みんなの疑問・知恵袋|廃車買取カーネクスト

自 動車税 還付金今年の10月5日に車検…

クエスチョン

自 動車税 還付金今年の10月5日に車検が切れます。その前に一時抹消をしたいのですが、車を解体しない場合でも、重量税は返って来るのでしょうか?車は 1998CC、重量1.3t、北海道在住、自動税は、年額43、400円です。この場合、還付金は下記の計算であっているでしょうか?8/31に廃車にす る場合、重量税 37、800/24=1、575円自賠責 24、950/24=1、039円自動車税 43、400/12*7=25、316円9/3に廃車にする場合、重量税 0円自賠責 0円自動車税 43、400/12*6=21、700円

アンサー

重 量税の還付対象は↓廃車を引き取った業者が使用済自動車の引き取り報告をマニフェスト上でリサイクルセンターへ報告した日!もしくは、一時抹消登録日!の どちらか遅い日を起算日として計算されます。解体は済んでなくてもOKですが最低、引渡しだけはしとく必要があります。(引取報告が起算日となってますか らね。 また、車両を寝かせる業者もいるので、還付申請する旨を伝える必要はある)その業者が廃車車両を最終処分すれば、解体報告日が出ますのでその後、永久抹消 と同時に還付申請が可能です。自倍は保険会社本店・支店でのみ還付申請可能です。代理店などは×(普通は手数料取られるので・・・・)こちらの還付金の起 算日は、本店・支店が還付申請の書類を受け取った日!からが起算日となるので、気をつける必要があります。(一時抹消登録日や解体報告日などではありませ ん)余程、近場に支店とかない限りは、掛け捨てが無難だとは思う。何せ、TEL・FAX・郵送とかでは×で、直接、申請行く必要があるので・・・・

知恵袋回答数:3件 その他の回答を見る
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1492809764

よく読まれているページ

アンサー

重 量税の還付対象は↓廃車を引き取った業者が使用済自動車の引き取り報告をマニフェスト上でリサイクルセンターへ報告した日!もしくは、一時抹消登録日!の どちらか遅い日を起算日として計算されます。解体は済んでなくてもOKですが最低、引渡しだけはしとく必要があります。(引取報告が起算日となってますか らね。 また、車両を寝かせる業者もいるので、還付申請する旨を伝える必要はある)その業者が廃車車両を最終処分すれば、解体報告日が出ますのでその後、永久抹消 と同時に還付申請が可能です。自倍は保険会社本店・支店でのみ還付申請可能です。代理店などは×(普通は手数料取られるので・・・・)こちらの還付金の起 算日は、本店・支店が還付申請の書類を受け取った日!からが起算日となるので、気をつける必要があります。(一時抹消登録日や解体報告日などではありませ ん)余程、近場に支店とかない限りは、掛け捨てが無難だとは思う。何せ、TEL・FAX・郵送とかでは×で、直接、申請行く必要があるので・・・・

(ベストアンサー) はカーネクストからの回答ではありません。

「みんなの廃車の疑問」はYahoo!知恵袋のコンテンツを利用・掲載しております。
カーネクストでは皆さまの廃車に関する疑問・質問の解決を含めて、廃車・事故車の引取・買取サービスを提供させて頂いております。
お客様ご自身では廃車の判断が難しい状況や必要書類が解らない等、廃車に関するご相談を無料で受け付けております。お気軽にご質問下さい。

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。 ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。

月割りで返金! 買取金額とは別に廃車をすると還付金が受け取れます 今すぐ無料査定!

PAGE TOP