事故車の買取について、教えます!|廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト
  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

事故車の買取について、教えます!

事故をした車を修理に出すとなれば、程度によりますが、車の駆動に関わるエンジンだと、修理費用が跳ね上がってまいります。 修理費用を考慮して修理に出すより、買取をしてくれる会社を探しているのですがと、お問合せをいただきます。
そこで「事故を起こした車」を「事故車」と多くの方が認識されていると思うのですが、車業界では「事故車」は「修復歴のある車」の事を指します。一般的に聞き慣れない言葉なので、知らない方も多くおられました。
また事故をした車は買取ができないと思っている方もたくさんおられました。事故車でも大切な資源ですので、買取金額がつく可能性がございます。
当社のように海外に販路を持っている会社なら、需要のある国にパーツなどを卸すことができるので、他社より高く買取金額に還元できるかもしれませんので、一度お問合せください。

「事故車の買取」「修復歴」「事故車を高く買い取るコツ」など、こちらのページで事故車についてご説明させていただいております。お車の買取に出される際に参考にしてください。

事故車って買取してもらえるの?

困っている女性 事故車は処分費用がかかると考えていませんか。「事故をした車はスクラップになるから、お金を払って引き取ってもらう」とお問合せの際にお客様からお話しを多くいただきます。
実際に販売店などに廃車を依頼すると「買取は出来ないので、処分費用がかかります」と言われたという方のご意見がございました。
ディーラーや中古車販売店に依頼するとそう言った回答が返ってくるのは、業態として車の販売を目的としていますので、廃車完了するまでの時間と労力はディーラーや中古車販売店にとって負担となります。ですので、金額面での還元はなく、廃車にかかった費用を手数料として、お客様に請求されます。
またご自身で解体業者に廃車を依頼すると解体費用(廃車費用)が発生し、こちらもお金を払わないといけないケースがほとんどです。
ではディーラーや解体業者などに依頼すると、どれぐらいの金額を請求されるのか?
事故車の廃車をご検討の方は、下記で表にしておりますので、参考までにご覧ください。

ディーラー・中古車販売業者・解体業者でかかる諸費用
名義変更手続き代行費用 1万円前後
引取手数料 1~2万円
レッカー費用 2~3万円(引取場所までの距離により異なる)
解体費用(廃車する場合) 1~2万円
廃車手続き代行費用(廃車する場合) 1万円前後

※解体業者によっては手続きを行わない場合がございます

上記の表を見ていただいた通り、安く見積もっても6万円ほどかかってまいります。
かなりの金額の負担ですよね。。。
手放すだけでこれだけの費用がかかってまいります。さらに廃車をする時にローンの残債が残っていたりすると、手続きが増え、廃車完了まで多くの時間がかかります。
そこをカーネクストにご依頼いただくと0円以上で買取をさせていただいて、更に手数料やレッカー費用、解体費用はすべてカーネクストが負担いたします。
お客様が廃車に伴い、お金をご負担いただくことは一切ございません。
手続きに関しても、揃えていただく書類をすべてこちらからご案内させていただきます。そちらをご準備いただいて、必要な個所だけ記入していただくだけで、あとはカーネクストが手続きの代行で処理を行ってまいります。
事故車の処分にお悩みの方は、ご相談だけでも構いませんので、カーネクストまでお問い合わせください。

▲目次へ戻る

事故車の基準を知りたい

事故を起こしたら、事故車ではなく、修復歴のある車が事故車として扱われます。ではへこんだだけで、事故車になるのか?そうではございません。「車のこの部分に交換、修復したことがある車が事故車の扱いになります。」と定められている規約をもとに判断していきます。
実際起きた事故として

  • バンパーが破損したので交換
  • 電柱にぶつけて、フロント部分がへこんだ
  • 車同士の衝突で、損傷が激しい

上記項目のように事故を起こした車=事故車と認識されている方が多いと思います。
事故車と扱われるには「自動車公正取引協議会」「日本自動車査定協会」「日本中古車販売協会連合会」が定めている規約で、自動車の骨格部分にあたるフレームに損傷があり、損傷部の交換または修理をした経歴のある車を指します。
ですので、事故をした車が事故車になるとは限らないのです。
では具体的にどの部分を修復すると事故車になるのかについて、ご説明してまいります。

どの部分を損傷、交換すると事故車になるのか

下記に挙げた部分に損傷があり、修復をすると修復歴になります。
■フロントクロスメンバー
■フロントインサイドパネル
■フレーム
■ラジエータコアサポート
■ダッシュパネル
■ルームフロアパネル
■トランクフロアパネル
■ルーフパネル
■ピラー

修復しても、事故車にならない部分は下記項目でございます。
■フロントバンパー
■フロントフェンダー
■ロアスカート
■リアフェンダー
■ボンネット
■トランクリッド
■リアバンパー
■サイドシルパネル
■ドア
これらは骨格部分に該当されないため修復をしても、修復歴には入りません。

事故をしていないのに事故車に?!

天災や住んでいる周りの環境で車に被害が出た場合、事故車として区分されます。
水没車、雹で車に損傷、火災に巻き込まれた車、塩害の被害を受けた車、工事現場付近である鉄粉被害車などは事故車として扱われます。事故を起こしていないのに、事故車になるのは納得がいかないですが、知ることで未然に防ぐことができるかもしれませんので、覚えておいて損はないと思います。

修理に出さなければ事故車にならない?

事故をしたのに、車の価値を第一優先に考えて、修理に出さず運転し続けるのは間違いです。
事故の損傷具合に関わらず、法律で「整備不良車両の運転の禁止」とあり、マフラーやフロントガラスなど、細かい部分にまで基準がございます。
修理に出さず、重大な損傷に気づかないまま運転をすると大きな事故を引き起こす恐れがあるので、事故をされたら速やかに修理をご依頼してください。

事故車は買取価格に影響するの?

事故をしていない車と事故をした車の買取金額は変わってまいります。
車の骨格箇所に損傷が見られ、修復歴があると買取金額の減額は免れません。損傷個所によっては、買取金額どころか処分費用としてお金を請求されることも。
カーネクストでは事故車での買取は事故をしていない車に比べて、低く見積もらさせていただいております。
ただお客様に処分費用としてお金を請求することもなく、買取金額の減額の中でも幅を持たせていますので、一度カーネクストまでお問合せください。
その際、車検証をお手元に置いてご連絡いただくと、より詳細な金額をご提示できますので、車検証をご準備してご連絡をいただけたらと思います。

事故車って申告しなければいいんじゃないの?

事故をした箇所を綺麗に修復して問題なく走行ができれば、問題ないんじゃないのとお考えの方がいるかもしれませんが、それは違反となります。
そういった事故をして、修復をした事を申告しなければ、所有者の不利益にしかなりません。
どんなに隠しても査定士の鑑定で簡単に暴かれるので、事実のままに申告ください。
また事故車の申告は義務とされており、故意に申告をしない場合は違反となり、譲渡後の解約、解除または減額の要求を申し出される可能性があります。
初めから事故車だと開示をして金額交渉することの方がプラスになるケースが多いのではないでしょうか。

▲目次へ戻る

事故車を高く買取ってもらうコツ

高いお金を出して、ご購入された車だと思いますので、できるだけ高く買取りしてほしいですよね。
走行距離が少ない車、車の中で煙草を吸っていないなど、今までの使用の仕方でかなり買取り金額は変わってまいります。
ただ事故は急に起きる事なので、今までの使用の仕方より、事故で起きたあとにできる査定の上げるポイントいくつかご紹介。 少しでも高く買い取ってもらえる可能性が上がるかもしれない要点をまとめましたので、参考までにご覧ください。

査定前の修理は要注意?!

事故車を綺麗な状態で査定に出したほうが、高く買取ってもらえると考えてしまいますが、修理を出さない方が高くなるケースがあります。
事故をしている車なので、修理をする部分が多かったり、箇所によっては修理費用が高額になるケースがあります。
結果的に査定額が上がるより修理費用の方が高くなると元も子もないことに。。。
修理をするのであれば、キズ・へこみや修理費用があまりかからない箇所、もしくは修理をせずそのままの状態で査定してもらうのも、ひとつの手段です。 修復費用分の査定額の上乗せは見込みはまずないので、事故を起こした状態のまま査定に出される方が賢明だと思います。

海外への販売ネットワークがカギ?!

輸出直販ルートを持っている業者ですと、他社で査定価格をつけれなかった車に対して買取金額をできるケースがございます。
それはなぜか?!
日本ではあまり必要とされない車やパーツが、海外では高い需要があり、販売できることで海外に販路持っていない業者と査定額に大きな差が生まれます。

カーネクストではアフリカ・ミャンマー等に独自の輸出直販ルートがございますので、事故車でも価値を見出し、できるだけお客様に還元できるよう買取金額を提示させていただいております。

内装を掃除しておく

事故を起こして、車内は散乱していると思いますが、できる範囲で綺麗にしておきましょう。ETCカードやご自宅の鍵などの貴重品を車内に入れたままして、車の引取りを行ってしまった場合、回収できないケースがございます。ですので、車の引取りまでに、車内のチェックなどを含めて掃除される事をオススメ致します。

▲目次へ戻る

事故車をどれぐらいで買取ってくれるの?

カーネクストで買取させていただいた事故車をご紹介。
事故の程度、走行距離、年式などの情報を含めた実績となります。
こちらのページでは買取をさせていただいた実績の一部を掲載!
実際カーネクストが事故車をどれくらいの金額で買い取ったのか、ご参考にしてください。

  • トヨタ ポルテ
  • 平成21年 トヨタ ポルテ
    買取価格71,000円

    スタッフコメント

    修復後の海外輸出が可能だった為、高値で事故車買取をさせて頂きました。
  • トヨタ ハイエース
  • 平成22年 トヨタ ハイエース
    買取価格326,000円

    スタッフコメント

    事故現状車両で廃車予定でしたが、自走可能だったので高価買取させて頂きました。
  • マツダ ベリーサ
  • 平成20年 マツダ ベリーサ
    買取価格10,000円

    スタッフコメント

    フロント破損・エンジンかからず走行不能ですが、買取させて頂きました。

その他の廃車買取実績のページへ

▲目次へ戻る

事故現場から廃車を依頼できますか?

はい、可能です。
ただその場合業者の手配など、早急に行わないといけないため、業者の予定が空いておらず、お受けすることができない可能性がございます。
書類の手続きに関しては、車の引取りを行ってから、郵送にて書類の手続きを進めてまいります。
その際に事故車を引取るためのレッカー費用もかからず、必要な書類を揃えていただくだけでカーネクストがすべて費用無料で代行で行いますので、お任せください。

▲目次へ戻る

事故車のことならお任せください

事故を起こした車の買取について、色々ご説明させていただきました。
損傷の激しい車でも、カーネクストなら0円以上で買取保証を行っております。
海外に販路のあるカーネクストなら、パーツを資源として需要のある海外に販売できるルートがございますので、他社より高く買取金額をご提示できるかもしれません。
また低年式、多走行、不動車、車検切れの車、放置車など他社では引取り不可能な車でも、カーネクストならすべて無料でお引取りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

▲目次へ戻る

事故に遭った場合の対処方にこちら

愛車の価格を今すぐチェック!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)
  • 昭和64年/平成1年(1989年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

査定バナー キャンペーンバナー 自動車税バナー お客様の声バナー

手続き状況確認

契約内容ご確認書に記載されている16桁のお問合せ番号をご入力下さい。

虫眼鏡

料金の事を知ろう

廃車の事を知ろうアイコン

スマートフォンサイト

スマートフォン、携帯電話でもご利用いただけます。

faxシートバナー 協力業者募集 STOP盗難・違法車輌 格安陸送

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。