中古車は返品できる?トラブルを防ぐ購入方法は?

自動車の困り事

新車を買うほど余裕もないからとせっかく良い中古車を手に入れた、それもつかの間、故障が頻発するなどのトラブルが続くと辛いものですね。

そんな中古車トラブルにお悩みの方の返品問題について、さらに泣き寝入りせずにすむ中古車購入時の注意点についてもご紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

不具合があっても中古車は返品できない?その理由は?

結論からいうと中古車の返品はできないケースが多いようです。

これは、中古車に関してはさまざまなトラブルなどの相談窓口にもなっている消費者センターが請け負うクーリングオフの対象外になっているためです。ご存知の通り、クーリングオフは特定商取引法に定められた法律であり、そこに対象外であることが規定されています。

ただしご安心ください。これはあくまでも原則の話であり例外も定められています。では消費者契約法の以下の条文をご確認ください。

上記は裁判などでよく引き合いに出される条文ですが、ポイントをご紹介します。

要は、中古車を販売した業者側に「不実告知」と「不告知」があった場合にのみ返品や契約解除ができるというものです。

車が事故車であり、かつ未だ故障部分があると仮定して考えると「不実告知」は、事故車ではないと(事実でないことを)告げることを意味します。また「不告知」は未だ故障部分が残っていることを告知しなかったことを意味します。

このようなケースは、例え中古車であっても返品可能です。

また、走行に支障をきたすほどの欠陥がある場合に限って「瑕疵担保責任」を問うことができます。

ただし注意しておきたいのは過失を問うことが現実的に可能な期間です。基本的に納車後だと走行中の過失を問われるため、販売店に返品や「瑕疵担保責任」などを問うのは難しくなることを知っておきましょう。

具体的な期間としては走行に支障があると知った時から一年以内という期限が定められています。

このような中古車トラブルに巻き込まれたという話は意外に多いものです。ピンキリともいわれる中古車市場ですが、そういった現実があるからこそ廃車買取では安心していただける買取を心がけています。

一般の方だと一見何の問題もないと感じてしまう中古車も、傷であったり、故障があったりすることでトラブルに巻き込まれる可能性もあります。もし「車両状態説明書」に記載されていない場合は「瑕疵担保責任」に問うことができます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

返品保証が安心?中古車の購入するときの注意点

中古車を購入した場合に起こるさまざまなトラブルを、販売店やディーラーと交渉するのは大変そうだなと感じるひとも多いのではないでしょうか?

そうなるとせっかく購入した中古車を返品して嫌な想いをする前に注意点などを知っておくことが重要になります。

1つ目は中古買取業者などでもサービスに組み込まれている返品保証がある販売店で購入することです。もちろん返品保証がなされる期間にも期限が定められています。しかし、このようなサービスがついていることは安心ですよね。

また返品保証サービスには、販売店によってさまざまな規定があるので知っておいてください。

  • 走行距離〇キロ以内であること
  • 保証料(返金不可)を購入時などに負担すること
  • 中古車を買うにあたって下取りした車は戻らない

このような規定があれば、返品は難しいのではないかと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこで知っておいていただきたいのが中古車を購入する際に「修復歴」がない車を探すことです。

ちなみに「事故車」という表現は、事故を起こした車という意味ではありません。「修復歴車」と同じ意味であり、修理をした経歴のある車を指します。

また部品・パーツなどの交換は販売店に申告義務がないため、後から知ったとしても責任を問うことができませんので注意してください。

中古車の購入を検討しているものを確認する際には、必ず以下をご確認ください。

・左右、前後など様々な角度から見て歪みはないのか?

→修理歴がある可能性の確認

・シートなどに落ちていないシミが残っていないか?

→事故による血痕が消えずにシミになっているケースもあり

・シート、車内に臭いはないか?

→汚れやどこかからオイル漏れをしている可能性など

・サビがないか?

→可能であれば車体外装はもちろん、ボディ下部も確認

・車両状態説明書(販売店が作成)の確認

→提示できない場合は、そもそも検討の余地なし

これらを1人の目で確認するのではどうしても不十分です。車に詳しい第三者に同行してもらう、また資料を確認してもらうことも大切です。特に車両状態説明書は販売店によって表記の仕方にバラつきがあることから、1人で見比べるのには限界があります。

さらに中古車を購入する方の中には、値段を安くしたいという気持ちがあるため、価格にばかり目がいってしまいがちです。そうなってしまうことが、中古車の返品トラブルの落とし穴だともいえます。

車を買い替える場合は、保証の有無やサービス内容、中古車購入時の注意点を確認するようにして下さいね。

まとめ

これから中古車を購入しようと考えている方に向けて、万が一の返品に対する疑問点をご紹介してきました。

自分に合った中古車を選んで満足いくカーライフを楽しんでくださいね。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。