修復歴のある車とは?修復歴が中古車の価値を決める?

廃車のコラム

中古車を売る際に気になるのは査定価格。古い年式の車でも良い値で売れることもあれば、比較的新しい車でも安い値でしか買い取ってもらえないこともあります。

中古車の値段は年式や型、走行距離など、いろんな要素を考慮して決められます。

そして、中でも重要になるのは修復歴があるかどうかです。ここでは車の修復歴とは何なのか、また修復歴がどのように査定額に影響を与えるのか解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

事故車と修復歴は同じ意味?

shutterstock_578326603

中古車を「売りたい」「買いたい」という時に気になるのが事故歴や修復歴です。事故歴と修復歴との違いをご存じですか?自分の車が事故歴ありの車なのか、それとも修復歴ありの車なのか、よく分からないという方も少なくないと思います。

まずは修復歴とは何なのか、事故車とどう違うのか理解しておきましょう。

修復歴とは一体?

一般的には交通事故などで凹んだり、修理が必要となったりした車を事故車と呼んでいます。しかし、自動車業界では「事故車」という言葉は使いません。交通事故によって修理が必要となった車は「修復歴車」と呼んでいます。

ただし、「事故車=修復歴車」というわけではありません。車は交通事故以外の理由でも凹んだり、修理が必要となったりします。例えば、自然災害などに巻き込まれてルーフパネルに損傷が生じ、交換したというケース。この場合は交通事故に遭ったわけではありませんが、修復歴のある車となります。

また、「事故歴のある車=修復歴のある車」というわけでもありません。例えば、自宅の車庫に車を入れる際に操作を誤って軽くぶつけてしまい、ドアが凹んでしまったというケース。板金屋さんで修理したとしても、それは修復歴車とは呼びません。

ほかのケースとしては、走行中に急ブレーキをかけた前の車にぶつかってしまい、バンパーやライトを交換したという場合。これも事故歴がある車にはなりますが、修復歴がある車にはなりません。

修復歴があるかないかは修理・交換した部分で決まる

修復歴がある車と呼ぶかどうかは、どの部分を修理、もしくは交換したかで決まります。もしも下記に挙げる部分の中で1カ所でも修理した、交換したという部分があれば修復歴車となります。

  • フレーム(サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア

これらの部分は車の骨格(フレーム)にあたる部分なので、この部分にダメージを受けると車全体に与える影響が大きくなります。そのため、この部分の修理や交換をした車は修復歴ありとされてしまいます。

しかし、ここに挙げた骨格以外の修理・交換をしたとしても、修復歴車とはなりません。

例えば、ボンネットを交換したり、エンジンを載せ替えしたり、ドアやフロントを交換したという場合、車の骨格部分の修理・交換ではないので、修復歴には入りません。

修復歴ありなしで中古車の値段は変わる?

shutterstock_597873719

中古車の販売店やサイトで年式が新しい割に安い車を見ると、「事故車なのかな?」と思う人が多いと思います。修復歴があるかないかで中古車の値段は変わるのでしょうか?

修復歴があるかどうかで中古車買取の値段は大きく変わる

実際に中古車買取の値段は、修復歴があるかないかで大きく変わります。一般的に修復歴のある車はそうでない車と比べて買取の値段が7~8割にまで下がります。

7~8割ですから、修復歴のない車が50万円で買い取ってもらえるところ、修復歴のある車だと35万円~40万円でしか買い取ってもらえないということになります。ただし、通常なら30万円で買い取ってもらえる車の場合は、修復歴ありの車でも21万円~24万円なので大きな開きはないように感じるかもしれません。

このように価値の高い車ほど、修復歴があるかないかで査定額が大きく変わるので、修復歴のあることによる損失が大きくなります。

とはいえ、修復した部分の範囲や修理の仕方によっても査定額は変わってきますから、一律7~8割というわけではありません。それよりも低いこともあります。売ろうと思っている車が、修復歴のない車の5割~6割の値段で査定されるということもあるでしょう。

修復歴が付く場合、廃車にする方法も。

交通事故を起こした車を修理して売ろうと考える人は少なくないと思います。事故車をそのまま売るのは難しいので、売りたいならまずは修理をしてからということになるのですが、事故の程度によっては修理をして売るよりはそのまま廃車にした方がいい場合もあります。

というのは、先ほども述べたように修復歴が付く車はそうでない車と比べて査定額が低くなるからです。ですから、仮に修理代に10万円、20万円という費用がかかった場合、修復歴車であるがために中古車買取の値段が20万円くらいにしかならなかったら、ほとんど利益は出ません。場合によっては修理代の方が高くつくということもあるでしょう。

このように車を修理に出す手間・費用と比べて、最初から車を廃車にした方がいいというケースもあります。車を中古車買取に売る前に車の修理が必要な場合は、修理にかかる費用と修理後の車のだいたいの査定額を比較して、どちらがお得になるかを判断した方がいいでしょう。

中古車買取店でも査定額は変わる

車の査定額は中古車買取店によっても異なります。「A店では30万円といわれたけど、B店は40万円で買い取ってくれるといわれた」ということはよくある話です。ですから、中古車を売りたい場合は、複数のお店で査定してもらうといいでしょう。廃車を考えていた車でも、お店によっては納得のいく値段で買い取ってくれることもあるかもしれません。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

修復歴は隠すことは出来る?

shutterstock_436365916

車に修復歴があると査定額が下がるので「修復歴を黙っているといいのでは?」と考える人もいるかと思います。しかし修復歴を隠すのはおすすめできません。

なぜなら査定士はプロですから、車を調べれば修復歴があるかどうかは判断できるからです。一応確認のために「修復歴はありますか?」と聞かれることはありますが、そこで「ありません」と答えたからといって、査定士がそれをそのまま鵜呑みにして車の状態を調べないということはありません。ですから、修復歴は黙っていればバレないだろうと考えるのは間違いです。

もしも「修復歴はない」と偽って、すでに売買契約が完了したとしても、後になって実際には修復歴があることがバレてしまった場合、大幅な減額や契約キャンセルが可能となります。あらかじめ修復歴があることを正直に申告しておいた方が減額は最小限にとどめられることが多いので、修復歴がある場合は正直に伝えるようにしましょう。

すべての事故歴を申告する必要はない

車の査定に影響するのは修復歴があるかどうかですので、事故歴があっても修復歴のある車ではない場合、わざわざ伝える必要はありません。事故歴と修復歴の違いについては先ほどお伝えしたとおりです。車の骨格にあたる部分の修理や交換をした場合は修復歴ありとなります。

しかし、事故歴があっても車の骨格にあたる部分の修理をしたわけではない場合は、修復歴があるわけではないので伝える必要はありません。仮に車の査定時に「事故歴はありますか?」と質問された場合は、「車の修復歴はありません」と答えるといいでしょう。

減額が大きい場合は廃車という選択肢も

修復歴があることを伝えたら、「大幅に減額されてしまった」ということもあると思います。その場合、複数のお店で査定してもらいましょう。どこのお店に行っても減額が大きいようであれば、廃車という選択もあります。

廃車買取業者であれば、「もう使えない」というコンディションの車でも買い取ってもらうことができます。もし中古車として売るのが難しいという場合は、廃車買取業者にも相談することをおすすめします。

まとめ

車の修復歴についてお話しました。

事故車と修復歴車の違い、理解していただけたのではないでしょうか?修復歴があるかどうかで中古車の査定額は異なります。

修復歴のある車を売ることを考えているなら、複数のお店で見積もってもらって少しでも高い料金で買い取ってくれるお店で売るといいでしょう。

また、修復歴ゆえに減額が大きい場合は、廃車という選択肢も考慮してみてください。カーネクストなら相応の金額で買取が可能です。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。