廃車手続きの基礎

廃車とはどういう状態のこと?選べる3つの処分方法

廃車とはどういった状態をさすのか、正確に理解している人は意外と少ないようです。車を捨てれば廃車、故障したら廃車、と何となく思っている方へ、ここでは廃車とはどのような状態をさすのか解説します。
廃車手続きの基礎

軽自動車の廃車手続きを徹底解説!軽自動車の廃車費用はいくら?

「車を買い替える」「転勤や引っ越しで車が不要になった」など、車の廃車を検討することは、車の持ち主であれば経験することでしょう。しかし、軽自動車と普通自動車では、廃車するのに必要な費用や手続きの方法が異なっていることをご存知でしょうか。 軽自動車の廃車方法には、一時的に公道を走れないようにする「一時使用中止(普通自動車における一時抹消登録)」と、車をスクラップにして二度と公道を走れないようにする「解体返納(普通自動車における永久抹消登録)」の2つがあります。 今回は、軽自動車の永久抹消登録について、費用や手続きに必要な書類、手続きの方法などについてご紹介します。初めて軽自動車を廃車しようと考えている方は必見です。軽自動車の廃車買い取りについてもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
廃車手続きの基礎

自分で車の廃車は出来る?廃車に必要な費用や手続きはどうするの?

自分で廃車する時の方法や廃車手続きにかかる費用について解説します。廃車には車の登録を一時中止する方法と解体して廃車する方法があります。自分で廃車すると費用面等でお得になるのでしょうか。廃車を自分でしてみようと考えている方は参考にご覧ください。
廃車手続きの基礎

廃車手続きにかかる期間はどれぐらい?車種による違いは

廃車を早めに済ませたい場合、廃車手続きの完了までにどれぐらいの期間がかかるのでしょうか?廃車手続きは何日前から動き出せば間に合うのか、こちらで解説します。
廃車手続きの基礎

ハイブリッド車の自動車税は安い?13年超過は重課対象になるのか

自動車税(種別割)は4月1日時点の自動車を所有する人に課税されます。ハイブリッド車の自動車税はいくらかかるかご存知でしょうか。ハイブリッド車のなかでも特に、プラグインハイブリッド車や燃費性能の高い車には税の軽減制度があります。
廃車手続きの基礎

自動車税はいつまでに支払うの?自動車税滞納すると大変って本当?

自動車税種別割は、普通車または軽自動車を4月1日時点で所有する人に課税され納める必要がある年税です。自動車税種別割はいつ頃の支払うのか、支払いの時期や納付期限、自動車税の納付が期限を過ぎた場合の処分、延滞してしまった時の対応方法のほか、自動車税を節約するための方法も解説します。
廃車手続きの基礎

自動車税納税証明書が必要な時はいつ?納税証明書は再発行出来る?

自動車税納税証明書は車検の時必ず必要なのでしょうか。もしも納税証明書を紛失しても、再発行出来ます。ただし再交付の請求先は、実は都道府県ごとに異なります。継続車検用と一般用の自動車税納税証明書で交付手数料がかかる都道府県もあります。参考にご覧ください。
廃車手続きの基礎

他県ナンバーの車は他の県でも廃車手続きできる?その方法とは

就職や進学、転勤などで引っ越しをする際に、車も一緒に持っていく人は多いでしょう。しかし、ナンバープレートも引っ越し先の地名のものに変更するという人は少ないのではないでしょうか。この記事では、他県ナンバーの車を別の都道府県で廃車する場合に、どのような手続きを行なえばよいのかをご紹介します。他県ナンバーの車を廃車するときに必要な書類や物品、手続きを行なう場所について、詳しく確認していきましょう!
廃車手続きの基礎

廃車できない!こんなときどうする?対処法と手続きについて

乗らない車を廃車にしたくても「この車は廃車にできないかも」と考えて、放置していませんか。今回は「自動車税が未納の場合」「車の所有者と使用者が違う場合」「手元に車がない場合」の廃車手続きに関して詳しく解説していきます。
廃車手続きの基礎

車を廃車にすると自賠責保険料が戻って来る?その手続きとは

車を廃車にする際に気になる自賠責保険料。自賠責保険料は手続きを済ませることで、廃車後の期間の分を返金してもらえます。ここでは自賠責保険の解約手続きについて解説していきます。