車をスクラップにするのに必要な費用はどれ位?意外と知らない解体事情

はじめての方へ

車を廃車にする場合、まず初めに車のスクラップを行う必要があります。

車をスクラップにする機会など、一般の方にはほぼ無い事ですので、その費用などについても謎の多い部分でしょう。

しかし、分からないままにしていては、車の解体の申し込みを行う事は怖くて出来ないでしょうから、ここではスクラップに必要な費用についてご紹介いたします。

スクラップの費用について

費用の計算

それでは早速、車のスクラップに必要な費用についてご紹介いたします。

が、費用といってもスクラップ自体の費用以外にも発生する可能性がございますので、そちらも合わせてご紹介していきましょう。

解体(スクラップ)費用

まずは、スクラップ自体の費用について見ていきましょう。

スクラップにかかる費用は、平均1.5万円ほどの費用となります。

この費用は、多くの場合は解体手数料として解体業者から請求される費用で、支払いが完了して初めて車のスクラップが開始される事になります。

稀に先に契約書へ署名を行い、支払いとスクラップ作業を並行して行う業者も存在しています。

その他、運送費用など

スクラップ作業に関連する費用としては、車の運搬費用や事務手数料なども発生する可能性があります。

車の運搬費用については、自走可能な車であり自分で運転して解体業者まで持ち込む場合は無料ですが、不動車でレッカー車の手配が必要な場合は、平均で2万円の運搬費用が必要になります。

加えて、解体業者によっては、別途事務手数料として3,000円が必要になるケースがあります。

 

解体業者で車をスクラップにすると、その車が解体されたことを証明する為の「移動報告番号」と「解体報告記録日」の2つを取得する事が出来ますので、その手続き代金として請求されるケースが考えられます。

「移動報告番号」と「解体報告記録日」は専用の用紙はなく、メモ書きなどの簡易的なものの場合もあります。

この「移動報告番号」と「解体報告記録日」は、解体後に、陸運局で永久抹消登録を行う際に必要になりますので、必ず無くさないように保管しましょう。

スクラップにかかる必要
  • 解体手数料:平均1.5万円
  • 車の輸送費:平均2万円(自走できる場合は不要)
  • 事務手数料:平均3,000円(請求されない場合もあり)

 

スクラップの注意点

一覧

上記が車のスクラップに必要な費用の概要となりますが、上記の内容には2点ほど注意点がございます。

これを把握されていないと、一気に混乱してしまう可能性がありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

実は費用の平均は参考にならない

まず、一つ目の注意点は、実は上記で紹介しているスクラップの費用の平均値は、ほとんど参考にならないのです。

記載しておいて参考にならないなんて意味が分からないと感じられるでしょうが、この費用はあくまでも平均値の金額なので、実際の費用と大きく乖離(かいり)する可能性があるのです。

というのも、このスクラップの費用は業者の裁量による設定ですので、業者間でかなりの差額が生じているのです。

実際に、スクラップを0円で請け負うような業者がいる一方で、2万円の解体手数料が必要になる事もあるので、どの業者に依頼されるかで全く異なる金額になるのです。

そもそも解体できない場合も

2つ目の注意点は、そもそもスクラップの依頼ができないケースがある事を知っておく必要があります。

これは、昔であれば個人依頼の解体でもどんどんスクラップにしていたのですが、最近の傾向では個人依頼の解体は断り、企業からの解体しか請け負わないという解体業者が増えているのです。

もちろん、今でも個人依頼歓迎の業者は存在していますが、昔に比べるとやはり減少傾向にあるのです。

なので、お住いのエリアの近隣に個人OKの解体業者がいなければ、そもそもスクラップにできないという問題に直面するのです。

 

スクラップする場合は廃車買取が吉

ここまでスクラップの費用や注意点についてご紹介してきましたが、ここからは少し毛色の異なる話をしようと思います。

その内容は、今までご説明してきた内容を根本からひっくり返してしまうような、台無しな話でございます。

それは、廃車買取に出すという方法です。

解体・スクラップの費用は無料

ここまで散々スクラップの費用についてご紹介しましたが、これを廃車買取の業者に依頼されるとこれらの費用が全て無料になるのです。

もちろん、廃車買取の業者も様々な会社が存在していますので、全ての廃車買取で無料とは断言できません。

ただ、少なくとも弊社カーネクストに関しては、これらの費用は全て無料で行う事が出来るのです。

もちろん車が不動車であった場合のレッカー費用や、事務手数料に関しても完全無料となっていますので、車のスクラップの費用に関してはそもそも悩まれる必要はなかったのです。

手続きの代行ができる

前述でも少し触れましたが、車をスクラップにした後は、陸運局にて法的手続きである永久抹消登録という手続きが必要になります。

この手続きを行うのは、平日の夕方までに陸運局へ足を運んで書類の手続きを1時間ほど行うという手間が必要になります。

しかし、この陸運局での廃車申請手続きに関しても、弊社カーネクストへの廃車買取のご依頼であれば無料で手続き代行が可能となるのです。

つまり、申し込み後にご自宅まで車の引き取りに向かった後は、放置していただくだけで車のスクラップから廃車手続きまで完了するのです。

買取で逆にお金がもらえる

さらに、弊社カーネクストは廃車の買取業者ですので、費用が掛からないどころか廃車予定の車の買取が可能なのです。

つまり、もともと出費(マイナス)で考えていたものが、収入(プラス)に変換する事が可能になりますので、コスパ的にもメリットを受けられるサービスとなっています。

・廃車を買い取れる理由
廃車寸前の車といっても、その車には貴重な鉄資源が豊富に使われています。弊社カーネクストでは、車としての価値ではなくそういった鉄資源としての価値に値段をつける事が出来、リサイクルにより換金できる販路を持っている為、買取を実現する事が出来ています。

 

まとめ

以上のことから、自分で廃車手続きを行うとなると、車のスクラップの際に数万円ほどの費用が発生することがあります。

また、その後は自分の足で陸運局まで永久抹消登録という廃車申請の手続きを行う必要が出てきます。

しかし、初めから廃車買取業者に車のスクラップから依頼されることで、解体や車の運搬にかかる費用は0円になり、更には陸運局での手続き代行廃車の買取も可能と一石三鳥ものメリットを受ける事が可能となっています。

中古車としての可能性

なお、弊社カーネクストでは中古車としての再販ルートも所持していますので、廃車として買取依頼をしていただいた車でも、メンテナンス次第で中古車として需要があると判断した場合は、スクラップをせずに中古車として再販を行います。

もちろん、中古車として再販される場合も、しっかりと名義変更を行いますので、その点はご安心ください。

さらに、廃車買取よりも中古車買取としての査定の方が、当然買取金額も高くなりますので、ご自身の車の査定額が気になる方は一度査定申込フォームをご利用ください。

>>無料査定申込フォーム