廃車は持ち込むのがいい?無料で引き取りに来てくれる業者を紹介

廃車のコラム

初めて廃車をする際、どのように手続きをすればいいのか迷うところです。

廃車の手続きと業者への持ち込みはどちらが先になるか、永久抹消するか一時抹消登録するかというように廃車の手続き種類によって異なります。

また、持ち込み先についても中古車買取店など、いくつか種類があるのでそれぞれの特色についてご説明しましょう。

カーネクストでは無料でレッカー車での引き取りを行なっています。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

廃車の手続きと持ちこみ、どちらが先か?

shutterstock_281961725

これまで乗っていた車を廃車する場合、先に廃車手続きをすべきなのか業者へ車を持ち込むべきなのか迷ってはいませんか。そこで、どちらの手続きを先にしなければならないのか、まずは廃車の手続きの種類について知っておきましょう。

廃車手続きの種類

廃車手続きとは、運輸支局に対しておこなっている自動車登録を抹消する手続きのことで、実は二種類の手続方法があります。永久抹消登録と一時抹消登録という二つに分かれています。
廃車というと車の解体作業を連想しがちですが、手続き上は抹消登録がメインです。それぞれの手続きは必要となる書類や手続き方法が異なります。

・永久抹消登録
永久抹消登録とは、災害などで車が消失してしまった場合や事故で大破した車、水没してしまった車など乗用が難しい車を対象に、事前に解体しておいてから自動車登録を抹消する方法をさします。

永久抹消登録手続きに必要な書類

車の所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
代理人への委任状(所有者本人がおこなわない場合は本人の実印の押印が必要)
所有者本人の実印
ナンバープレート(前方、後方の2枚)
自動車検査証(車検証)
永久抹消登録申請書
解体業者からもらう「解体報告記録がなされた日」が記載されたメモと「移動報告番号」が記載されたリサイクル券
手数料納付書

自動車税・自動車取得税申告書

となっています。手数料納付書や永久抹消登録申請書は運輸支局に、税関連申告書は運輸支局内の税事務所におかれているので、手続き当日に記載します。

永久登録抹消をおこなう際は、あらかじめ車両が解体されていなければならないので廃車の手続きより先に業者へ持ち込まなければなりません。

・一時抹消登録
一時抹消登録とは、使用できる車両があるにもかかわらず長期的に使用しない場合や私道にて使う場合などに登録を一時的に抹消する手続きです。

一時抹消登録手続きに必要な書類

車の所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
代理人への委任状(所有者本人がおこなわない場合は本人の実印の押印が必要)
所有者本人の実印
ナンバープレート(前方、後方の2枚)
自動車検査証(車検証)
一時抹消登録申請書
手数料納付書
自動車税・自動車取得税申告書

となっています。永久抹消登録と同様、手数料納付書や永久抹消登録申請書は運輸支局に、税関連申告書は運輸支局内の税事務所におかれているので、手続き当日に記載します。

一部抹消登録の場合、車は現存している状態で手続きをおこなうため、運輸支局への手続きを先におこない車両を実際に処分する際に解体業者などへ持ち込みます。

持ち込み場所の種類

永久抹消登録の場合、車を解体するために解体業者へ頼むのが一般的です。車を解体するには解体業者としての認可を受けている必要があります。
持ち込む場所には大きく分けて中古車買取店、自動車販売店ディーラー、スクラップ工場に分かれます。それぞれについて詳しくみていきましょう。

・中古車買取店

中古車買取店では、基本的にはその実店舗で中古販売できる車両を買取対象としていますが、廃車対象の買取も行っており解体業者へ引き渡されます。その際、解体業者への中間マージンが発生するので解体にあたっての査定額が低くなってしまいがちです。

・自動車販売店ディーラー

現在乗っている車体を処分してあらたに新車を購入する場合、その新車を販売している自動車販売店やディーラーに頼んで廃車手続きをおこなってもらうことができます。ただし、自動車販売店やディーラーから中古車買取業者、もしくは解体業者へ引き渡されるためここでも中間マージンが発生します。さらに、自動車販売店やディーラーは車を売るのが仕事であって買取は専門外のことから店舗によっては買取を拒否するところもあるので事前に確認しておきましょう。

・スクラップ工場

スクラップ工場では、持ち込まれた車両を解体し鉄くずとして処理します。その際、買取価格は鉄の重さを基準にするため、数万円程度、多くて3万円程度が相場となっています。また、車両解体費用も掛かってくるので、持ち込んだ場合の利益はとても少なくなります。

スクラップ工場と買取業者、どちらに持ち込めばいいか

shutterstock_278264657

それでは車両を解体する場合、スクラップ工場と買取業者のどちらに持ち込めばいいのでしょうか、車両移動の手間やかかる費用、返ってくるお金についても知っておきましょう。

・スクラップ工場へ持ち込む場合
スクラップ工場へ車両を持ち込む場合、自分で直接スクラップ工場を探して持ち込まなければなりません。自分が住んでいるところの近くにスクラップ工場がない場合は、インターネットで検索してみると簡単に情報が見つかるので調べてみましょう。

前述の通りスクラップ工場では、車を解体して鉄くずとして取り扱います。買取の際は車両からとれる鉄の重さを量り、鉄としてのお金を支払ってもらえます。自分でスクラップ工場へ持ち込む場合は廃車手続きも基本的には自分でおこなうため手間がかかってしまいますが、鉄くずとして意外に高額買取してもらえる可能性があります。

・買取業者へ持ち込む場合
中古買取業者や廃車専門の買取業者へ持ち込む場合、中古車として販売可能であれば買取額が支払われますし、中古車としての販売が難しい場合は解体したうえでパーツを販売して利益を得る業者もあります。

その際、評価額は低くなる可能性がありますが、買取業者では廃車手続きを代行してくれるところが多いため、平日忙しくて自分では手続きをしにくい方や煩雑な手続きが苦手な方は買取業者に持ち込んだ方がいいでしょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

わざわざ持込をしなくても無料で取りに来てくれる

スクラップ工場へ解体を依頼する場合は自分で工場へ持ち込まなければなりませんが、買取業者へ依頼する場合は持ち込まなくても取りに来てくれる業者もあります。

自走できる車両であれば自分で持ち込むのもできますが、自走できないほど傷んでいる場合はレッカー移動をしてもらえるようお願いしなければなりません。その場合は、廃車買取をおこなっている業者に頼むのがおすすめです。

業者によってはカーネクストのように無料で取りに来てくれるところもありますし、平日に限らず土日祝日に引取り対応をしてくれるところもあります。仕事などで忙しい人であれば、取りに来てくれるところに依頼すると持ち込みや手続きの手間が省けるので、ぜひ依頼してみましょう。

まとめ

廃車の手続きには永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があります。永久抹消登録とはあらかじめ車体を解体してから登録を抹消する手続きのため二度と車を使用できなくなります。

永久抹消登録の際は解体をおこないますが、持ち込み先としては、中古車買取業者や自動車販売店ディーラー、スクラップ工場があります。

スクラップ工場へは自分で持ち込まなければならず手続きも自分で行わなければなりませんが、買取業者の場合は、業者によっては無料で引き取りに来てくれるところや手続きを代行してくれるところもあります。

手間を省きたいなら買取業者のカーネクストに一任してしまうと簡単に廃車手続きをすすめることができるでしょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。