して修理するのは得策ではないでしょう。

特にエンジンやフレームに損傷が及んでいる場合は、単体でも高額な修理費用がかかるだけではなく、確実にその周辺の部分にも損傷が及んでいる事がほとんどですので、合計金額は更に高くなることが予想されます。

こういった場合は、仮に修理と廃車・買い替えが同額の出費の場合であっても、事故車は廃車にして、新しく車を買い替えた方が賢い選択と言えるでしょう。もちろん、思い入れがある車で手放したくないという事もあるかも知れませんが、それだけ修理費が高額になると言うことは、損傷も大きく今後乗り続ける車としてはお勧めはできません。

保険を使わないという選択肢

事故を起こして、保険適用を行うと一時金などの支給を受け取ることができますが、適用することによるデメリットも存在します。

それは、毎月の保険料の金額が上がると言うデメリットです。

保険による支給額と、毎月の保険代の増額分だけを見ると保険適用時の支給額の方が高く感じますが、保険料が元に戻るのはそこから3年後となりますので、その点は注意が必要となります。仮に保険適用によって、毎月の保険料が+3,000円だった場合は3年間で108,000円の増額となります。

なので、もし保険適用により支給される金額が10万円以下だった場合は、保険適用なしで進めたほうが結果的にお得になるのです。もちろん人身事故だったり、物損などで相手に対して賠償が発生した場合は保険適用は必要になるでしょう。

▲目次へ戻る

廃車にする場合はカーネクスト

前述でご紹介した様に、事故車の損傷が激しく修理をしても安心して乗れなかったり、全損など修理費用自体が高額になる場合は、事故車自体は廃車にすることになります。もし全損になった場合は、車両保険の保険価額が適用されるので、新車購入時の費用に充てることで実費負担を大きく減らすことが可能です。

また、全損レベルの事故車であっても当社カーネクストであれば、0円以上で買取が可能ですので、更に新車購入の資金に加えることが可能でしょう。
※買取価格はお問い合わせ時のお電話窓口で、確定金額のお伝えが可能です。

カーネクスト利用時の手数料は?

カーネクストを使って買取・廃車をされる場合は、お電話にて契約の後にレッカー車を手配いたします。一般的にレッカー車の手配は、保険会社のロードサービス(事故時のみ利用可能)は無料もしくは格安で手配が可能ですが、それ以外の場合は10,000~30,000円ほどの費用がかかります。

ただ、当社カーネクストで手配させていただく場合のレッカー車の費用は、当社で負担させていただきますので、完全無料となります。事故後は事故車は近くの整備工場などへ搬送されますが、もちろん自宅以外のそういった保管場所への引き取りも無料で行っていますので、ご安心ください。

どんな車も0円以上で買取保証!

事故車の基準を知りたい方はこちら




愛車の価格を今すぐチェック!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

利用規約とプライバシーポリシーに同意の上

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)
  • 昭和64年/平成1年(1989年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

査定バナー キャンペーンバナー 自動車税バナー お客様の声バナー

手続き状況確認

契約内容ご確認書に記載されている16桁のお問合せ番号をご入力下さい。

虫眼鏡

料金の事を知ろう

廃車の事を知ろうアイコン

スマートフォンサイト

スマートフォン、携帯電話でもご利用いただけます。

faxシートバナー 協力業者募集 STOP盗難・違法車輌 格安陸送

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。