過走行車に必要なメンテナンスとは?

廃車のコラム

一般的には年間走行8千キロを超えると車の劣化が早まるといわれています。

年間走行距離が1万キロを超える車は過走行車と呼ばれ、走行距離がそれ以下の車よりも丁寧なメンテナンスが必要です。

ここでは、過走行車に必要なメンテナンス方法について紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

メンテンナンスが必要な過走行車とはどんな車?

過走行車とは、年間走行距離が1万キロを超える車のことをいいます。標準的な年間走行距離は8千から1万キロ以内といわれており、これ以上走行する車は劣化が早く、標準的な走行距離を保っている車よりも丁寧なメンテナンスが必要です。

トータルの走行距離が10万キロを超えた車が過走行車と勘違いされがちですが、トータルの走行距離ではなく年間の走行距離で過走行車かどうか決まるので注意しましょう。つまり、トータルの走行距離が10万キロでも、10年かけて10万キロに達した車は過走行車ではないということです。

逆に、5年間しか乗っていなくても、その時点で10万キロに達していたらその車は過走行車ということになります。過走行車は劣化が早いため、そのメンテナンスは標準的な使用をされている車よりも丁寧に行わなければいけません。走行中にトラブルや事故が起きないよう、点検もこまめに行う必要があります。

過走行車は定期的なメンテナンスが必要

では、過走行車にはどのようなメンテナンスが必要なのでしょうか?基本的にはオイル関係の交換が主になります。一般的には半年に1回でいいといわれているエンジンオイルの交換も、年間走行距離が多い過走行車は、期間ではなくキロ数を目安に行ってください。

ターボ車は3千キロごと、ノンターボ車は5千キロごとが交換の目安です。2回に1回はエレメントも交換してください。そのほかにもメンテナンスすべき箇所はあります。以下の部分は10万キロを目安に点検・交換してください。

エンジン関係

タイミングベルトとウォーターポンプは10万キロが交換の目安です。エンジンをかけるときに変な音がするようになった、アイドリング中に気になる音が混じっている、それはタイミングベルトが劣化していることが原因かもしれません。車検時にヒビが入っていると言われたら、10万キロに到達する前に交換してください。

エンジンの温度を保つウォーターポンプやラジエーター関係も劣化したままにしているとオーバーヒートの原因になりますから、10万キロを超えた時点で点検してもらいましょう。

足回り

ショックアブソーバー、ブレーキ関係、ホイールベアリングも10万キロの点検・メンテナンスが基本です。長く乗っていると足元がガタついて走行中の不快感が増してきます。走行中のショックが緩和されなくなった、ブレーキを踏むとキーキーと音がするときにはしっかりメンテナンスしてもらいましょう。

ベアリングは内部のオイルが減っていたり激しく劣化したりします。ベアリングは大切な部分ですから、きちんと分解・清掃してもらってください。

ブレーキ系のメンテナンス

もし運転中にブレーキがきかなくなったら、考えただけでも恐ろしいですよね。10万キロを超えるあたりからブレーキの効きも悪くなってきます。サイドブレーキワイヤー、ブレーキマスターシリンダー、ブレーキホースを点検し、必要があれば交換してもらいましょう。

車内のメンテナンス

見落としがちなのが車内のメンテナンスです。特に車内で気を付けておくべきなのが、トランクと車のドア。トランクの開け閉めに必要なトランクアブソーバーが劣化してくると、トランクを開けたままにしている際に急にドアが落ちてきたりしてとても危険です。

また、車のドア部分にあるウェザーストリップ(ドアと車体の間にあるゴム)が劣化すると、雨漏りや隙間風の原因になります。ゴムはどうしても時間と共に劣化しますから、気になるときには交換してしまいましょう。

外装

外装で一番気を付けたいのがヘッドライトです。年数と共にヘッドライトが曇ってしまって、夜間走行が怖くなってしまうこともありますよね。そんなときにはヘッドライトのクリーニングをしてもらいましょう。クリーニングは短時間かつ低費用ですので、気になったときにはすぐに整備工場で見てもらってください。

車体のサビや傷、塗装剥がれもきれいにしてもらいましょう。サビを放置していると見た目が悪いだけではなく、車の劣化が早まります。積雪する地方に住んでいる方は、道路に雪がなくなったころに毎年車の腹下まで洗車してもらうと車の塗装が長持ちしますよ。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

メンテンスが大変な過走行車を手放したいなら

ここまで過走行車に必要なメンテナンスを見てきましたが、これらすべてを点検・整備・交換するのはなかなか大変ですよね。点検・整備費用の総額もいくらになるのか、考えただけでも恐ろしいです。車の状態によっては数十万円かかってしまうこともあるでしょう。

「そこまでしてこの車に乗り続けるのはなぁ」と感じたら、もうその車は手放す時期にきています。

しかし、ここで問題になるのは整備が必要な状態の車というのは中古車として買取に出すのは難しいという事なのです。それは、当然整備に大金がかかるという事はパーツの交換が必要だったり車自体の劣化が進んでおり、そのままの利用では走行自体危うい状態だからです。

なので、この場合は廃車になりますが、単純に廃車にするだけだと費用が掛かってしまいますので、必ず廃車買取に出す様にしましょう。

廃車買取のカーネクストであれば、廃車にかかる費用やレッカー移動費用は0円ですので、費用が必要になる事は一切ありません。

それどころか、車に使われている鉄資源やパーツ単位での買取が可能ですので、逆にお金がもらえる可能性だってあるのです。

しかしなぜ、他の業者では拒否されるような車でも廃車買取業者はお金を出して買い取るのでしょうか?これにはディーラーや中古車販売店とは異なる販売ルートを持っており、海外へ輸出したり、使えるパーツを選んでパーツのみを中古で販売したりすることができる為なのです。

そのため、ディーラーでは「お金にならない」といわれた車でも、廃車買取業者はきちんと買取することができます。下取りに出そうとしたら「廃車手続きには手数料が必要です」といわれてしまった車でも大丈夫。一度査定をしてみてはいかがでしょうか。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

過走行車のメンテナンスは一筋縄ではいかないことがわかりました。こまめなオイル交換だけでもお金がかかるのに、エンジン、ブレーキ、足回り、車内、外装、このすべてを定期的にメンテナンスして行くのはとても大変です。

「10万キロ以上乗ったし、次の車が欲しい」と感じたら、その車とは別れのときが来ていると考え、まずは下取りを打診してみてください。下取りを拒否された、査定額が低すぎた、そんなときには廃車買取業者に連絡してみましょう。過走行車も故障車も、親切・丁寧に査定してくれます。

まずは廃車買取業者、カーネクストへお問い合わせください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。