自動車リサイクル券|廃車買取カーネクスト

トヨタ車強化買取中

ハイエース アルファード ハリアー プリウス エスティマ高価買取!!

日本全国対応 営業時間8:00~22:00 0120-997-835 通話無料

今すぐ電話で無料査定

自動車リサイクル券とは

自動車リサイクル券とは、購入した自動車のリサイクル料金を新車購入時に預託したことを証明する書面で、車のディーラー(または新車販売店)が発行します。自動車リサイクル券は、A券からD券で構成されていて、A券が預託証明書、B券が使用済自動車引取証明書、C券が資金管理料金受領証、D券は料金通知書兼発行者控で、D券は車のディーラーまたは販売店が車購入時にリサイクル料金を預託を受け取った控えとなります。A券及びB券は、中古車として車検時及び使用済自動車引き渡し時に必要な書類になりますので大切に保管するようにしましょう。

自動車リサイクル券はいくら?

自動車リサイクル法によって定められた自動車リサイクル料金は、自動車の製造メーカーが車一台ごとに設定しています。自動車リサイクル料金はいくらなのか確認する方法や、リサイクル料金の内訳についてこちらでご紹介します。

リサイクル料金はいくらなのか確認するには

自動車のリサイクル券が手元にないためリサイクル料金をすでに預託しているのか覚えていない、自動車のリサイクル料金がいくらだったのかわからないという方に、リサイクル料金の預託金額について調べる方法をご紹介します。自動車のリサイクル料金の預託状況は、公益財団法人自動車リサイクル促進センターが運営する自動車リサイクルシステムというサイトで確認することが出来ます。

  • リサイクル料金確認手順
  • ①自動車リサイクルシステムのサイト(https://www.jarc.or.jp/)にアクセス
  • 【あなたの車のリサイクル料金は?】のリンクから【リサイクル料金検索】をクリック。
  • 普通自動車(登録自動車)または軽自動車にチェックを入れ、車検証記載の車台番号とナンバープレートの登録番号入力。
  • ④リサイクル料金の預託状況の左横のチェックボックスにチェック後、検索ボタンをクリック。
  • ⑤リサイクル料金がすでに預託されている場合は、次ページで【預託済み】と表示されます。
  • ⑥リサイクル料金がいくらなのかについては、預託状況確認ページの右下に表示される【料金表示】をクリックで確認

リサイクル料金の内訳

シュレッダーダスト料金、エアバッグ類料金、フロン類料金、情報管理料金

この金額の合計がリサイクル料金預託金額

シュレッダーダスト料金は、車の解体工程における破砕工程までを終えて残ったゴミ(シュレッダーダスト)の廃棄処分にかかる費用のことです。次項のエアバッグ類料金は、エアバッグが装備されている車のみに発生する料金で、エアバッグを安全に廃棄するために特殊工程が必要となるためかかる費用の所有者が負担する金額になります。次項のフロン類料金は、エアコンガスの処理にかかる費用になっており、フロン類回収業者により再利用を行う時の適正な処理に必要な料金となっています。また、新車購入時にリサイクル料金を支払う場合はA券に記載されている預託金額合計の他に、C券に記載されている資金管理料金290円も合わせて支払います。資金管理料金とは、新車購入時に預託する時に支払う料金のことで、資金管理法人に新車購入時に預託したリサイクル料金が、その車が廃車解体されるまでの管理費用となります。もしも新車購入時にリサイクル料金を支払っていない場合は、A券に記載されている預託金額合計の他に、引取業者に使用済自動車を引き渡す際に引取時預託管理料金410円を合わせて支払います。

A券⁼預託証明書、B券⁼使用済自動車引取証明書、C券⁼資金管理料金受領証、D券⁼料金通知書兼発行者控

車売却の際にリサイクル料は返金される?

車を売却する場合、新車購入時に支払ったリサイクル料金は返金されるのでしょうか。リサイクル料金は資金管理法人に購入時に預託しますが、車を売ったからと言って資金管理法人からリサイクル料金の返金があるわけではありません。ただし車の最終所有者にリサイクル料金の支払いの義務が発生するため、中古車として車を売却する場合、次の所有者は元の所有者へリサイクル料金を支払うことになります。ただし、新車購入時に支払う資金管理料金の290円の支払いは不要です。

廃車として売却する場合

車を廃車することになり、廃車業者へ車を引き渡す場合は自動車のリサイクル料金が手元に戻ることはありません。これは廃車時にかかるリサイクル料金は、車の最終所有者に支払いの義務があるためです。廃車業者は、車の適正なリサイクル処理をするために預託されているリサイクル料金が必要となるため、所有者がリサイクル料金を支払っていない場合は、廃車業者へ支払いが必要となります。

リサイクル料金は何に使われるの?

車の購入時に所有者が支払うリサイクル料金は、何に使われているかご存知でしょうか。車が廃車される時、車の廃車解体の工程において適正な処理を行うには複雑な工程や、高度な技術が使用されています。そのリサイクル処理には高額な費用がかかるため、廃棄物を排出する所有者にも負担の義務があるのです。社会問題となった車の不法廃棄処理は、廃車から出るシュレッダーダストや、エアバッグ類・フロン類などの処理に高額な費用がかかることが要因でした。このように違法に廃棄や処理方法を怠り投棄する廃車業者が増えたことから、2005年1月にリサイクル法が制定され、適正な処理を行うことが出来る引取業者は都道府県知事または保健所の認可を受けている業者のみと決められたのです。また、自動車の所有者がリサイクル料金を負担することで、認可を受けた廃車業者が適正な処理を行うことが出来るようになりました。車の所有者は廃棄物の排出者としての責任を持ち、適切な処理がされるようにリサイクル料金を支払うことで、地球環境へも配慮ができる、これがリサイクル料金の仕組みなのです。

リサイクル券を紛失した際の対処法

自動車の廃車解体を依頼する時に、廃車業者が解体に必要なリサイクル料金の預託がされているかの確認のため、車のリサイクル券を求めることがあります。この時にリサイクル券が見つからず、紛失している場合、紛失している状態でも自動車の廃車は出来るのでしょうか。また、リサイクル券の再発行は可能なのでしょうか、こちらでご紹介します。

リサイクル券を紛失していても廃車は出来る?

リサイクル券というのは、リサイクル料金を車購入時に資金管理法人へ預託したことの証明書になります。もちろんリサイクル券があれば、すぐにリサイクル料金が預託されていることの確認が出来るため、廃車業者にとっても時短になりますし、廃車依頼をスムーズに行うことが可能です。ただし、リサイクル券は車購入時の所有者が持っていることが多いため、中古車で購入された車や知人譲渡を受けた車の場合、前所有者が持ったままになっていて紛失していることも少なくありません。このように紛失してしまって、手元にリサイクル券がない状態であっても廃車業者はリサイクル料金が預託されているかどうかを確認することが出来るため、リサイクル券自体は紛失されていても問題なく廃車解体を行うことは可能なのです。リサイクル料金の預託状況は、前述した自動車リサイクルシステムというサイトから確認をすることが出来ます。

リサイクル券の再発行は可能?

リサイクル券を紛失してしまったが、今後車を売却する時のためにもリサイクル状況をすぐわかるようにしておきたいという所有者の方もいらっしゃるでしょう。その場合、リサイクル券を再発行してもらうことは可能なのでしょうか。実は、リサイクル券自体の再発行は原則できません。ですが、自動車リサイクルシステムのサイトから、【自動車リサイクル料金の預託状況】を調べて、プリントアウトした紙をリサイクル券の代わりとして使用することが可能です。自動車リサイクル料金の預託状況の紙面には、リサイクル料金の預託済の金額内容や、該当車両のリサイクル券番号など廃車解体業者が自動車をリサイクルした時に登録に必要な情報がすべて記載されています。中古車購入時にリサイクル券ではなく【自動車リサイクル料金の預託状況】という紙面を渡された場合は、こちらがリサイクル券の代わりになるため、車検証と一緒に保管するようにしましょう。

リサイクル料金未納の場合

リサイクル料金は、2005年に制定されたリサイクル法の施行以降は原則として新車購入時に購入者が支払っています。また、2005年より以前に新車登録されていた車でも、2008年1月31日までは継続検査時にリサイクル料金を預託する制度があり、預託が可能となっていました。ただし2005年から2008年の間に継続検査を通さずに保管されていた2005年以前に新車購入された車や、継続検査時に預託をしなかった自動車の場合や、新車購入後に自動車にエアバッグ類やエアコン類を設定した車はリサイクル料金が未預託であったり、一部未預託の状態である可能性があります。このようにリサイクル料金が未預託の場合、廃車を行うことは可能なのでしょうか。

リサイクル料金は必ず支払いが必要!!

リサイクル料金は、車の所有者が購入から廃車までの間に支払いが必要な料金です。もしも廃車までに支払いがされていなかった場合は、廃車業者(都道府県知事の認可を受けて廃車を引取出来る引取業者)へ直接支払う必要があります。リサイクル料金は、一般的な軽自動車なら5,000円~10,000円程度、普通乗用車は7,000円から18,000円程度となっています。リサイクル預託状況は前以て自動車リサイクルシステムのサイト内で一般ユーザーからも確認が可能です。廃車の引取りを依頼する前に確認をしておくことをおすすめします。

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

youtubeで動画公開中!

廃車買取相場

  • レクサス

  • アルファロメオ

  • フィアット

  • シトロエン

月割りで返金! 買取金額とは別に廃車をすると還付金が受け取れます 今すぐ無料査定!

PAGE TOP