改造車のメンテナンスをわかりやすく解説!メンテナンスと修理、手放す手続きまで

自動車の困り事

車というものは、基本的に移動手段であり、輸送手段です。しかしながら、多くの人が車を手にする今日では、車はその役割を越え、自己表現のひとつとしても位置づけられています。

どのような車を選ぶか、その車種、デザイン、機能、中古か新車か、そしてカスタマイズ。そういったひとつひとつのチョイスが、単なる移動手段の買い物ではなく、車に乗る人自身による自己表現の場として認知されつつあります。

とはいえ、車の改造には制約がありますし、改造した車は整備や修理を受け入れないという業者も珍しくありません。せっかく自分らしい車を作ろうと思っても、こうした基準をクリアしないことには公道を走ることができません。

この記事では、車を改造して自己表現をする方々に向け、改造車の運用やメンテナンス、そして修理について解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

改造車のメンテンナンスや修理はどこでできる?

shutterstock_447885226

車を自分の思い通りにカスタマイズしたいという方は少なくありません。「改造車」というと、ワイドショーやニュースを賑わせる「違法改造車」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、必ずしも改造車とはそうした違法改造のことを指すわけでないことには注意が必要です。

まず最もイメージしやすい車の改造といえば、車の外装を変更することでしょう。車高を低くしたりする改造はよく知られていますが、ほかにもエアロを装着したり、ルーフ・ラックの装着、サンバイザーの装着やホイールをカスタマイズすることも改造の一つのかたちです。

では、どのような改造ならしてよいのか、という点を知る必要があります。基本的には、いわゆる「指定部品」と呼ばれる部品を装着する分には、なにも手続きすることなく装着することが可能です。

サスペンションやマフラーなどを改造する場合には、「構造装置の軽微な変更」とカテゴライズされます。これも手続きを経ることで改造することが可能です。

こうしたものの改造を行った車は改造車となるわけですが、法規制の範囲を越えない、つまり合法的な改造であるのなら、メンテナンスや修理は可能といえます。

メンテナンスや修理が可能である場所としては、一般にディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどがその代表的な場所です。

ただしディーラーの場合には、合法的な改造であってもメンテナンスや修理を渋られる可能性が高くなります。そのような場合には、ディーラー以外の場所でメンテナンスや修理を行う必要があります。

また、これらに該当しない、「違法改造」を行った場合には、どのケースであってもメンテナンス・修理を断られると思って間違いありません。

改造車は違法でないか自分でもメンテンスをしよう

shutterstock_290793860

いかに改造車が自己表現のためのツールであるとはいっても、違法改造車というのは様々な問題があります。もちろん、違法改造が法に違反しているということそのものがまず問題です。より具体的なデメリットとして、先ほども挙げたようにメンテナンスや修理、整備ができない可能性が高いということがその一つです。

また、車に乗っていれば必ず必要となる車検についても、違法改造車は通らないと思って間違いありません。車検に通らないからこそ違法改造車であるのですが、車検に通らなければ、公道を走っただけで法令違反となります。

他にもデメリットがあります。改造車を手放そうと思ったときに、適法・合法な改造車であれば買い取りが可能なケースがほとんどですが、違法改造車の場合には売ることができない場合も多いです。

もちろん、大前提として違法改造車は、道路運送車両法に違反しており、罰則の対象になることは言うまでもありません。

合法的な改造は自己表現として行ってもよいでしょうが、自分の車が違法改造となっていないかどうか、定期的にチェックする姿勢が必要となるでしょう。

違法な改造となっていないかのチェックポイントとして、大きく分けて6つのチェックポイントがあります。

まずひとつは、サイズと重量の規定があります。軽自動車と小型自動車は全長±3cm、全幅は±2cm、全高は±4cm、車両重量は±50kg。普通乗用車・大型特殊自動車では全長は±3cm、全幅は±2cm、全高は±4cm、車両重量は±100kgに収める必要があります。

灯火の色は変更できません。次に、タイヤは車体からはみ出すと違法となります。マフラーは環境対策の観点から、マフラーそのものの取り外し、触媒装置の取り外しは違法改造となります。車の中を見通せるよう、ガラスのフィルムは可視光線透過率70%を下回ってはいけません。外装パーツは、歩行者へ危害を加えるような改造は違法となります。

クラクション・ホーン音は警告音となるため、音楽などのメロディにすることはできません。

これらの法的規制をクリアしなければ、「違法改造」とされてしまいます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

改造車のメンテンスや修理ってややこしい!手放すには?

shutterstock_247023892

改造車に乗用していたけれど、メンテナンスの煩雑さなど、何らかの事情で手放すことになるという場合もあるでしょう。このような場合には、いくつか方法があります。

まず、自分で廃車する場合には、車両の登録抹消手続きをするだけですので、自分自身で廃車手続きをすることができます。改造車に乗っている方はこのような手続きとなるケースが多々あるでしょう。

しかし、改造車を買い取ってもらうことはできないのかというと、そういうわけでもありません。改造車であっても、買い取ってもらえる場合があります。

改造車の場合には、改造車やチューニングカー専門の買取業者がおり、これらの業者を利用することで、一般のディーラーでの下取りや、一般の中古車買い取り業者よりも高い価格帯で買い取ってもらえるケースがあります。

また、買い取りのほか、廃車買取業者に依頼するという選択肢もあります。廃車買取業者の中でもカーネクストの場合には、取り付けているパーツについてもその価値を見出してくれる場合があり、単純な中古買い取りの価格よりも高い価格で買い取ってもらえる可能性もあります。

自分の持っている改造車がどちらに出すとより高い価格となるかは、見積もりを出してもらったり、査定をしてもらったりしなければわからないものです。

手続きの煩雑さから、ついきちんと比較検討せずに手近な業者に頼んでしまえばいい、という思考に陥ってしまいがちですが、せっかく費用をかけて改造した改造車をきちんと価値判定してもらうために、これらの業者の買い取り価格をしっかりと比較検討してから処分をするのがよいでしょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

最近ではカー用品店などでも車のカスタマイズパーツなどを入手することができます。また、車の改造についてのハウツーを掲載している雑誌やホームページも多々あります。

しかし、実際に改造を行うのは自分自身です。どのような改造であれば違法改造とならないのかをしっかりと見極めて改造をする必要があります。

そうでなければ、違法改造となってしまい、公道を走っているだけで違法となってしまうばかりではなく、改造車を廃車にしようとした際にも買い取りを拒否されたり、極めて安い価格での査定となってしまう可能性があります。

合法・適法な改造である場合には、改造車・チューニングカー専門の買い取り業者があるほか、廃車専門の買取業者もあります。どちらの価格であれば自分が損をしないかをしっかり見極める必要があるでしょう。

改造車・チューニングカーの買取を依頼する場合には、カーネクストで愛車の価格をチェックしておくとよいでしょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。