カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト
  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/02

あまり意識されていない車の違反行為

道路交通法や道路運送車両法には、飲酒運転などの広く知れ渡っている違反行為以外にも、様々な違反が存在します。中にはあまり知られていない・守られていない違反行為もあります。ここではそれらをまとめてみました。

運転方法に関する違反


●水たまりなどを徐行しない
水たまりやぬかるみで徐行せず、汚水を跳ね上げてしまうドライバーも多いですが、これは道路交通法違反です。
ただし道路側に明らかに問題があった場合は、道路を管轄する行政に損害賠償請求することができます(非常に稀なケースですが)。

●ながら運転(安全運転義務違反)
携帯電話・スマートフォンなどを操作しながら運転する「ながら運転」も、安全運転義務に反する明確な違反行為です。ハンズフリーの場合は違反に該当しませんが、通話により安全運転への集中力が低下するのは間違いありません(通話していない時に比べ、ハンズフリーの場合でもおよそ4倍の事故率)ので、運転中はできるだけ通話しないようにした方が良いでしょう。

●クラクションを安易に鳴らす(警音器使用制限違反)
クラクションは、見通しの悪い交差点を通過する際など、「安全を確保する目的」でのみ使用できます。
先行車が出遅れたり、速度差に苛ついて安易にクラクションを鳴らす人もいますが、警音器使用制限違反に該当します。
歩行者が安全確認を怠って、渡ってはいけない場所やタイミングで道路を横断した際などにクラクションを鳴らすのは、「安全を確保する目的」ですので、問題ないでしょう。

●路面電車の乗客を待たずに通過する(路面電車後方不停止違反)
路面電車の乗客の乗降・横断が終了するまでは、路面電車の後方で車を停止しておかなければなりません。
路面電車がない地域に住んでいる人は普段意識することがないので、咄嗟に違反してしまう可能性があります。路面電車がある場所に来た時は気をつけておきましょう。

●高速道路で追い越し車線を走行し続ける(法定通行帯外違反)
高速道路で追い越し車線を走行し続けるのは、違反行為になります。
追い越し車線は、先行車を追い越すために利用されるものであり、ずっと追い越し車線を走行してしまうと違反行為となりますので、追い越した後は左側の走行車線に戻りましょう。

●高速道路で50km/h未満で走行する(最低速度違反)
高速道路では50km/h未満で走行すると、最低速度違反となってしまいます。
ただし、渋滞や悪天候など、安全のために速度を出せないときは、最低速度を下回る速度で走ることも可能です。



車・乗員の状態に関する違反


●サンダル・ハイヒールなどで運転
裸足・サンダル・スリッパ・ハイヒール・厚底靴・下駄など、つま先や踵がない、あるいは特殊な形状のものでは、運転に差し支えるため、公安委員会遵守事項違反となります。
ブレーキを踏んだ際の制動距離が伸びてしまいますので、防げたはずの事故が防げなくなってしまうかもしれません。ハイヒールでも普通に運転できると思っていても、実験で危険性が立証されていますので、スニーカーなどに履き替えて運転しましょう。

●常時ハイビーム・常時ロービームで走行
歩行者・対向車がいる所でハイビームにしていると、相手の視界を妨げることになるので、道路交通法違反となります。
またそれとは逆に、歩行者や対向車がいないときにロービームのままで走行するのも道路交通法違反となりますので、人通り・交通の少ない道ではハイビームを活用しましょう。

●運転席・助手席にサンシェードを付けたまま走行
運転席あるいは助手席の窓にサンシェード・カーテンなどをしたまま走行すると、道路交通法違反となります。ドライバーの視界が悪くなり、安全運転を阻害してしまいます。
運転席・助手席の窓は、セキュリティステッカーなどの例外を除いて、基本的に何も取り付けない方が良いでしょう。(駐車中に熱対策としてサンシェードを取り付けている場合は、走行する前に外しましょう)

●雪道をノーマルタイヤで走行
雪道をノーマルタイヤで走行すると、道路交通法違反となります。
降雪時や路面凍結が予想される時は、「スタッドレスタイヤに履き替える」「タイヤチェーンを装着する」「そもそも車を運転しない」などで対応しましょう。
都道府県により細かい規定・罰則が異なりますが、降雪がほとんど観測されない沖縄のみ規定がありません。

●後部座席のシートベルト着用義務違反
高速道路では多くの人が後部座席でもシートベルトを着用しているかと思いますが、一般道においてはまだまだ認識が甘いようです。
平成20年の道路交通法改正から、後部座席のシートベルトの着用は一般道においても義務(やむを得ない事情がある場合は免除)になっています。一般道で違反した際は口頭注意のみで違反点や罰金はありませんが、後部座席でシートベルトを着用していなかった場合は着用時に比べて事故時の死亡率が約4倍に増加します。安全のために後部座席も着用しておくべきでしょう。

●運転席・助手席のヘッドレスト無し
ヘッドレストを外す人もいるそうですが、大変危険です。
ヘッドレストは交通事故の際に首の動きを最小限に留めるために存在しており、外した状態で交通事故にあえば首がおおきく前後に揺さぶられ、ムチ打ちになり、後遺症が残る可能性が増加してしまいます。



走行中以外の違反


●ドアをロックせずに車から離れる・窓を開けたまま車から離れる・エンジンをかけたまま車から離れる
車から離れる際に他人に車を奪われてしまう可能性がある状態にしてはいけないため、ドアをロックせずに車から離れたり、窓をあけたまま車から離れたり、エンジンをかけたまま車から離れた場合、道路交通法違反となります。車が盗まれて悪用される恐れがあるからです。
盗む人が悪いというのは当然ですが、車を所有・使用する人はそうならないよう注意しなくてはなりません。

●安全確認をせずドアを開ける
車を停車してから降車する際に、安全確認を怠ってドアを開け、交通の妨げや事故の危険を生み出すと道路交通法違反になります。
車を降りる際は特に後方に注意して安全を確信してからドアを開けましょう。

●高速道路上でガス欠
高速道路で車を停めることは非常に危険を伴いますので、故障・ガス欠は整備義務違反となります。
高速道路はエンジンをフル稼働させて長距離移動するうえ、ガソリンスタンドも一般道ほど短い間隔で設置されていません。そのため、高速道路に入る前には燃料を良く確認し、心許ない量であれば事前に給油しておきましょう。


廃車・事故車買取りのカーネクストについて

どんな車も0円以上で買取保証!

突発的に事故した車、動かない車もカーネクストでは全国対応で引取りに対応しています。
レッカー引取りも無料サービスで諸手続きに関しても全て無料です。追加費用は一切ありません。

廃車・買取のお役立ちコンテンツ

廃車の専門家による知恵袋、愛車を廃車にする場合に必要となってくる書類例とサンプルなど、
廃車に関するお役立ちコンテンツを提供しております。

はじめての方へ
廃車の流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

ご売却時の必要書類をチェック
廃車手続き

廃車手続きに関するポイントをご紹介!無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

廃車の疑問を解決!
みんなの知恵袋

自動車の廃車は頻繁にするものではありません。それが故に「廃車にするにはどうするのか良くわからない」など不安をお持ちの方も多いと思います。 カーネクストでは不安を少しでも解決できる様、良くある質問を知恵袋としてまとめました。日々更新されます。

廃車の疑問を解決!
よくあるご質問

全国のお客様より廃車手続きや引き取りや還付金に関するお問合せを多数いただきます。その中から、よくあるご質問としてまとめさせて頂きましたのでご覧ください。尚、カーネクストは年中無休365日体制でプロのコールセンタースタッフによる廃車サポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
査定バナー キャンペーンバナー 自動車税バナー お客様の声バナー

手続き状況確認

契約内容ご確認書に記載されている16桁のお問合せ番号をご入力下さい。

虫眼鏡

料金の事を知ろう

廃車の事を知ろうアイコン

スマートフォンサイト

スマートフォン、携帯電話でもご利用いただけます。

faxシートバナー 協力業者募集 STOP盗難・違法車輌 格安陸送

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。