メンテナンス

自動車の困り事

ハンドルが重い!タイヤやパワステの故障かも!?

運転をしていると、急にハンドルが重くなる経験をしたことがあるかもしれません。ハンドルが重いというのも、少しハンドルが重い程度から、両手でハンドルを持たないといけないほどの重さまで様々あります。 ハンドルが重い状態になってしまうというのは、何かが異常な状態と言えるでしょう。ディーラーや修理工場に持っていって修理をする必要があるかもしれませんが、他に原因がないかチェックしてみましょう。
自動車の困り事

ウォッシャー液が出ない!?考えられる原因と対処方法を確認

車のフロントウィンドウが汚れたら、左側にあるレバーを引いてウォッシャー液を出してきれいにしようと思います。しかし操作をしてみても、ウォッシャー液が出てこないということもあるでしょう。 普段気にしていなくても、いきなりウォッシャー液が出てこなくなると、窓ガラスをきれいにすることができないので大変危険です。この記事では、ウォッシャー液が出てこない場合に考えられる原因や対処方法を解説していきます。
自動車の困り事

車を擦った時の傷は自分で直せる!?業者依頼との違いは?

車を擦った時の対処法とは?適切な修理方法を紹介!車を擦って傷ができて、傷の修復作業を考えている人もいるかと思います。傷を修復したいけど、どんな方法が良いか迷う人もいるのではないでしょうか?車を擦った時にできた傷を直す方法を中心に紹介します。修理方法を抑える方法も載せてありますので、参考にしてみてください。
自動車の困り事

車のへこみはドライヤーで直せる!手順と注意点を解説

車にできたへこみは、ドライヤーで直せる可能性があることをご存知ですか?車にへこみができてしまうと、見た目が悪く気分も落ち込んでしまうものです。修理に出さなければならないとわかっていても、かかる費用を考えるとつい躊躇してしまうことも珍しくありません。そこで今回は、車にできたへこみをドライヤーで直す方法をご紹介します。
自動車の困り事

15年前の車まだ大丈夫!?長持ちさせる方法や手放し方について

みなさんの中に、15年前の車を保有している方はいませんか?車好きの方や、古い車が好きな方は多いので保有している方もいると思います。でも、15年前の車の保管方法や、処分方法がわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、15年前の車の保管方法や処分する方法を解説していきます。
自動車の困り事

車のオイルランプが点灯してしまった!その対処法とは

アラジンのランプのようなマークの警告灯は、オイルランプと言うもので、エンジンオイルやその周辺のパーツに異常が出た際に点灯する警告灯です。そのまま運転を続けていると、危険を伴い車が故障する可能性もあるので注意しなければなりません。一体何が原因でオイルランプが灯るのでしょうか、点灯した時にどう対処をすれば良いのか、解説していきます。
自動車の困り事

フロントガラスの内側が曇る!何か対処法はない?

皆さんは、フロントガラスの内側が曇ってしまい困った経験はありませんか?外側ならワイパーで結露や雨粒、ホコリを払い落せばまだ何とかなりますが、内側だとそういうわけにもいきませんよね。フロントガラスが曇る原因や対処法を知っておくと便利なので、本記事ではその原因から対処法について解説します。フロントガラスの内側の曇りにお困りの方は、参考にしてみて下さいね。
自動車の困り事

ケルヒャーでの洗車の方法を徹底解説!

車を売りたいときには、まずは査定に出す必要があります。少しでも良い車として見てもらって高い値段で買い取ってもらうためには、車をきれいに洗車する必要もあります。そんな時に使いたいのが通信販売でおなじみのドイツ製高圧洗浄機「ケルヒャー」です。そこで本記事では、ケルヒャーを使った洗車の方法について解説します。買い取り価格アップのために、きれいな状態で車を査定に出す際の参考にしてみてくださいね。
自動車の困り事

マフラーのせいで車検に通らない!選び方や注意点は?

エキゾーストノイズを楽しむために社外マフラーへ交換していると、車検に通らないケースが増えています。規制が年々厳しくなっているのが原因のようです。車検に通るには、どのようなマフラーを選べばいいのでしょうか。
自動車の困り事

厄介な黄砂は洗車で落とす!効果的な洗車方法とコツを解説

「黄砂」が車に付着してしまうのは厄介です。早めに洗い流したいところですが、どういった方法が黄砂の洗浄に有効なのかを知らない人も少なくありません。そこで、黄砂が付着した車の効果的な洗車方法について解説します。 間違った洗車方法を行うと愛車を傷つけてしまう可能性も高いので、しっかりと黄砂の知識を身に付けておきましょう。