新車購入時の値引き相場はどれくらい?賢く新車を購入しよう

ピカピカの新車を購入すると、運転がより楽しくなるもの。しかし新車は中古車に比べて高価なので、可能であれば値引きをしてもらって安く購入したいところです。新車の値引き相場は、どれくらいなのでしょうか。 また、お得に新車を購入 … 続きを読む 新車購入時の値引き相場はどれくらい?賢く新車を購入しよう

この記事は約7分で読み終わります。

ピカピカの新車を購入すると、運転がより楽しくなるもの。しかし新車は中古車に比べて高価なので、可能であれば値引きをしてもらって安く購入したいところです。新車の値引き相場は、どれくらいなのでしょうか。

また、お得に新車を購入するためのポイントや注意点についても知っておきたいところです。ここでは、契約前に確認しておきたい新車の値引き情報を解説します。

新車を購入するときの値引きの相場はどれくらい?

まずは、新車を購入するときにどれくらいの値引きが可能なのか、相場を知っておく必要があります。

無理な値引き額を提示して交渉決裂ということがないよう、事前に相場を確認しておきましょう。

5〜15%が目安

値引き額は、選んだ車の種類や購入する時期などによって大きく異なるものです。しかし、基本的には車両本体価格の5〜15%が相場の目安となります。車両本体の価格の5〜15%程度を引いた金額で購入可能かどうか、交渉してみましょう。

一般的に、車両本体価格が高い高級車の方が値引き額は大きくなります。一方、車両本体価格がもともと安い軽自動車などは値引き額が小さくなりがちです。無理のない値引き額を設定できるよう、購入したい車の本体価格を確認しておきましょう。

例外の車に注意しよう

高級車の値引き額は大きくなる傾向にあるとお伝えしましたが、例外もあります。一部の高級車や輸入車は、ブランドイメージを損なわないために値引きに応じないことがあるのです。高い金額でないと買えないと示すことで、高いブランド力をアピールしていると言えます。

また、特殊な機能を誇る車は値引きが見込めないことが多いです。例えば、近年普及が進められている水素自動車。まだ広く普及しているとはいえない特殊な水素自動車は、大幅な値引きが期待できません。

お得に新車を購入するためのポイント

お得に新車を購入したいのであれば、無計画にディーラーに行ってはいけません。事前準備を行った上で交渉を行うことで、値引きできる可能性が高まります。

ここで、お得に新車を購入するために押さえておきたいポイントをチェックしておきましょう。

値引き目標額を設定する

まずは、これだけ安くしてもらいたいという値引き目標額を決めます。先ほど説明したとおり、一般的な値引き額の相場は車両本体価格の5〜15%です。ディーラーでも値下げの限界額は決まっているので、この相場を大きく超えた値引き額というのは基本的に期待できません。

その車を購入した方の口コミや値引き交渉の体験談などは、インターネットに載っていることが多いです。相場と合わせて口コミや体験談などを確認し、どれくらいの金額を値引きしてもらえるかをシミュレーションしておきましょう。現実的な金額を提示することで、値引きに応じてもらいやすくなります。

ディーラーオプションを活用する

新車の値引き額はある程度相場が決まっているので、大幅に超えた値引きは不可能といえるでしょう。しかし、値引き額が決まっているのは車両本体価格です。さらなる値引きを求めるのであれば、ディーラーオプションを活用してみましょう。

ディーラーオプションとは、納車の際にディーラーで付けてもらうオプションのこと。フロアマットやシートカバー、ナンバープレートフレーム、ナビ等が挙げられます。これらのディーラーオプションを取り付けるためにかかる費用は、ディーラーの裁量次第で大幅に値引きされることがあるのです。

代表的なディーラーオプションの値引きといえば、ナビ割。ナビが必要な場合、新車購入時にディーラーオプションとして取り付けてもらうことで値引きを受けられます。必要なオプションは購入時に付けて、値引き交渉をしてみましょう。

ただし、オプションを追加すればするだけ値引き額が大きくなるというわけではありません。値引き額が一定以上になったらそれ以降はお得にならないというケースもあるので、不要なものまで何でも取り付けないようにしましょう。

セール時期を狙う

新車の値引き額は、購入する時期によっても変わります。値引き額を大きくしたい場合は、ディーラーのセール時期を狙ってみましょう。どのディーラーも年に2回程度はセールを行います。購入しようと考えている車を取り扱っているディーラーが、いつセールを行うかをチェックしておくと安心です。

多くの場合、6月、9月、12月、3月にセールが行われます。特に決算月である3月は、ディーラーが売上を確保するために車をたくさん売ろうとするのが特徴。3月に新車を買いに行けば、1台でも多く車を売りたいディーラーの営業マンが値引きに応じてくれやすくなります。

場合によっては、通常の相場を超えた金額で値引きをしてくれることも。大幅な値引きを期待するのであれば、3月を狙ってみましょう。

営業マンとの信頼関係を築く

自分は客だからと強めの態度で値引き交渉に臨む方もいますが、これは正しい態度とはいえません。ディーラーの営業マンも人間ですから、態度が悪い客に対してより良いサービスを提供しようという気持ちは薄らいでしまうもの。営業マンに好印象を与えることで、交渉に応じてもらいやすくなります。

新車は安く購入することだけがゴールではありません。購入後のメンテナンスやアフターフォローなどで、ディーラーのお世話になる機会は多くあります。購入時に担当してくれた営業マンとの付き合いが長く続くこともあり、はじめの印象が後々のサービスの質に影響するケースもあるでしょう。新車をお得に購入するためにも、購入後のサポートを受けるためにも、営業マンとの信頼関係構築は重要だと考えてください。

新車を値引きするときの注意点

新車を購入する際には、いくつか気をつけたい注意点が存在します。ここで確認しておきましょう。

下取りか買取かはケースバイケース

現在別の車を所有していて、新車購入に伴って手放そうと考えている場合は、下取りか買取を選ぶことになります。下取りとは、ディーラーに車を売って購入代金の一部に充当すること。一方買取は、買取専門業者に依頼して車を買ってもらって代金を受け取ることです。

下取りと買取のどちらがよいかは、場合によります。状態のよい車であれば、ディーラーに下取りに出しても価格がつく可能性が高いです。しかし、走行距離の多い車や年数が経過している車、事故車などはディーラーでは買い取り不能とされることもあります。

その場合は、廃車専門買取業者などに依頼することで買い取ってもらいましょう。廃車買取業者であれば、一般的な中古車買取業者の相場よりも高く買い取ってもらえる可能性があります。

特にカーネクストの場合は海外販路を持っているので、車種によっては日本市場向けの中古車の相場以上の高値で買い取る事が可能となります。

見積内容を確認しよう

契約をする前には、車両本体価格やディーラーオプションの金額などを提示した見積書を作成してもらうことになります。見積書の内容は、きちんと確認しておきましょう。

本体価格の何%程度が値引きされているか、ディーラーオプションを付けることでどの程度値引きが適用されるのかなどを詳しくチェックすることで、どのくらいお得に新車を購入できるか判断できます。満足できれば契約に進めばOKですし、不満があればその場で交渉することが必要です。見積内容は契約前にしっかりと確認してください。

まとめ

新車を購入する際は、なるべく値引きしてもらいたいものです。そのためには、基本的な相場や値引き額を確認するとともに、適切な交渉方法を知っておく必要があります。正しい知識を持って交渉することで、営業マンとよい関係を築きつつ値引きをしてもらえる可能性が高くなるでしょう。

新車を購入する前に、現在使用している車を手放したいと考えている方は、カーネクストにご相談下さい。カーネクストでは、年数が経過した中古車も事故車も0円以上で買い取らせていただきます。査定や引取に費用はかかりません。日本全国で買い取りに対応しているので、お気軽にお問い合わせ下さい。