カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト

ページコード: 814800

  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

廃車買取ならカーネクスト ホームカーネクストのコラム > クーペ(4ドア)とセダンの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/07/21

クーペ(4ドア)とセダンの違い

クーペといえば2ドアもしくは3ドアと相場が決まっていましたが、最近は4ドアや5ドアなのにクーペであるという車種が増えてきました。従来からあるセダンと一体何が違うのでしょう。

自動車には、クーペと呼ばれるジャンルが存在します。かつて、クーペといえば、2ドアもしくは3ドアと相場が決まっていました。たとえば、2ドアクーペでは日産のシルビアやホンダのプレリュード、3ドアクーペでは日産の180SXやCR-Xなどが人気を博しました。現在でも、2ドアや3ドアのクーペは、日本のみならず世界中で販売されています。また、2ドアや3ドアのクーペは、ボディを横から見た際に、ボンネット・キャビン・トランクがオーソドックスな凸型をしているノッチバッククーペと、キャビン後部からトランクへのラインやリアウィンドーに大きめの傾斜角度をつけたファストバッククーペなど、いくつかの種類が存在します。一方、最近では4ドアや5ドアなのにクーペを名乗る車種がいくつも登場しています。これらは、従来からあるセダンとどういった違いがあるのでしょうか。


クーペはもともとスペシャリティーカー


4ドアクーペとセダンの違いを語る前に、そもそもクーペとは何かを考察してみたいと思います。自動車という乗り物は、実用性という点を重視するのであれば、ドアの枚数は多いほうが明らかに便利です。たとえば、運転席と助手席、そして後部座席の左右にそれぞれ1枚ずつ、合計4枚のドアがある4ドアセダンは、乗員の乗り降りのしやすさという点では非常に優れています。また乗降用の4枚のドアに加え、キャビン後部の荷物積載スペースへのアクセスが可能な、リアゲートを設けた5ドア車ハッチバック車もとても便利です。しかし自動車は、実用本位の価値観ばかりではなく、車体のデザイン性や車内空間の演出を含めた非日常性なども、重要な価値観となります。たとえば、2ドアクーペは、乗車定員が4~5人となっていても、乗降ドアは2枚しかなく、後部座席への乗り降りの際には、助手席のシートを前方に大きくスライドさせ、さらに背もたれを前に倒すといった面倒な操作が必要です。しかも、後部座席が異様に狭いクーペもたくさんあります。反面、クーペで最も重視されてきたのが、スペシャリティーな演出です。別の言い方をすれば、クーペは、カップルが2人で過ごす特別な空間であり、スマートにドライブデートができ、カッコいい自動車と認識されてきたジャンルといえます。


実用性とスペシャリティー性を融合


4ドアクーペは、2ドアや3ドアのクーペが元来備えていたスペシャリティー性を重視しつつ、4ドアならではの乗降性のよさという実用性をも兼ね備えた車種であるといえます。そのためには、従来からのクーペを彷彿とさせる流麗なデザインが必須です。そして、4ドア化したとはいえ、車内空間のスペシャリティー性も確保することが重要です。これらの要素を高度に備えたものが、4ドアクーペということになります。4ドアクーペの具体例としては、BMW6シリーズのグランクーペやアウディA7、メルセデスベンツCLSやマツダRX-8などが該当します。一方、従来からのセダンとの違いについては、自動車業界としての明確な基準が存在するわけではありません。そのため、メーカーがクーペを意識して設計開発し、4ドアクーペと名乗っていれば、それはクーペですし、BMWのGT(グランツーリスモ)のようにクロスオーバーとして開発していれば、それはクロスオーバーですし、セダンと名乗っていれば、それは文字通りセダンになるという、非常にカテゴライズしにくい世の中になってきました。言い換えれば、従来の枠にとらわれない価値観や、まったく新しい設計思想に基づく車種が増えてきたことの証と言えるでしょう。




10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須メーカー
必須車種名
任意走行距離

お客様について

必須お名前
必須電話番号
任意都道府県
GO!

廃車・事故車買取りのカーネクストについて

どんな車も0円以上で買取保証!

突発的に事故した車、動かない車もカーネクストでは全国対応で引取りに対応しています。
レッカー引取りも無料サービスで諸手続きに関しても全て無料です。追加費用は一切ありません。

廃車・買取のお役立ちコンテンツ

廃車の専門家による知恵袋、愛車を廃車にする場合に必要となってくる書類例とサンプルなど、
廃車に関するお役立ちコンテンツを提供しております。

はじめての方へ
廃車の流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

ご売却時の必要書類をチェック
廃車手続き

廃車手続きに関するポイントをご紹介!無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

廃車の疑問を解決!
みんなの知恵袋

自動車の廃車は頻繁にするものではありません。それが故に「廃車にするにはどうするのか良くわからない」など不安をお持ちの方も多いと思います。 カーネクストでは不安を少しでも解決できる様、良くある質問を知恵袋としてまとめました。日々更新されます。

廃車の疑問を解決!
よくあるご質問

全国のお客様より廃車手続きや引き取りや還付金に関するお問合せを多数いただきます。その中から、よくあるご質問としてまとめさせて頂きましたのでご覧ください。尚、カーネクストは年中無休365日体制でプロのコールセンタースタッフによる廃車サポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 矢印
  • 成約後、お引取

  • 矢印
  • 必要書類の記入

  • 矢印
  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。