自動車の困り事

自動車の困り事 自動車の困り事

自動車を運転したり、所有していると、自動車に関するトラブルにあってしまうことも。突然の事故や災害で車が被害を受けてしまったり、車の手続きで分からないことや不安なことがあったりしますよね。こちらでは、車にまつわる困った事の解決方法について書いた記事をまとめています。

自動車の困り事

オルタネーターの異音は故障が原因?異音がした時の対処方法

オルタネーターは、車に欠かせない部品の一つです。故障したら不動車になってしまうおそれもあります。こちらでは、オルタネーターの異音の原因や故障判断方法を詳しく解説します。異音がしているオルタネーターを放っておくと重大な故障となって、高い修理費用や部品交換賃がかかるかもしれません。車を所有している方は、日常点検の前に参考にご覧ください。 オルタネーターの故障の原因、交換や修理費用などについて、解説していきます。車を頻繁に運転する人はきちんと覚えておくことをオススメします。
自動車の困り事

高齢ドライバーの安全運転強化策!運転免許を自主返納するメリットとは

5月から高齢者免許更新に運転技能検査が義務化され、サポートカー限定免許が創設されました。免許更新時技能検査追加を受けて運転免許自主返納を考えるきっかけになった方もいらっしゃるでしょう。こちらで道交法改正内容と運転免許自主返納のメリット・デメリットについて詳しく解説しています。
自動車の困り事

故障車買取してもらう方法を徹底解説|故障車買取のポイント5選

故障車を買取してもらえるのでしょうか。実は故障車も買取が出来る車買取業者があります。こちらでは不動車や故障がひどくて、買取も難しそうな故障車でもお得に買取してもらうためのポイントを5つご紹介します。
自動車の困り事

ドライブにオススメの車は?長距離運転も疲れにくいドライブカー5選

車を使って遠出するとなるとドライバーも同乗者も、疲れそうで心配になるでしょう。こちらでは車による長距離移動でも疲れにくい、ロングドライブにおすすめの車をご紹介します。レンタカーやカーリースで車をピックアップする方も春の行楽シーズンに向けて、参考にご覧ください。
自動車の困り事

居眠り運転で事故を起こしたら?眠くなる原因と効果的な7つの防止策

運転中、ふいに眠気が襲ってきた経験はありませんか?もし眠気のままに目を閉じてしまったら、重大事故にもつながりかねません。ここでは、万が一居眠り運転で事故を起こしてしまった際の反則金や違反点数、居眠り運転の原因と対策や防止策について詳しく説明します。
自動車の困り事

慌てず対応しよう!ハンドルロックの解除方法をチェック

車に搭載されているハンドルロックという機能をご存知でしょうか。ハンドルロックは犯罪防止のために備わっている機能ですが、誤操作によって意図せず作動してしまうことも珍しくありません。ハンドルロックはどのような機能で、解除するためにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、車のハンドルロックの仕組みについて解説します。
自動車の困り事

車に付く虫対策!この方法で気持ち悪い虫を綺麗さっぱり落とそう

車を運転していると、いつの間にか「虫」がついていることがあります。仮に実害がないとしても、大切な車に虫がついているのは嫌な気持ちになります。そこで、車につく虫の対処法について解説します。
自動車の困り事

ドアバイザーって必要?その効果は?

多くの国産車では、ドアバイザーが採用されています。エアコンが今ほど普及していなかった時には、効率よく車内の空気を換気するためのパーツとして重宝されていました。しかし近年の車は、エアコンが装備されており、効率よく車内の空気を換気し、温度も調整できるようになってきています。そうとなると、ドアバイザーは必要なアクセサリーパーツなのでしょうか?効果や必要性について解説していきましょう。
自動車の困り事

フェード現象の原因や対策方法は?正しく理解して事故を防ごう

下り坂などで急にブレーキが効かなくなる現象が、フェード現象です。ブレーキが効く状態から、徐々に効かなくなり、最終的には全く効かなくなるという重大な事故につながる危険な状態です。ではどのような状況で、フェード現象が発生するのでしょうか?またフェード現象が起きた時に、どのような対処することができるのか、この記事で解説していきましょう。
自動車の困り事

チャイルドシートっていつまで必要?使わないとどうなる?

小さな子どもを車に乗せるときには、安全のためにチャイルドシートを装着するでしょう。チャイルドシートがあれば、急停車したときなども、安全を保つことができます。ただ、子どもが少し大きくなってくると、いつまでチャイルドシートを使うべきなのか悩む人も少なくありません。子どもの身体が大きくなり、チャイルドシートが合わなくなったときに、使用をやめるか大きいものを買うか迷う人もいるでしょう。では、チャイルドシートはいつまで使うべきなのか解説していきます。