SDGs 持続可能な未来への取り組み

通話無料 日本全国対応 営業時間8:00~22:00 0120-301-456

今すぐ電話で無料査定

買取金額に期待できるかも?!

廃車と中古車では買取金額は雲泥の差?!

廃車の査定と中古車の査定は、買取金額に大きな差が出てしまうことがあるとご存知でしょうか。廃車というと、車の抹消登録手続きを行い一旦使用を中止した車を解体し、部品や素材別にリサイクルできるパーツとリサイクル出来ないパーツとに分けます。このリサイクル出来るパーツが、廃車買取の査定に反映します。取り出されたリサイクルが出来るパーツや部品は、買い取った業者によって整備・点検・修理といった工程を終えた後再販されますが、そのリサイクルしたパーツの再販価格次第で、廃車買取時の査定額は決まるのです。

例えばデミオの買取金額が5年落ちで50,000km 30万円が、8年落ちだと80,000km 8万円に!!

修理費用はこんなに高い!

車を売却するきっかけの一つに、突然の事故や自然災害によって車が故障したり損傷を受けてしまった時があります。修理をして乗り続けるか、そのまま車を手放すかを決めるポイントになるのは、修理費用がいくらかかってしまうかどうかではないでしょうか。車は頑丈に出来ているものの、事故で受けた損傷次第で修理費用が高額になることがあります。特に車の骨格といわれる部分、フレームやシャシーといった強度を保つためのパーツは修理費用が高くなりやすく、損傷の大きさによっては数百万円かかることもあります。また、突然の豪雨などで水害被害にあってしまった車は、電子システムのあるエンジンルーム内まで浸水被害を受けて故障したり、フロア内まで浸水しシートが全交換になった場合、修理や交換費用が高額にかかってしまうことが多くなっています。

事故の場合

部位 修理費用
エンジン交換 50万円~90万円
フレーム交換 数万円~数百万円
バンパー交換 1万円~20万円

水害の場合

浸水度合い 修理費用
タイヤ下半分 数千円~2万円
タイヤ上まで 10万円~20万円
エンジンルーム 100万円以上

年式の新しい車なら事故車でも高価買取の期待大

事故にあい、高額な修理費用を支払って車を修理するよりも、車を売却し乗り換える方がお得な場合もあります。特に年式が新しい車や人気の高い車の場合、前述したような骨格部分に大きな損傷を受けている車であれば修理費用が高額になってしまいますが、廃車を解体しパーツ毎に取り出して再販できる廃車買取業者へ売却をするのであれば、リサイクルパーツとして高く売却できる可能性が高いため高価買取査定の期待が出来るのです。ただし、リサイクルパーツの再販ルートが少ない業者の場合、事故車は再販時に利益が出ないこともあるため、事故車の買取自体を断られてしまうこともあります。事故車の売却先を探すなら、販路を多く持っている廃車買取業者を選ぶことをおすすめします。

トヨタ ヴォクシー

買取価格610,000

買取価格の下落は思った以上に早い!

車の買取査定額は経過年数と共に下がります。車種によっては年数が経っても値崩れしにくい車もありますが、ほとんどの車種が初年度登録から経過年数10年を超えるとガクッと下がり買取査定額が0円に近づいてしまうのです。買取査定額の下落が早い要因は、日本国内で中古車販売をしているお店での再販価格が影響しています。中古車の購入を考えているユーザーにとって、経過年数は購入の目安です。再販時に売れない可能性が高い車は、中古車販売店での在庫リスクになってしまうため、買取査定が厳しくなるのです。

値崩れしにくい車はコチラ

経過年数が経っても一定の買取査定額を保ち、値崩れがしにくい車種をいくつかご紹介しました。日本国内だけでなく、世界で認知されている人気の高いトヨタ自動車の車は値崩れがしにくくなっています。また、スズキのジムニーや日産のエクストレイルなど、オフロードカーとして人気が高い車も値崩れがしにくい車と言われています。SUVが値崩れしにくい理由は、国内だけでなく、海外での人気や需要があるためです。海外でもともと日本の中古車は人気がありますが、特にオフロード走行に特化した日本のSUVは、走行性能や走破性能が高く、修理がしやすく壊れにくいといったことも認知されているので、年式が古かったり走行距離が多かったとしても海外で高く売れる可能性があるため、買取査定が値崩れしにくいのです。

買取完了までの流れはカンタン4ステップ

車の買取金額を調べる

車の買取金額を調べる

必 須
任 意
任 意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

必 須
必 須
任 意
24時間受付中

国産車

輸入車

年式を選択してください。

走行距離を選択してください