後方の視界が良い車と悪い車を紹介!

自動車の困り事

車の運転をする時に、気になるのが後方の視界です。後方の視界がよいか悪いかによって精神的にも大きな影響を与えます。また、後方の視界がよいとバックをする時にもとても楽です。駐車が苦手という方にとっては必須でしょう。

では、後方の視界が良い車と悪い車には、いったいどのような特徴があるのでしょうか?解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

後方視界の良い車3選

車を運転する際には広い視野を確保することが、安全運転に大きな影響を与えます。とくに、後方の視界はとても重要です。バックをする時などにも、後方視界がよいのか?悪いのか?はとても重要です。後方視界のよい車を3つご紹介します。参考にしてみてください。

駐車や進路変更の際の安全を守るために重要な後方視界の良い車

普段車をよく運転される方であれば、後方視界の重要性を認識していることでしょう。駐車する際にはもちろんですが、進路変更をする時にも他の車の位置を把握したり、周囲の状況を把握したりするために後方視界はとても大切です。

安全確認を正確に行うためにも、できるだけ後方視界のよい車に乗ることをオススメします。逆にいえば後方視界の悪い車の場合には、事故につながる可能性もあるのです。単純に後ろが見やすいか、見えにくいかはドライバーに与える精神的なストレスもまったく違います。

ポルシェ911

後方視界のよいスポーツカーとしてよくいわれているのが、ポルシェ911です。どのような点が後方視界がよいと呼ばれる理由なのでしょうか?ポルシェ911はスポーツカーとしては、リアウインドウが大きいため、ルームミラー越しの後方視界がよく、そういった意味では運転しやすいです。

また、スポーツカーとしてリアのサイドウインドウが大きい特徴もあります。スポーツカーの中では、後方視界のよい車といえます。

WRX STI

スバルWRXの場合には、比較的ウイングの位置が高く、視野には悪影響を与えないのがとても嬉しいポイントです。速く安全に走るための機能と後方視野が確保できる点でしっかりと両立しています。運転する人にとって、後方視界がしっかり確保されているのは大きなポイントです。

スズキスペーシア

スズキスペーシアは軽自動車であるため、元々のサイズは小さく、後方視界もよいといわれています。後方視界がよいので、駐車する際にはとても最適な車であるといわれています。

後方視界の悪い車

では、逆に後方視界の悪い車にはどのようなものがあるのでしょうか?後方視界の悪い車はとても運転しづらいです。駐車する際や車線変更をする際などに後方の車の状況、周囲の状況を正しく把握することができません。死角が生まれてしまうので不安になります。後方視界の悪い車を運転する際には、事故につながらないようにするためにも十分な注意が必要です。

トヨタC-HR

後方視界の悪い車として、よくいわれているのがトヨタC-HRです。なぜ後方視界が悪いのかというと、リアウインドウが寝ているため後方視界が狭いといわれています。

さらに、このトヨタC-HRの場合にはクォーターウインドウがないので、駐車をする際など斜め後方の視界が把握しづらいといわれています。ですから、駐車をする際などには十分注意をする必要があります。

ランサーエボリューションX

また、後方視界の悪い車の1つとしてあげられるのが、ランサーエボリューションXです。この車の後方視界が悪いとされる理由は、大型リアスポイラーによるものです。また、スポイラー本体が長いので、それによって後方視界を遮ってしまうことになります。

そのため、日中であっても後続車の判断が難しいといわれています。後続車の状況がわからないのは精神的にも大きな不安になるでしょう。

ランボルギーニアヴェンタドール

ランボルギーニアヴェンタドールも後方視界が悪いことで知られています。そもそもスーパーカーにそのような後方視界がよいとか、悪いとかいう事を求めるのはおかしいという人もいるでしょう。しかし、やはり後ろが見えづらいというのは困りますよね。

具体的にはどのような部分が悪いのかというと、斜め後方の視界です。Cピラーの太さやウエストラインが高いのが理由でしょう。

さらに、左ハンドルなので場所によってはミラーで確認しようとしても、右側の後方を確認することがとても困難であるといわれています。右の後方が確認できないととても不安になってしまいますよね。車線変更や高速の出口などではとくに重要です。

車を運転している人であればよくわかりますが、一般道はもちろんですが、高速道路などで後方の車の状況がわからないのはとても怖さを感じます。この車に1人で乗るというのはかなり厳しいでしょう。誰かにサポートしてもらわないと難しいです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車の視界を良くするいくつかの要素

車の視界を良くするのに大切な要素とはいったいどのようなものなのでしょうか?車の運転をする人にとっては、やはり車の視界をよくしたいと考えている人の方が圧倒的に多いですよね。車の視界をよくするため、いくつかの要素について知っておきましょう。とくに、免許を取得してからすぐの場合には、後方視界のよい車がオススメです。後方視界がよい車と後方視界が悪い車では精神的にも全然違います。

6つの要素

車の視界をよくする要素について、大きく分けて6つの要素があるといわれています。その6つの要素とはいったいどのようなものなのでしょうか?以下に車の視界を良くする要素を6つあげてみました。もしも、これから車を購入するといった場合には参考にしてください。

・ボディ形状が角張っていてボディの端を目視で確認しやすい

・Aピラーが立ち気味でドライバーに近く、斜め前方に死角を作りにくい

・着座位置が高く、必然的に目線も高くなり視界が広い

・ダッシュボード上端やショルダーラインが適度に低い

・リアウィンドウが近く面積が大きい

・運転席から見たCピラーもしくはDピラー(リアウィンドウ両端の柱)の面積が小さい

以上のような条件を満たしている車の場合には、後方視界がよいという風に感じることができます。車を安全に運転するためには、このような後方視界がよい車を運転するのがオススメです。後方視界がよい車と後方視界が悪い車では、安心感がまったく異なります。

とくに、運転免許を取ってからはじめての車に乗るという場合には、後方視野のよい車を選ぶようにしてください。まだまだ運転に慣れていない状況の中で、後方視界が悪い車を選んでしまうと、単純に運転をしづらいだけでなく精神的にも大きな不安を抱えてしまうことになりかねません。

運転に慣れていないうちは、車のかっこよさなどで選ぶのではなく、安全性に優れた車、とくに後方視界がはっきりと見えやすい車を選ぶようにすることをオススメします。そして運転に慣れてきたら、後方視界があまり優れていなくとも、自分の運転技術でカバーすることができると感じていれば、好みの車を選ぶとよいでしょう。

いきなり後方視界が悪い車に乗ってしまうと、かなり高い確率で事故を起こしてしまいます。まずは安全性が重要です。

まとめ

後方視界が良い車と後方視界が悪い車があります。頻繁に運転している人であればよくわかると思いますが、後方視界がクリアなのは安全性を確保する上でとても重要です。駐車をする際、車線変更を行う際などには特に大事なポイントになります。

一般道はもちろんですが、高速道路などでは後方視界がしっかりと確保されていないと、事故を起こしてしまう危険性もあります。安全に運転をするためにも、後方視界の良い車を選ぶ事がオススメです。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。