投稿日:2012-05-16

レンタカーとリースの市場

レンタカーとリースの市場
レンタカーとリースはなぜ地域によってレンタリース会社が保有する車が違うのか?という事やなぜ同じ色の車が多いのか?という事を疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?カーネクストは自動車に関するインターネットメディアの運営をしておりますので多くの情報をキャッチします。カーネクストブログを通じて一人でも多くの方の疑問にお答えし、役立つ情報ではないかもしれませんが豆知識として考えて頂ければ幸いです。 Q1 レンタリースが保有する車は地域によって偏りがあります。なぜ?? これは何となく分かる方も多いのではないでしょうか?東京や大阪、名古屋と大都市は商業車が多く、田舎のレンタリース会社はワンボックスやセダンも取り揃えています。←一概には言えませんが。何故かというと需要(ニーズ)に合った車を揃えるというビジネスの基本を行っています。東京や大阪や名古屋などビジネス街では営業車として利用することが多く、レンタリース会社では有名なトヨタレンタリースさん等ではヴィッツやハイエース等の商業車が取り揃えられています。ためにMR2等のスポーツタイプの車を見かけたことがありますが。ビジネス街を離れるとお客様が会社ではなくファミリーになる事がほとんどです。家族で旅行やお出かけをするのに商業車を乗りたい人はいません。だからそういった地域ではアルファードやホンダではステップワゴンなどの車が取り揃えられています。 Q2 レンタリース会社はなぜ同じ色の車ばかりを取りそろえるの? 一昔前は赤色や緑色のオシャレな色をしたレンタカーも多かったかと思いますが、全国的に見ると昔よりシルバーや黒の車が増えています。レンタカーやリース車は当然人気のある色を使い、できるだけ多くのお客様に車を利用してもらうわけですが、それだけではなく最近ではレンタカーとしての使用後の売却の事も考えて購入するレンタリース会社が増えています。日本では人気なのが黒やパールホワイトなどの白系の車です。しかし、海外ではシルバーが圧倒的な人気を誇り、その次に黒といった感じでしょうか。国によって当然需要は異なりますが、圧倒的に人気が薄いのが白系です。よって、レンタカーとして使用した後に比較的高くで売れる可能性が高いシルバーや黒を選んで取り揃えていることが多くなってきています。特に商業車は典型的なパターンだと思います。 自動車、中古車などのくくりで言うと狭い世界のように感じますが実は車ビジネスは多くの事業(種類)があり奥が深いビジネスなのです。 今後も皆様に役立つ情報をお伝えして参ります。

最新ブログ

4件目 / 全70件