カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト

ページコード: 814800

  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

廃車買取ならカーネクスト ホームカーネクストのコラム > 世界の車検事情 -アメリカには車検がない!?-

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/17

世界の車検事情 -アメリカには車検がない!?-

今回は車検についてお話したいと思います。

今回は車検についてお話したいと思います。



車検とは?


まず車検について説明致します。
車検の正式名称は「自動車検査登録制度」といい、様々な検査をして保安基準に適合しているかを確認すると同時に、自動車の所有権を公証するために登録する制度のことです。
一般的に、新車購入時は3年目に車検を受けることになりますが、それ以降は2年毎に受けなければなりません。貨物用であったり、レンタカー等であれば車検の期間は短くなります。
日本では、1930年、商用車であるタクシーやバスの安全性の確保のため車検制度が始まりました。その後、一般市民にも普及するようになり1951年に義務化されました。その当時は軽自動車には車検制度はありませんでしたが、1973年に義務化されています。
このように車検制度は安全性を確保し、事故を減らす目的で始まったのです。



海外での車検事情


日本では年間2500万台の車が車検を受けていますが、海外ではまだまだ車検自体がない国も数多く存在しています。ただ、先進国ではほとんど導入されており、それぞれの国にあった車検の方法で点検されています。

そんな中、先進国のアメリカでは国として車検制度はありません。アメリカでは車検がないと聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、半分正解で半分ウソです。
最初に述べたように、アメリカでは国による車検制度はありません。しかし、州ごとに制度が決まっており、中には非常に細かく制限がある州もあります。ブレーキパッドや、エンジン、足回りの点検を義務化している州もあれば、年に一回排気ガスの検査を通すだけのところもあります。
他にも、スイス、中国、カナダなどの国も車検制度はありません。また、購入後、10年間車検制度がない国も存在しているみたいです。

車検にかかる費用はどうなっているのでしょうか?日本では1回の車検で10万円とか普通だと思います。これほどの額になる理由は大部分が税金であることです。重量税と自賠責保険が含まれているため、これだけで6万円くらい(普通車、減税なしの場合)かかってきます。一方、アメリカのとある州の場合、毎年の点検費用で2400円くらいであったり、フランスでも7000円くらいとなっており、日本の車検費用が非常に高額な事がわかります。
理由として、車検と整備の順番の違いが大きな要因となっております。日本では、車検に出すと、整備をして修理すべきところを修理した後、車検に通します。フランスの場合、車検に出してから、不具合のある部分のみ修理するといった方式をとっていますので、何も不具合がない場合負担なく車検を通すことができます。自動車の技術の進歩によってより壊れにくくなっているので日本の車検制度も見なおす必要があるのではないでしょうか。



まとめ


安全を確保するため、車検制度は世界中で導入が進んでいます。タイトルであるアメリカでは国としては車検制度はありませんが、州ごとに車検と同じような制度があるということです。
それぞれの国ごとに制度は違うものの、乗る人の安全を確保するためには必要かつ適切な制度となっているのでしょう。




10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須メーカー
必須車種名
任意走行距離

お客様について

必須お名前
必須電話番号
任意都道府県
GO!

廃車・事故車買取りのカーネクストについて

どんな車も0円以上で買取保証!

突発的に事故した車、動かない車もカーネクストでは全国対応で引取りに対応しています。
レッカー引取りも無料サービスで諸手続きに関しても全て無料です。追加費用は一切ありません。

廃車・買取のお役立ちコンテンツ

廃車の専門家による知恵袋、愛車を廃車にする場合に必要となってくる書類例とサンプルなど、
廃車に関するお役立ちコンテンツを提供しております。

はじめての方へ
廃車の流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

ご売却時の必要書類をチェック
廃車手続き

廃車手続きに関するポイントをご紹介!無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

廃車の疑問を解決!
みんなの知恵袋

自動車の廃車は頻繁にするものではありません。それが故に「廃車にするにはどうするのか良くわからない」など不安をお持ちの方も多いと思います。 カーネクストでは不安を少しでも解決できる様、良くある質問を知恵袋としてまとめました。日々更新されます。

廃車の疑問を解決!
よくあるご質問

全国のお客様より廃車手続きや引き取りや還付金に関するお問合せを多数いただきます。その中から、よくあるご質問としてまとめさせて頂きましたのでご覧ください。尚、カーネクストは年中無休365日体制でプロのコールセンタースタッフによる廃車サポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 矢印
  • 成約後、お引取

  • 矢印
  • 必要書類の記入

  • 矢印
  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。