ナンバープレート 廃車買取カーネクスト

ナンバープレートとは

ナンバープレートのイメージ 自動車を運転したことがない方でもナンバープレートはご存じかと思います。自動車が公道を走る際に装着が義務付けられている車の前後にあるプレートです。
正式名称は「自動車登録番号標」と言います。

ひらがな・数字・地域名・プレートの色で構成されており、普通自動車は運輸支局で、軽自動車は各市区町村の役場で、発行・紛失・盗難などの手続きを行うことができます。

ナンバープレートは何のために必要で、どのような役割をしているのかをこちらのページでまとめてみました。
さらに東京オリンピックやラグビーワールドカップの開催に発行される記念ナンバープレートやご当地ナンバーなど、ナンバープレートに関してご紹介いたします。

ナンバープレートの種類

ナンバープレートは「色」「文字」の組み合わせで区分けされているのはご存じでしょうか?
自家用で使われる車には「白色」の背景色に文字が「緑色」、事業車は「緑色」の背景色に文字が「白色」と、車の使用用途で色分けがされています。

ではなぜ色分けをする必要があるのか、それは走行している自動車のナンバーを認識するのは困難で見極めが難しいことから、色で特定できるように分けられております。

例をひとつあげますと、高速道路では普通車と軽自動車で料金が異なります。それを簡単に判別できるのがナンバープレートです。料金所の方がスムーズに料金を把握でき、高速道路への進入を円滑に進められたりと、ナンバープレートは利便性や効率性を追求した結果、車に取り付けられています。 こちらでは一般的によく目にするナンバープレートを表にしてご紹介いたします。

ナンバープレートの色 用途
背景色白色

背景色緑色
自家用のナンバープレート
自家用の普通/小型自動車
背景色緑色

背景色白色
事業用のナンバープレート
事業用の普通/小型自動車
背景色黄色

背景色黒色
自家用軽自動車のナンバープレート
自家用の軽自動車
背景色黒色

背景色黄色
事業用の軽自動車ナンバープレート
事業用の軽自動車

▲目次へ戻る

ナンバープレートに表示されている情報って?

では、ナンバープレートに表示されている文字の羅列は何を表しているのか、説明していきます。
表示されている情報は「地域名」「分類番号」「ひらがな」「一連指定番号」の大きく分けて4つです。

ナンバープレート表示情報

地域名

ナンバープレートの地名は好きな地名を付けられるわけではありません。使用者の居住地域を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所によって決まります。
ですので、引越しをした際など、住んでいる場所が変わるとナンバープレートの変更手続きをしなければなりません。(但し、住んでいる地域を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所が変わらない場合は変更する必要はありません)。
ナンバープレートを変更せずにいると、自動車税や保険の納付書類が届かない可能性があったり、廃車や下取りに手間がかかります。ですので、引越しをした場合は速やかに変更手続きを行ってください。

ちなみに現在では全国100種類以上の地域名が登録されています。

分類番号

3桁の数字で車の用途や大きさなどが、大まかですが情報として記載されています。
「3ナンバー」や「5ナンバー」などの言葉を耳にした事がある方もいると思います。百の位の数字をとって「○ナンバー」といった呼び方をします。

  • ■1ナンバー…普通貨物車

    (貨物用途)

  • ■2ナンバー…普通乗合車

    (乗車定員が11名以上)

  • ■3ナンバー…普通乗用車

    (乗車定員が10名以下)

  • ■4ナンバー…小型貨物車

    (小型自動車で貨物用途)

  • ■5ナンバー…小型乗用車

    (小型自動車で乗車定員が10名以下)

  • ■6ナンバー…小型貨物車

    (三輪小型乗用車)

  • ■7ナンバー…小型乗用車

    (三輪小型乗用車)

  • ■8ナンバー…特殊用途自動車

    (パトカーなど)

  • ■9ナンバー…大型特殊自動車

    (フォークリフトなど)

  • ■0ナンバー…建設機械

    (建設に使用される車)

ひらがな

「分類番号」と同様で、車の用途を「ひらがな」を使って区別しています。
普通自動車と軽自動車で使用する文字が違いますので、そちらもご参考ください。

また全ての「ひらがな」が使われているわけではなく、「お、し、へ、ん」は使用されていません。
「お」は「あ」と似ているため、「し」は死を連想する、「へ」はおならを連想するため、「ん」は読みづらいという理由で使用していません。

■登録自動車

  • ・自家用車…さすせそ たち てと なにぬねの はひふほ まみむめも やゆ らりるろ
  • ・事業用車…あいうえ かきくけこ を
  • ・レンタカー…わ れ
  • ・駐留軍人用車両…よ EHKMTY(アルファベット)

■軽自動車

  • ・自家用車…あいうえ かきくけこ さすせそ たちつて となにぬねの はひふほ まみむめも やゆよ らるろ を
  • ・事業用車…りれ
  • ・レンタカー…わ
  • ・駐留軍人用車両…AB

一連指定番号

「1」から「9999」までの4桁以下の数字で表記されます。数字は申請順から順番に数字を払い出されていきます。

しかし、1999年から普通自動車に希望ナンバー制度が導入されたので、好きな数字列を申請して、ナンバープレートに適用できるようになりました(軽自動車は2005年から)。富士山ナンバーで「3776(富士山の標高)」のように地域名に合わせた数字や「7777」などの好きな数字で、遊び心を入れて登録される方もいます。

▲目次へ戻る

ご当地ナンバー

地域や観光の振興を目的に、新しい地域名表示が認められました。これが『ご当地ナンバー』です。
国土交通省によって2004年11月に適用地域の募集が行われました。適用地域の基準として地域の特徴や経済圏が一定のまとまりをもって他の地域と区別されることや、一般的に広く知られている地域であること、複数の市町村の集合であること、該当地域での自動車の登録台数が10万台を超えていること等があります。
これらの諸条件を満たし、「『ご当地ナンバー』を導入したい」と申請した地域に導入されています。
『ご当地ナンバー』に対しての熱意が高い地域が多い事や、地方版図柄入りナンバープレートの導入といったことにより度々条件が緩和され、検討している地域や導入が決定している地域が年々増えています。

ご当地ナンバーについてはこちら >>

特別仕様のナンバープレートの登場

ナンバープレートのイメージ 2019年にはラグビーワールドカップ・2020年には東京オリンピックの開催が決定しています。
応援を目的とした形で特別仕様の図柄入りナンバープレートが発行できるようになり、話題を呼んでいます。

さらに日本各地方の限定図柄入りナンバープレートの登場で、ナンバープレートへの関心がより強くなっています。
図柄入りのナンバープレートの取得方法や金額などの説明を交えて、カーネクストのホームページでご紹介していますので、よろしければ、下記ボタンからご確認ください。

図柄入りナンバープレートはこちら >>

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。

月割りで返金! 買取金額とは別に廃車をすると還付金が受け取れます 今すぐ無料査定!

PAGE TOP