カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト

ページコード: 814800

  • 最大3万円キャッシュバック!キャンペーン情報
  • 電話番号案内

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/08/19

スパイクタイヤって何?

冬タイヤのうち、スパイクタイヤというものがあったのをご存知ですか?タイヤ表面にスパイク(鋲)を埋め込んで氷上でのグリップ力をあげることが出来るタイヤです。現在はスタッドレスタイヤに置き換わり、日本で販売されることがなくなったスパイクタイヤについて説明しようと思います。

スパイクタイヤとは


スパイクタイヤとは、凍結した路面を滑らずに走行するためにタイヤ表面に金属などで作られた鋲(=スタッド)を埋め込んだタイヤのことです。
現在主に使われている冬タイヤである「スタッドレスタイヤ」というのは、鋲(=スタッド)が無い(=レス)タイヤという意味です。
スパイクタイヤは鋲(=スタッド)が氷に突き刺さるので、普通のタイヤに比べると凍結路面上でのグリップ力が格段に上がります。

スパイクタイヤは1950年頃にフィンランドで誕生し、1960年代にヨーロッパで急速に発展しました。フィンランドなどでは今でもスパイクタイヤが利用されています。
日本では1962年から生産を開始し、1970年代に本格普及しました。
通常のスノータイヤに比べて凍結した道路を安全に走行することができ、タイヤチェーンと違って脱着の手間が不要だったため、積雪寒冷地域では一時期100%近い装着率になっていました。


スパイクタイヤの問題点と脱スパイク運動


スパイクタイヤは、氷の上を走行している時にはあまり問題はないのですが、凍っていない普通の路面を走行する場合、その突き出した鋲(スタッド)がアスファルト表面や道路塗装材を削ってしまい、粉塵(=車粉)が大量に発生するという問題があり、特に粉塵が多かった仙台市では「仙台砂漠」と呼ばれる(粉塵が砂漠の砂のように積もるほど発生していた)ほどで、大きな社会問題となっていました。
他の地域では、札幌市のさっぽろ雪まつりでは粉塵によって雪像が黒く汚れるなどの問題もありました。

粉塵を吸い込んだ際に、通常は鼻毛や気管支の繊毛が肺に侵入することを防ぐなど、異物を排除する人体の機能が働きますが、その能力の限界を超えてしまうような大量の粉塵を継続的に吸い込むと、粉塵が肺に蓄積されていき、塵肺(肺に粉塵が蓄積した事で引き起こされる疾病の総称)を引き起こし、最悪肺がんになることもあります。

粉塵の発生源は当初ははっきりとわかっておらず、「スパイクタイヤが原因(スパイクタイヤの利用を自粛すべき)」という意見と、「未舗装道路から持ち込まれる土泥が原因であり、スパイクタイヤは無関係(スパイクタイヤは冬場走行するために必要)」とする意見にわかれていました。
しかし、仙台市では粉塵問題に本格的に取り組むため、「仙台市道路粉じん問題研究会」を1981年に発足し、それにより「スパイクタイヤが原因」であることを特定・発表しました。
その後、スパイクタイヤ使用の自粛を呼びかけ、自治体やマスコミを巻き込んでスパイクタイヤの装着率低下を図っていき、最終的には1990年に「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」が制定されました。
その結果、スパイクタイヤは日本国内においてはほとんどなくなり、冬用のタイヤはスタッドレスタイヤに置き換えられ、粉塵問題は収束しました。
スパイクタイヤの装着率の低下と共に、仙台市の空は年々目に見えて綺麗になったそうです。

スパイクタイヤの粉塵問題は、生活公害(一般市民の日常生活が原因の公害)を完全に解決した貴重な例だそうです。スパイクタイヤの粉塵問題の解決過程を参考に現状問題になっている他の生活公害やその他問題を解決できると良いですね。


日本でのスパイクタイヤの現状


「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」が制定されたことにより、スパイクタイヤは凍結・積雪の状態の路面では使用を認められていますが、それ以外の場合はコンクリートの路面上をスパイクタイヤで走行することは禁止されました。
スパイクタイヤを法律に違反することなく利用するには、乾いた路面を走行する時に毎回タイヤを履き替える必要ができたため、スパイクタイヤの装着率は格段に減り、日本国内のタイヤ店での販売もなくなりました。
ただし、除雪車や緊急車両は路面の状態に関わらずスパイクタイヤを使用可能です。
特に除雪車などは普通車よりも過酷(雪が溜まっている・アイスバーンが多い)な環境で重い車体を走らせることになり、スタッドレスタイヤではグリップ力が不足するため、スパイクタイヤを装着しているそうです。

また、スパイクタイヤがほとんどなくなったのは、「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」の影響だけでなく、スタッドレスタイヤの性能向上による部分も大きいです。
スタッドレスタイヤは路面へのダメージが普通のタイヤとあまり変わらないため、粉塵を出すことはありません。
ただし、スパイクタイヤが全盛期の頃には、スタッドレスタイヤの凍結した道路での安定走行性能は今ほど高くなかったため、スパイクタイヤを自粛することで(性能の低い頃のスタッドレスタイヤに履き替えるだけでは)凍結した路面での事故が多くなってしまうのではないかという懸念もありました。
しかし、タイヤメーカーと自動車メーカーは脱スパイクタイヤの運動に積極に取り組み、スタッドレスタイヤの性能向上に努めた結果、スパイクタイヤの代替品としてスタッドレスタイヤが利用されるようになったのです。
このスタッドレスタイヤの性能向上がなければ、法律に違反してでもスパイクタイヤの利用を継続したドライバーもいたかもしれません。


10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須メーカー
必須車種名
任意走行距離

お客様について

必須お名前
必須電話番号
任意都道府県
GO!

廃車・事故車買取りのカーネクストについて

どんな車も0円以上で買取保証!

突発的に事故した車、動かない車もカーネクストでは全国対応で引取りに対応しています。
レッカー引取りも無料サービスで諸手続きに関しても全て無料です。追加費用は一切ありません。

廃車・買取のお役立ちコンテンツ

廃車の専門家による知恵袋、愛車を廃車にする場合に必要となってくる書類例とサンプルなど、
廃車に関するお役立ちコンテンツを提供しております。

はじめての方へ
廃車の流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

ご売却時の必要書類をチェック
廃車手続き

廃車手続きに関するポイントをご紹介!無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

廃車の疑問を解決!
みんなの知恵袋

自動車の廃車は頻繁にするものではありません。それが故に「廃車にするにはどうするのか良くわからない」など不安をお持ちの方も多いと思います。 カーネクストでは不安を少しでも解決できる様、良くある質問を知恵袋としてまとめました。日々更新されます。

廃車の疑問を解決!
よくあるご質問

全国のお客様より廃車手続きや引き取りや還付金に関するお問合せを多数いただきます。その中から、よくあるご質問としてまとめさせて頂きましたのでご覧ください。尚、カーネクストは年中無休365日体制でプロのコールセンタースタッフによる廃車サポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

査定バナー キャンペーンバナー 自動車税バナー お客様の声バナー

手続き状況確認

契約内容ご確認書に記載されている16桁のお問合せ番号をご入力下さい。

虫眼鏡

スマートフォンサイト

スマートフォン、携帯電話でもご利用いただけます。

faxシートバナー 協力業者募集 STOP盗難・違法車輌 格安陸送

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車買取の秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされます。カーネクストにお申込頂いた自動車は100%近いリサイクルを達成しています。それは、自動車リサイクル事業を通じて、当社が地球環境に貢献をすべく全国に廃車のプロ集団のネットワークを持ち、実現しているものです。
また、自動車の輸出も年々市場規模が拡大しており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへRo-Ro船と呼ばれる一台ずつ積みの方法で出荷されています。一昔前の海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの自動車が主流でしたが、最近ではスポーツカーや小型車やセダン車まで、あらゆる自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

安心面においても、配達業界では今や当たり前となった、進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境を整えております。さらに365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。