ユーザー車検の方法を知る!|廃車買取カーネクスト

ページコード: 814800

  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

廃車買取ならカーネクスト ホーム車検のお役立ち情報を一挙公開 > ユーザー車検の方法を知る!

ユーザー車検の方法を知る!

ユーザー車検とは、名の通りユーザー「車を使っている本人」が受検する事を言います。ユーザー車検を受けるときは事前予約をする事が必要ですが、最寄りの陸運局以外の全国どこの運輸局でもユーザー車検を受けることはできます。尚、コチラでご紹介するのは一般的なこととなり、エリアによっては若干の違いがありますので、詳しくは最寄りの陸運局へご確認ください。

ユーザー車検を受ける為の事前準備

項目 説明 詳細
車検費用の準備 車検時に支払う金額を準備 車検費用を知ろう
車検検査項目の把握 車検当日にどのような検査が行われているか 検査コースの流れを知ろう
自動車の状態をチェック 自動車が車検に受かるかの確認 車検の前に自動車のチェック
必要書類の準備 ユーザー車検の必要書類の取得 車検に必要な書類を知ろう

検査窓口の受付時間:午前8:45~11:45、午後1:00~3:45
運輸支局の業務時間:午前9:00~12:00、午後1:00~4:00
運輸支局の休日:土日祝、及び12月29日~1月3日

ユーザー車検の当日にすべきこと

車検は自動車販売店や車検専門店は手慣れたものですが、自動車の使用者ご本人が車検を通しに行く場合が思ったより手間がかかるものです。当日のフローを確認され、スムーズに車検を取得できるようにしておきましょう。

予備検査の実施、最終調整

車検を受ける運輸局の近辺には、事前に予備検査を受けることができる「予備検査場」が一か所又は二箇所あります。民間の検査場なので有料ですが、事前に行っておくのが賢明です。
予備検査場で予め、サイドスリップ検査・調整、各ブレーキ・スピードメーター検査、ライトの光軸検査・調整、排気ガス検査・調整を行ってもらい、場合によっては調整、修理してもらいます。(有料)
調整や修理費用はおおむね3,000円ぐらいですが、調整部分やその量によっても変動しますので、詳しくは予備検査場の方に確認して下さい。
また、こちらの予備検査場で調整不能な不具合が発見された場合は、車検の合格が難しい状況になったとお考え下さい。

この予備検査場の、「サイドスリップ検査」「ライトの光軸検査」にて不合格が出る場合があります。購入してから間もない自動車の場合でも調整が必要となる可能性がありますので、予備検査の実施は行っておきましょう。

運輸支局で申請書作成、印紙の購入

運輸支局場内の用紙販売窓口で、不足用紙がある場合は購入、もしくは配布を受けます。(通常下記3枚を用意)
1 自動車検査票
2 自動車重量税納付書
3 継続検査申請書
購入または配布を受けた用紙に必要事項の記入を行っていきますが、運輸局には記入サンプルが置かれていますので、初めての方でも安心です。尚、運輸局と隣接している行政書士事務所に書類記入を任せることもできます。

手数料の支払い、重量税の支払い

運輸局場内の印紙・証紙販売窓口で、自動車重量税額分と検査手数料分の印紙・証紙を購入します。 購入した印紙・証紙をそれぞれの書類に貼り付けます。(自動車重量税印紙は自動車重量税納付書、検査手数料印紙・証紙は自動車検査票)。手数料や重量税額の確認は車検費用をご確認ください。

自賠責保険の加入手続き

新たに車検を取ると車検有効期間が延長されますが、同時に自賠責保険の保険期間も延長しなければなりません。保険期間は必ず、延長された車検有効期間より1日でも多く加入する必要があります。
継続加入の手続きは、運輸支局近辺の代書屋さんなどで取り扱っています。車検証と現在加入中の自動車損害賠償責任保険証明書をご持参の上、代書屋さん等で手続きを行って下さい。

自動車を長年継続して乗り続けようとしている方は、自賠責保険の加入期間を車検が切れる1ヵ月後にしておくことをおすすめします。次回の継続車検の際に楽になります。

納税確認

ユーザー車検を受ける場合、自動車税の納税証明書は必須です。毎年4月~5月位に管轄の自動車税事務所から届く納付書に領収書と共についているもので、()書きにて継続検査用と記載されています。万が一、この納税証明書が紛失している場合は再発行が必要となりますので、お支払いになられた自動車税事務所に確認頂き再発行手続きをする必要があります。通常の場合は、自動車税事務所にお電話にて再発行手続きが完了するケースがほとんどです。(一部エリア除く)

車検の受付・申請

運輸支局内のユーザー車検受付窓口に書類一式を提示し予約番号を伝えます。予約番号を控え忘れてしまうと車検を受けれない可能性もありますのでご注意ください。 書類に不備があった場合は、こちらで指摘を受けますので修正を行って下さい。

車検レーンで点検

全ての書類手続きが完了したら車検レーンにていよいよ検査です。はじめに、ワイパーやクラクション、ライトやフロントガラスのヒビや割れの有無やウィンカー等をチェックし、その後に排ガスやスピードメーターチェックを行います。
1回の検査申請による検査コースへの入場回数は、3回までと制限されています。

車検証の交付

無事に検査が合格であれば、書類一式を車検証交付窓口へ提出します。
窓口で新しい車検証とステッカー(検査標章)の交付を受け、ユーザー車検終了となります。
検査に合格しなかった場合は、不適合箇所の整備を行った後に再検査を受けることになります。
再検査の内容は、不適合とされた検査日から2週間以内に受ける場合と、その2週間を超えてから受ける場合とでは検査項目が変わってきます。 2週間以内であれば、不適合箇所に関わる検査項目のみの受検となります。その場合は予め、不適合の指摘を受けた検査日に申請を行い、限定自動車検査証*の交付を受けておく必要があります。
*限定自動車検査証とは、保安基準に適合していない箇所が記載された書類です。交付してもらうことにより、2週間以内に再検査を受ける場合は、不適合箇所に関わる検査項目のみの受検で済みます。限定自動車検査証の交付は無料となっておりますが、後日、再検査を受ける際の検査手数料に1,300円掛かります。


また、不合格となったことで車検が切れてしまう場合は、想定していた車検有効期間が変わってしまうことになります。その場合は、4の「自賠責保険の継続加入手続き」で継続加入した保険期間が、再検査で新たに取る車検有効期間をカバー(車検有効期間より1日でも多く保険期間を有する)できなくなってしまうケースがあります。そのケースに当てはまる場合は、できるだけ早く継続加入を行った代書屋さん等に行き、保険期間の修正手続きを行って下さい。
この修正手続きは、保険会社の処理が終わってしまうと修正不可能になってしまいます。修正が不可能になってしまった場合は、割高になりますが1ヵ月間のみ別途保険加入することになります。


2週間を超えて再検査を受ける場合は、改めて全ての検査項目を受けることになります。この場合は限定自動車検査証を交付してもらう必要はありません。 検査手数料は、改めて全ての検査を行いますので小型車で1,700円、普通車で1,800円となります。
また、こちらの場合も、継続加入した自賠責保険の保険期間が、再検査で新たに取る車検有効期間をカバー(車検有効期間より1日でも多く保険期間を有する)できなくなってしまうケースがあります。そのケースに当てはまる場合は、保険期間の修正手続きを行って下さい。
不適合の指摘を受けた検査日当日に再検査を受けれる場合は、限定自動車検査証の交付も、再検査手数料も不要となります。


車検は、国が定期的に個々の自動車の保安基準を検査するものであり、自動車の安全を保証するものではございません。必ず各自の責任において定期的に点検整備を行って下さい。

車検の必要書類について確認する場合は >> 車検の必要書類

車検費用について確認する場合は >> 車検費用を計算

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須メーカー
必須車種名
任意走行距離

お客様について

必須お名前
必須電話番号
任意都道府県
GO!

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 矢印
  • 成約後、お引取

  • 矢印
  • 必要書類の記入

  • 矢印
  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。