カーネクストのコラム | 廃車買取カーネクスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/03/31

映画に登場するクルマ

映画には様々な自動車が登場します。単に背景として映っているだけでなく、ときには物語の中心にさえなるのがクルマです。そんな、映画に登場したクルマを紹介していきます。

ルパン三世 - カリオストロの城「フィアット 500」


スタジオジブリの宮﨑駿の映画初監督作品である「ルパン三世 - カリオストロの城」で、主人公ルパンの愛車として登場したのが「フィアット 500(2代目 NUOVA 500)」です。
TVシリーズのルパン3世では他にも「メルセデス・ベンツ SKK」や、「アルファロメオ グランスポルト・クアトロルオーテ」なども登場しましたが、「ルパンの車」として最も有名なのは、「カリオストロの城」で登場したクリームイエローの「フィアット 500(2代目 NUOVA 500)」でしょう。

「フィアット 500(2代目 NUOVA 500)」は今でも世界中にファンがおり、現在もレストアして愛用している人も少なくありません。
近年の先進諸国は排気ガス規制が強まり、燃費の悪い車や旧車の扱いは厳しくなっており、フィアットのお膝元であるイタリアでもそれは例外ではありませんが、イタリアではそれと矛盾するような法律として、
新車から25年が経過した排気量1000cc以下の自動車に対して、
・自動車税の免除
・車検期間を2年から4年に延長
・自動車の通行規制が敷かれている都市中心部への進入を許可する
という優遇措置があり、条件が「フィアット 500」に合致するため、俗に「フィアット500保護法」と呼ばれています。
イタリアには超党派のフィアット500支持団体があり、文化遺産・歴史遺産として「フィアット 500」を保護しようという動きがあるほど、イタリアでは愛されています。



バック・トゥ・ザ・フューチャー「デロリアン DMC-12」


「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で登場したタイムマシンの「デロリアン DMC-12」も有名でしょう。
「デロリアン DMC-12」は特徴的なドア(ガルウイングドア)を持つクルマで、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見たことがある方は、このクルマを見ればすぐにわかることでしょう。
カルト的な人気を誇る同車は中古車の市場価格も非常に高く、カスタマイズなどしていない純正の仕様でも約1,000万円程です。

メーカーである「デロリアン」は、DMC-12を製造・販売してすぐに倒産してしまいましたが、同車のファンがデロリアンの設備を買収して新生「デロリアン・モーター・カンパニー」として会社を立ち上げ、DMC-12の修理と、中古車の販売を続けています。

近年は安全対策のために自動車の外装等に対する規制が強まっており、新車として古いクルマのデザインを再現することは出来なくなっていましたが、2015年12月にアメリカで「25年以上前に製造されたクルマのレプリカを数量限定で製造する場合、外装については当時の再現をするために現在の基準を満たさなくとも良い(排気量など、大気浄化法の基準を満たす必要はある)」というレプリカ車を推進する法案が可決されたため、デロリアンが新車として製造されることが発表されました。
生産台数こそ非常に少ないものの、早ければ今年から販売されるとのことです。



ワイルド・スピード「トヨタ スープラ」


ストリートレースに人生を捧げるレーサー達のカーアクション映画であるワイルド・スピード(原題…The Fast and The Furious)で、シリーズ1作目の主人公「ブライアン・オコナー」が使うことになるのが「トヨタ スープラ」です。
映画の冒頭では「三菱 エクリプス」に乗っていましたが、序盤で敵対組織に爆破されてしまったため、スクラップ同然だった「トヨタ スープラ」を修理し、様々なチューンを施して、活躍することになります。
映画ワイルド・スピードでは他にも様々な自動車(主にスポーツカー)が登場し、さらに派手なカーアクションが展開されるため、車好きは必見です。

「スープラ」はラテン語で「至上かつ最高」という意味を持つスポーツカーです。
日本国内向けでは2代目までは「セリカXX」という車名でしたが、米国では当時Xを連記すると映画の成人指定度合いを示すため、輸出するモデルについては「スープラ」と名前を変更しました。
日本でも3代目からは「スープラ」に変更されています。



トランスフォーマー「シボレー カマロ」


自動車などが変形するロボット映画、トランスフォーマーで、主人公「サム」の愛車として登場したのが「シボレー カマロ(5代目)」です。
主人公「サム」のトランスフォーマーである「カマロ」は作中では「バンブルビー」という名前で、主人公と別れる際にウォッシャー液を涙のように流すなど感情表現豊かで、黄色のボディカラーに合った陽気な性格をしています。

「シボレー カマロ」はゼネラル・モーターズがシボレーブランドで展開しているスポーツクーペです(オープンカーのモデルも存在します)。
「カマロ」はフランス語(古語)で友人を意味する「カマラード(仲間、友達)」からとっており、6代目まであるうちの2代目及び5代目「カマロ」がトランスフォーマーで出てくるモデルです。(映画序盤のバンブルビーは2代目カマロですが、「オンボロカマロ」と言われたことを気にして中盤で5代目カマロになります)



バットマン ビギンズ「ランボルギーニ ムルシエラゴ」


新生バットマンシリーズ(ダークナイト・トリロジー)の第1作「バットマン ビギンズ」及び第2作「バットマン ダークナイト」で登場したバットマンこと「ブルース・ウェイン」がプライベート(=バットマンとして活動していない時)で使っているクルマが「ランボルギーニ ムルシエラゴ」です。
「バットマン ビギンズ」では「ムルシエラゴ ロードスター(ソフトトップのオープンカーモデル)」が使われ、「バットマン ダークナイト」では「ムルシエラゴ LP640(通常のムルシエラゴよりもハイパワーなエンジンを搭載したモデル)」が使われています。

ランボルギーニは代々車種名に自社のエンブレムにもなっているスペイン伝統の「闘牛」関連の名前を付けていることは有名で、「ムルシエラゴ」も同名の伝説的な闘牛が由来です。
しかし、「ムルシエラゴ」はスペイン語での本来の意味は「コウモリ」であり、バットマンであり資産家でもある「ブルース・ウェイン」にこれ以上ないくらいベストなチョイスだと言えます。

ちなみに、ダークナイト・トリロジーの最終章である第3作「バットマン ダークナイト・ライジング」ではブルース・ウェインは「ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4」に乗っていました。
「アヴェンタドール」も闘牛の名前ですが、スペイン語の意味は「ファン(扇風機などの羽)」であり、バットマンにピッタリだった「ムルシエラゴ」に比べると今ひとつ関連性が見当たりません。
「ダークナイト・ライジング」が公開されたときには既に「ムルシエラゴ」は生産終了していたため、最新モデルである「アヴェンタドール」が選ばれたのでしょう。



マッドマックス「フォード ファルコンXB GT351」


荒廃した近未来のオーストラリアが舞台の映画「マッドマックス」で、主人公「マックス」がシリーズを通して使っている「V8・インターセプター」のベース車両となったのが、「フォード ファルコンXB」です。
「フォード ファルコンXB」にV8エンジン・スーパーチャージャー・エアロパーツ等を搭載しています。
最初の「マッドマックス」から、最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に至るまで、殆どのタイトルで「V8・インターセプター」が登場しており(3作目の「マッドマックス/サンダー・ドーム」では出てこず)、本作を語る上で欠かせない存在と言えます。
映画はカルト的な人気を持ち、「ファルコンXB」を独自に「V8・インターセプター」風に改造した熱狂的なファンも存在する程です。

「ファルコン」は元々は米国フォードで開発されていましたが、米国フォードでの生産終了後に「フォード・オーストラリア」が「ファルコン」を引き継ぎ、オーストラリアの自動車メーカー「ホールデン」の人気車種「ホールデン・コモドア」に対抗するため、オーストラリア向けに改良を重ねたことで、「ファルコン」はオーストラリアでトップクラスの人気車種となります。



廃車・事故車買取りのカーネクストについて

どんな車も0円以上で買取保証!

突発的に事故した車、動かない車もカーネクストでは全国対応で引取りに対応しています。
レッカー引取りも無料サービスで諸手続きに関しても全て無料です。追加費用は一切ありません。

廃車・買取のお役立ちコンテンツ

廃車の専門家による知恵袋、愛車を廃車にする場合に必要となってくる書類例とサンプルなど、
廃車に関するお役立ちコンテンツを提供しております。

はじめての方へ
廃車の流れ

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の引取り、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

ご売却時の必要書類をチェック
廃車手続き

廃車手続きに関するポイントをご紹介!無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。
査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

廃車の疑問を解決!
みんなの知恵袋

自動車の廃車は頻繁にするものではありません。それが故に「廃車にするにはどうするのか良くわからない」など不安をお持ちの方も多いと思います。 カーネクストでは不安を少しでも解決できる様、良くある質問を知恵袋としてまとめました。日々更新されます。

廃車の疑問を解決!
よくあるご質問

全国のお客様より廃車手続きや引き取りや還付金に関するお問合せを多数いただきます。その中から、よくあるご質問としてまとめさせて頂きましたのでご覧ください。尚、カーネクストは年中無休365日体制でプロのコールセンタースタッフによる廃車サポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

youtubeで動画公開中!

手続き状況確認

契約内容ご確認書に記載されている16桁のお問合せ番号をご入力下さい。

虫眼鏡

月割りで返金! 買取金額とは別に廃車をすると還付金が受け取れます 今すぐ無料査定!

PAGE TOP