車のローンを一括返済すればお得になる?注意すべきことってある?

自動車の困り事

車をローンで購入する人は多いですが、ローン返済中に臨時収入などが入ることもあるでしょう。もし臨時収入で一括返済が可能であれば、毎月少しずつ返済していくよりも、一括返済したいと考える人も多いです。その方がお得だと考えるでしょう。

では、車のローンを一括返済することで本当にお得なのか、一括返済する上でどんな点に注意すべきなのか解説していきます。

車のローンは一括返済可能なのか


そもそも車のローンは一括返済することができるのかどうか見ていきましょう。

一括返済とは

ローンを利用している場合には、毎月決まった金額の返済を行います。車の購入代金の他に利息も負担しなければなりませんが、まとまった金額のお金を用意できなくても、高額な買い物ができるのが大きなメリットです。

車のような何十万円も何百万円もする大きな買い物をするときには、ローンがよく利用されています。毎月の返済金額はあらかじめ決まっており、予定通りに返済を行っていれば、無理なく完済できる仕組みです。

一括返済というのは、ローンがまだ残っている途中で残債を全て支払うことを指します。臨時収入があったときや、ボーナスが支給されたときなどに一括返済をするケースが多いです。

また、一括返済と似ているものとして、繰上げ返済というのもあります。これは未返済分のローン全てではなく、一部を予定よりも早く返済することです。一括返済するくらいのお金はなくても、ある程度まとまった金額の臨時収入があったときなどに行います。

ほとんどのローン会社で一括返済に対応している

車のローンは、毎月決まった日にあらかじめ指定した銀行口座などから、自動的に引き落としされて、返済する仕組みになっているケースが多いです。そのため、車のローンを一括返済したい場合には、ローン会社に相談してみましょう。

銀行のマイカーローンであれば、ほとんどのところで一括返済に対応しています。相談をして手続きを済ませれば、簡単に一括返済可能です。繰上げ返済に関しても同様に対応してもらえます。

銀行のマイカーローンではなく、ディーラーローンを利用している人もいるでしょう。ディーラーローンの場合にも、ほとんどのところで一括返済可能です。

ただし、稀に一括返済や繰り上げ返済に制限が設けられている場合もあります。

目次へ

車のローンを一括返済するメリット


車のローンを一括返済すればどんなメリットがあるのか具体的に説明していきます。

トータルで支払う金額が安くなる

ローンを返済している間は、未返済の分のお金を借りていることになります。お金を借りている間は利息が発生するため、返済期間が長いとトータルで支払う金額が高くなるのです。

ローンの返済途中で一括返済を行えばそれ以降は利息が発生しません。お金を借りている期間が短くなるので、利息の負担が少なくなり、トータルで支払う金額も安く済みます。

車のローンは元利均等返済方式を採用していることが多いです。毎月一定額の支払いを行い、月割で計算した利息に充当した残りを、元本の返済に充てられます。

初期の段階では未返済分が多いため、利息に充当される金額が多めです。しかし、返済が進むに従って利息の支払いに充てられる分が減り、元本の返済に充てられる金額が増えていきます。

そのため早い段階で一括返済を行えば、それだけ金銭面でのメリットが大きいです。

一括返済時に支払った金額のうち利息の支払いに充てられるのは、月初から支払日までの分の利息だけで済みます。残りは全て元本の返済に充てることができるのです。繰り上げ返済を行うときにも、このメリットが実感できます。

また、ローンの返済状況は信用情報機関に登録されます。ローンを返済中というステータスは、あまり良い状態とはいえません。

しかし、一括返済すればローンを完済した旨の記録が付き、返済実績として扱われます。今後新規でローンやクレジットカードなどを申し込むときに、有利に働くでしょう。

所有権が自分に移る

車検証を見てみましょう。ディーラーのローンを利用していて、返済中の場合には、所有者の欄にディーラーや信販会社の名前が記載されていることが多いです。

車をローンで購入する場合には、その車をローンの担保にします。もしローンを返済するのが困難な状況に陥った場合には、車を取り上げられてしまうということです。

しかし車を勝手に売り、売却代金を持って逃げてしまう人もいるかもしれません。それを防止するため、ローンを完済するまでは、ディーラーや信販会社を所有者として登録しています。これは所有権留保というやり方です。

ローンを完済した後は所有権留保が解除されて、自分が所有者になることができます。そうすると、車に関する処分を自由に行うことが可能です。売却するのも廃車にするのも、譲渡するのも全て自分の意思で行えます

また、自分の愛車なのに所有者が自分でないことに関して気持ち悪いと感じる人もいるでしょう。車検証の使用者の欄には自分の名前が記載されていますが、所有者にディーラーや信販会社の名前が記載されていると、あまり良い気はしません。

ローンを一括返済して、所有者欄にも自分の名前が記載されれば、晴れて正式に自分の愛車になります。これまで以上に車に対して愛着を持てるようになるでしょう。

目次へ

車のローンを一括返済する場合のデメリット


車のローンを一括返済する際にはメリットだけでなくデメリットもあります。

一括返済手数料がかかる場合もある

一括返済はローン会社側から見れば確実に債権を回収できることになります。しかしその一方で、利息による収入が減ってしまうのも事実です。

そのため、一括返済を行う場合には、一括返済手数料を徴収しているローン会社もあります。特にディーラーローンにおいては、一括返済手数料がかかる場合が多いです。

一括返済手数料の金額は、ローン会社によって差があるため、確認しておきましょう。利息収入が減る分を補う趣旨のものであるため、基本的にローンの金利が高いほど一括返済手数料も高い傾向にあります。そのため、ディーラーローンの場合には注意が必要です。

一括返済手数料は、あらかじめ一定額に決められているところもあれば、一括返済額の一定割合と決められているところもあります。また、一括返済手数料の制度を設けているローン会社は、繰り上げ返済に関しても手数料がかかる場合が多いです。

銀行のマイカーローンの場合には、一括返済手数料に関してあまり気にする必要はありません。銀行のマイカーローンだと、そもそも一括返済手数料がかからないところが多く、かかるところでも数千円程度です。

まとまった金額を支出しなければならない

車のローンを一括返済するには、当然のことながらまとまった金額を支出しなければなりませんが、ボーナスや臨時収入で一括返済する人が多いです。

一方でボーナスが支給されたり臨時収入があったりした場合には、何に使おうかいろいろと想像するでしょう。欲しいものを買う人もいれば、趣味に使う人もいます。しかし、車のローンを一括返済するのにボーナスや臨時収入を使ってしまえば、その分だけ楽しみが減ってしまうのが大きなデメリットです。

また、ローンを一括返済することで手元に残せる現金が少なくなります。急な入院や冠婚葬祭など、何かあったときにどうしようか不安になる人も多いです。

そして、ローンがアドオン方式の場合もあるため注意しましょう。アドオン方式だと、予定通り返済することを想定した場合の利息を、あらかじめ支払総額に組み込んでおきます。

利息をその都度計算するわけではないため、一括返済や繰り上げ返済をしても、利息の負担は変わりません。もし、アドオン方式なら、一括返済や繰り上げ返済によるメリットはないため、やらない方が無難です。

目次へ

まとめ

車のローンを一括返済すると利息の負担が減り、トータルで支払う金額が安くなります。

ローン会社によっては一括返済手数料がかかりますが、それでも予定通り毎月返済するよりもお得です。

車の所有者も早い段階で自分に移してもらえるので、臨時収入などがあった場合には、一括返済を検討してみるといいでしょう。