車の買い時はいつ?値下げ時期を知ってお得に買おう

廃車のコラム

車は値下げをしてもらいやすい買い時を狙うことで、安く購入できる可能性が高まります。車は価格が高く大きな買い物となるため、少しでも安く手に入れたいところです。

では、1年の中でどの時期が車の買い時といえるのでしょうか。ここでは、狙うべき車の購入時期について解説します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

決算期やボーナス時期を狙おう


新車を購入する場合は、以下の時期が買い時です。お得に車を購入したい方は、狙ってみましょう。

決算期(3月)

新車が一番安くなるのは、決算期である3月です。決算は株価に影響するため、メーカーの株価を高くするためにもディーラーが追い込みとしてどんどん車を売ります。メーカーがディーラーに対して販売奨励金を用意していることも多く、実際に自動車の販売数が最も多いのは3月なのです。

ディーラーはメーカーと取り決めた販売台数を達成しなければならないため、値下げをしてでも車をたくさん売ろうとします。以上のことから決算期は売上よりも販売台数が重視されるため、ある程度の値下げが期待できるということです。

中間決算(9月)

中間決算時期である9月も、販売台数を上げるために多少値下げが期待できます。3月ほど強く売り込むことはありませんが、やはり販売台数を達成するために値下げをするケースが多いといえるでしょう。

ボーナス時期

夏や冬のボーナス時期は、財布が潤った消費者の購買意欲が高まっているので車を販売しやすいです。ボーナス時期に合わせてメーカーが特別仕様車を販売することも、需要が高まる理由といえます。需要が高ければ値引きをしなくても売れるため、大幅な値引きは期待できませんが、車を買いに来た方が確実に車を買ってくれるよう多少は値引きに応じてくれるでしょう。

車によって買い時は異なる


どんな車を購入するかによって、買い時となる時期は異なります。これまでに紹介した買い時以外のおすすめ時期を確認してみましょう。

中古車

決算時期やボーナス時期に売れるのは、新車です。中古車の場合は、4〜5月に最も値引きされやすいといえます。なぜかというと、車を欲しい人が少なく、売上が少なくなりやすい時期だからです。

先述したように、新車は決算期の3月に最も売れます。新車が売れるということは、これまで使用されていた車が中古車として市場に出回り、中古車の供給が多くなるということです。中古車の在庫が増えることで価格が安くなると思われがちですが、そうではありません。

中古車をたくさん売ったとしても、ディーラーはメーカーからの報酬金はもらえないのです。そのため新車をたくさん売る3月は、中古車の価格を下げて安く売る必要はないといえます。結果的に3月は中古車の価格が高く、買い時とはいえません。

3月に新車がたくさん売れると、直後の4〜5月は車の需要が下がります。車を買いたいという方が少なくなるため、中古車を安い価格で販売するのです。

車を買いたい方が少なくなる時期に中古車が安くなる法則は、4〜5月以外にも当てはまります。GWなど大型連休のあとやボーナスの支給前、お盆などは、消費者も財布の紐をしめがちです。そのため購入者が少なくなるので、中古車の価格を値引きして購入につなげることが多いといえます。

モデルチェンジ

車はどんどん新しいものにモデルチェンジしていきます。そのため売れないモデルは大量の在庫をさばくために、値引きして販売するのです。値引き交渉をしなくてもディーラーが安い価格を提示してくれることが多いため、一般的に人気のないモデルは狙い目といえます。

また、モデルチェンジやマイナーチェンジの前後は、古くなったモデルが安くなりやすいです。現在販売しているモデルが古くなってしまう前に売ってしまおう、古いモデルとなったため安く売ろうというディーラーの考えが見られます。マイナーチェンジやフルモデルチェンジ、年次改良が噂になったり、メーカーから正式発表があったりした場合は、古いモデルの購入を検討してみましょう。通常価格よりも安く購入できます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

買う時期が変われば、税金も変わる?


車を購入するときに考えなければならないこととして、税金が挙げられます。車を所有している方に課せられる自動車税や、車の重量に応じて納税額が決定される自動車重量税などです。

車を買う時期によって、税金の額が変わるのではないかと考える方もいるでしょう。自動車税や自動車重量税は、車を購入する時期によってお得になるのでしょうか。実は、支払う税金と車を購入する時期は関係ありません。自動車税も自動車重量税も車を持っていれば必ず支払わなければならない税金のため、車を購入する時期が変わることで免除されることはないのです。

ただし今まで乗っていた車を廃車にする際は、3月までに廃車手続きを済ませることで自動車税の還付が受けられることもあります。例えば9月に廃車手続きを行った場合、その車にかかる10〜3月分の自動車税は還付されるのです。

その車を所有していない時期は、自動車税がかかっていないと判断できるためといえます。自動車税の還付金は廃車手続きが完了した月の翌月から月割計算されるため、早めに手続きをすればそれだけ戻ってくる金額は大きいです。現在使用している車を手放すのであれば、3月末までに手続きを済ませましょう。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

車は価格が高く購入時の負担が大きいため、少しでもお得に購入したいものです。車の買い時とされている時期は、それぞれ値引きされる明確な根拠があります。

新車や中古車だけでなく、車のモデルによっても買い時は違うため、自身がどの車を購入したいかによって最適な買い時を見極めましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。