カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト
  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/01

秋から冬は危険な季節!?

まだ昼間は暑いですが、少しずつ秋が近付いてきました。実は秋から冬にかけては交通事故が増加する傾向があることがわかっています。このコラムではその理由や対処法について説明します。

季節毎の交通事故の発生件数


警視庁が公開している統計データで、交通事故の発生件数・死亡者数を月別に見ると、発生件数・死亡者数共に、12月がピークで2月くらいには一旦減少し、また秋頃(9月)に増加が始まるということがわかっています。

12月が事故件数のピークになっていることについてですが、12月は1年の中で日照時間が一番短く、また天候(地域によりますが寒い所では積雪があります)や路面状況(気温が低いため路面凍結が増えます)も悪いことが要因として考えられ、その他にも年末年始にかけては帰省ラッシュや、クリスマス・正月などのイベントが詰まっていたり、「師走」と言われるほど色々な立場の人が忙しい時期で、交通量そのものも増加するため、必然的に事故件数が増えるということもあります。

その後は日照時間が長くなるにつれて事故件数が減少しますが、秋頃になると日照時間が短くなるため、また事故件数が増加してしまうという流れのようです。

このように、秋から交通事故が増加する傾向があるため、内閣府・警視庁などの組織によって毎年9月の下旬頃から末日まで、「秋の全国交通安全運動」が実施されています。

もう少しすると事故が増加していく秋になっていきますので、その原因と対処法について説明します。




夕暮れ時にご注意


時間帯によって、交通事故の危険性が異なることは言うまでもありませんが、どの時間帯が一番危険かご存知でしょうか。
恐らく運転免許証を取得された方は教習所で習っているかと思いますが、「真っ暗な夜間」ではなく「夕暮れ時」が最も危険(死亡事故のピーク時間帯)と言われおり、「魔の時間帯」と呼ばれることもあります。

なぜ「魔の時間帯」と呼ばれているかと言うと、多くの人が帰宅する時間帯であるため交通量も増えるということもありますが、それ以外にも薄暮時は視界が悪いにも関わらず、深夜などと違ってまだ多少の明るさが残っているため、ライトを付けないまま走行してしまう車が多いということが死亡事故を増加させる大きな要因になっていると考えられています。

季節により日没の時間が変化しますが、死亡事故件数のピーク時間帯も日没の時間と共に変化しているため、単純に帰宅する時間帯(こちらは一年を通してほぼ一定)と被っているからという理由だけではないという事がわかります。

また、夕暮れ時だけでなく、朝の薄暗い時間帯も同じ理由で事故が多くなっていますので、その時間帯も要注意です。


魔の時間帯はどうやって気をつけたらいい?


非常に危険な魔の時間帯ですが、どのように対策をすればいいのかというと、とにかく明かりを付けるのが最も効果的です。

まず自動車のドライバーについては、まだ明るいうちから早めにヘッドライトを付けることです。
「ヘッドライトを付けなくても十分見える」と思っていても、薄暮時は明るさの急激な変化に目がまだ慣れていないため、自分で考えているよりもちゃんと見えていないのです。そのため、ドライバーは早めにヘッドライトをつけて視界を確保しておく必要があります。

また、ヘッドライトには自分の視界の確保以外にも、「他者に自分の存在を知らせる」という重要な役割があります。
交通事故というのは、単独事故以外は複数の人が関わっており、誰かひとりの不注意でも引き起こされてしまうため、自分だけが気を付けていれば避けられるものではありません。
ヘッドライトをつける事によって、いち早くクルマの存在を把握できるようになるため、お互いに注意し合えるようになります。

バイクや自転車に乗っている人も、自動車と同じく前照灯を早めにつけると良いでしょう。
自転車の無灯火は薄暮時だけでなく夜間ですらチラホラと見られるように思いますが、自分も周囲の人も非常に危険ですので絶対につけましょう。

歩行者についてはライトを日頃から持ち歩いている人はあまり多くないと思いますが、小さくともLEDライトを身につけるのは非常に効果的です。
それ以外にも、反射素材が使われた製品を身につけるのも良いでしょう。
(ただし反射素材はその名の通り何らかの光源があってこそ効果が得られるものですので、自ら発光するLEDライトの方が望ましいでしょう)



廃車・事故車買取りのカーネクストについて

どんな車も0円以上で買取保証!

突発的に事故した車、動かない車もカーネクストでは全国対応で引取りに対応しています。
レッカー引取りも無料サービスで諸手続きに関しても全て無料です。追加費用は一切ありません。

廃車・買取のお役立ちコンテンツ

廃車の専門家による知恵袋、愛車を廃車にする場合に必要となってくる書類例とサンプルなど、
廃車に関するお役立ちコンテンツを提供しております。

はじめての方へ
廃車の流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

ご売却時の必要書類をチェック
廃車手続き

廃車手続きに関するポイントをご紹介!無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

廃車の疑問を解決!
みんなの知恵袋

自動車の廃車は頻繁にするものではありません。それが故に「廃車にするにはどうするのか良くわからない」など不安をお持ちの方も多いと思います。 カーネクストでは不安を少しでも解決できる様、良くある質問を知恵袋としてまとめました。日々更新されます。

廃車の疑問を解決!
よくあるご質問

全国のお客様より廃車手続きや引き取りや還付金に関するお問合せを多数いただきます。その中から、よくあるご質問としてまとめさせて頂きましたのでご覧ください。尚、カーネクストは年中無休365日体制でプロのコールセンタースタッフによる廃車サポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え
査定バナー キャンペーンバナー 自動車税バナー お客様の声バナー

手続き状況確認

契約内容ご確認書に記載されている16桁のお問合せ番号をご入力下さい。

虫眼鏡

料金の事を知ろう

廃車の事を知ろうアイコン

スマートフォンサイト

スマートフォン、携帯電話でもご利用いただけます。

faxシートバナー 協力業者募集 STOP盗難・違法車輌 格安陸送

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。