カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/08/16

煽り運転の危険性・罰則・対処法などについて

車間距離を必要以上に詰めたり、パッシングやクラクションで前の車両にプレッシャーをかけたりする威嚇・嫌がらせを煽り運転と言いますが、皆さんは運転をしていて煽り運転に遭ったことはあるでしょうか?不愉快で非常に危険な煽り運転ですが、その危険性と罰則・原因と対処法などについて紹介します。

煽り運転の危険性と罰則


煽り運転は単純に煽られた人が不愉快になるというだけでなく、交通事故の原因になる可能性がある大変危険な行為です。

煽られたドライバーが焦って速度を出して前方の車に追突してしまい、追突された車のドライバーが重体になったという事故や、バイクを煽って転倒させてしまい、バイクに乗っていた2名が死傷するという事故がありました。
これらの事故で、煽り運転をしていたドライバーは、重体になったケースでは「危険運転傷害」として懲役6年、2名死傷させたケースでは「危険運転致死傷罪」として懲役12年の判決が言い渡されました。
軽はずみに煽り運転をすれば、被害者の人生はもちろんのことですが、加害者の人生も狂うことになります。
例として2つだけあげましたが、もちろんそれ以外にも煽り運転が原因の事故はこれまでに多数ありますので、煽らない・煽らせない(煽られる原因を作らない)よう運転することが大切です。


煽り運転の原因と対策


煽り運転の原因と、その対策について説明します。
煽り運転をしかけてくる原因はおおまかに分けると、以下のように2通りあります。
1.先行車の速度が後続車(が求める速度)より遅い
2.先行車が無理やり割り込みなどをして後続車に迷惑をかけた
※先行車が煽られる側・後続車が煽る側とします

1.先行車の速度が後続車(が求める速度)より遅い
先行車の速度にイライラした後続車が煽るというケースが、煽り運転の原因で一番多いケースではないでしょうか。
速度を出すことを恐れるあまり制限速度よりも大幅に遅い速度で運転すると、後続車をイライラさせるだけでなく、交通の流れを妨げ、渋滞や追突事故などを生み出してしまう可能性があるので、周囲の車の流れに乗ることが必要です。ただし、煽られたとしても焦って制限速度を超える必要はありません。
このパターンで煽られないようにするための対策としては、交通の妨げにならないよう適切な速度(制限速度を超えず、かつ遅くなりすぎない)を出し、適切な車間距離を保って運転することです。

2.先行車が無理やり割り込みなどをして後続車に迷惑をかけた
その他のケースとしては、急な割り込みや急ブレーキなどで、後続車をヒヤッとさせてしまったパターンもあります。
もちろん迷惑がかかったからといって煽り運転をしていいというわけではありませんが、無理やり割り込んだりする運転そのものも危険ですし、不要な諍いを生まないためにも、車線変更は余裕を持って行うと良いでしょう。車間距離を保っていれば、急ブレーキもする必要はほとんどないはずです。


それでも煽り運転された時の対処法


上記で説明したように、適切な速度で、周囲に迷惑をかけないように配慮して運転したとしても、理不尽なことに煽ってくるドライバーはいます。

そういった際にどう対処すれば良いかと言えば、まず可能であれば道を譲ることです。追い越し車線を走っているのであれば走行車線に移動し、一車線の道路では路肩に車を寄せてから安全な場所で一時停車するなどで、煽っていた後続車は先に行くはずです。
相手が悪いのに道を譲るのは釈然としないかも知れませんが、「君子危うきに近寄らず」という諺があるように、危険な運転をするドライバーを避けるのは賢明な方法なのです。
ただし、相手が極めて悪質なドライバーだった場合、道を譲ったとしても前方に出てから(こちらが後続車になってから)露骨に速度を落として嫌がらせをするといったケースもありますが、そこで下手に絡んでしまうと暴力事件や交通事故に発展する可能性があり、そのような手合の相手をすることは時間の無駄ですので、無視してしまうか、進路を変更して悪質なドライバーから離れましょう。

次に、道幅が狭い一車線の道路などで道を譲れないケースの場合は、煽られても完全に無視して自分の運転に集中しましょう。
煽られたことで焦ってしまって必要以上に速度を出すことは非常に危険ですので、徹底的に無視することです。

高速道路で車が多く、車間距離をこれ以上詰められない・速度が出せないというような状況においても短気なドライバーから煽られる場合もあります。その場合もどうしようもないので煽られても完全に無視しましょう。


廃車業界トップクラスのサービス 車買取の新基準 原則0円以上で買取 日本全国対応 レッカー代無料 引取満足度93.4%を実現カーネクストアンケート調べ 無料査定へ

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和3年(2021年)
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

youtubeで動画公開中!

廃車買取相場

  • レクサス

  • アルファロメオ

  • フィアット

  • シトロエン

月割りで返金! 買取金額とは別に廃車をすると還付金が受け取れます 今すぐ無料査定!

PAGE TOP