4WDは燃費が悪いって本当?どんな使い方に向いている?

自動車の困り事

4WDの車は雪道や悪路でも走りやすいとよく聞くでしょう。

一方で、燃費があまり良くないという話も、聞いたことがあるかもしれません。

車を購入する際に4WDにするかどうかで迷う人も多いです。ここでは4WDの車について詳しく解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

4WDとはどんな車のことを指すのか


現在流通している車の多くは2WDといって、前輪か後輪のどちらかのみ駆動する仕組みになっています。駆動しない方のタイヤは、ただ引っ張られているだけです。これに対して、4WDというのは、前輪と後輪の両方が駆動する仕組みの車を指します。四輪駆動を意味する「4 Wheel Drive」の頭文字を取って4WDと呼ばれています。

国内で販売される新車のうち4WDの割合は2割程度で、あまり主流ではありません。同じ車種の車で2WDと4WDを比べた場合には、4WDの方が車両価格が高く、車体の重量も重いです。

通常、4WDの車を購入する人は、目的があったり、使い道を考慮したりして4WDを選んでいます。

4WDと聞くとミニバンやSUVなどの大きな車をイメージする人が多いかもしれません。しかし、軽自動車などの小さい車でも4WDはあります。

また、4WDにはいくつか種類があり、前輪と後輪の駆動の仕方が異なります。多くの人が4WDと聞いてイメージするのは、フルタイム4WDでしょう。走行中は常に前輪と後輪の両方が駆動するタイプです。

ただ、実際に出回っている4WDの車の多くは、常に4WDで走るわけではありません。4WDでも、2WDでも走れるように作られている車が多いです。4WDで走る必要がないときには、2WDで走ってガソリンの消費を抑えます。そのうちで、運転者が手動で2WDと4WDを切り替えできるのが、パートタイム4WDです。平らな道路を走るときには、2WDにしておき、雪道や悪路だけ4WDに切り替えるといった使い方ができます。

他にフルタイムパートタイム複合式というのがあり、フルタイム4WDとパートタイム4WDの両方のシステムを搭載しており、どちらとしても使えるタイプです。

運転者が自分で切り替えるのではなく、自動的に切り替わるタイプもあります。スタンバイ式というもので、普段は2WDで走行し、センサーがタイヤの空転などを察知すると、4WDに切り替わる仕組みです。

同じ4WDでも、タイプが異なると使い勝手もだいぶ違います。そのため、4WDの車を購入するのであれば、どのタイプなのかも確認しておきましょう。

4WDの車はなぜ燃費が悪いのか


4WDは燃費悪いイメージが強いでしょう。車を購入する際に、燃費を重視して選ぶ人は、4WDの車は避けることが多いです。そして、イメージだけでなく、実際にほとんどの車種で2WDと比べて4WDの燃費は良くありません。

4WDの車は2WDと比べて使用している部品の数が多いです。現在流通している2WDの車は、ボンネットが車体の前方にあります。ボンネットの中にエンジンが入っており、すぐ近くにある前輪を駆動させるという仕組みです。

4WDの車も車体前方のボンネットの中にエンジンがありますが、後輪も駆動させなければなりません。そのため、プロペラシャフトやリアデフなどの部品を使用します。プロペラシャフトもリアデフも2WDの車には使われておらず、比較的重量のある部品です。その分だけ必然的に車体が重くなり、燃費にも影響してくるでしょう。

4WDの車の重量を同じ車種の2WDと比べてみると、軽自動車だと50キロ程度重いです。ミニバンだと90キロ近くも差があり、常に大柄な男性1人を乗せているのと同じということになります。燃費が悪いのも頷けるでしょう。車体重量の他に駆動抵抗なども影響してきます。

ただ、車種によっては一概に燃費が悪いとも限りません。特に最近の4WDは以前と比べると燃費性能がかなり改善しており、2WDとあまり差のない車種もあります。例えばマツダのCX-3は、2WDだと1リットルあたり19.3キロで、4WDだと18.2キロです。僅かな差しかありません。

最近というほど新しくはありませんが、トヨタの初代アルファードも4WDの燃費が良い方です。2.4リットルエンジン搭載モデルのカタログ燃費は、2WDが1リットルあたり9.7キロで、4WDだと9.4キロです。4WDと2WDでほとんど差がありません。用途によっては4WDの方が燃費が良くなることもあるくらいでしょう。ハイオク仕様の3.0リットルエンジン搭載モデルでも、2WDで1リットルあたり8.9キロ、4WDだと8.6キロです。

最近の車種だと他にも、4WDで燃費が良い車が多く、2WDとの燃費の差はほぼ10パーセント以下です。4WDは燃費が悪いというのは、過去のイメージになりつつあるでしょう。燃費が悪いことで4WDを敬遠していたのなら、次に車を買い替えるときに4WDにするといいかもしれません。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

4WDの車に向いている人


4WDの車は、平らな道路を走行しているときには、2WDの車との違いは分かりにくいですが、坂道や悪路を走ると、4WDの快適さが分かります。

坂を上るときには、2WDだと前輪だけで四苦八苦するような具合です。これに対して、4WDだと後輪も同時に力を加えられるので、かなり楽に上れます。雪道や凸凹の多い道路でも、後輪が同時に回るか、ただ引っ張られているだけかどうかの差は大きいです。

これと言って必要性を感じていなくても、何となく4WDの車が欲しいと思っている人もいるかもしれません。しかし、特に目的がなければ、あえて4WDにする必要はないでしょう。燃費が良い車種もありますが、車両価格は2WDよりも高いです。雪が積もらない地域で、普段の通勤や買い物などに使うのであれば、2WDで特に不便することはありません。

逆に、雪が積もる地域に住んでいる人であれば、なるべく4WDの車を使うのがいいでしょう。走行が快適になるだけでなく、安定するので事故の防止にもつながります。国内全体では、2WDと4WDの比率は8対2くらいですが、雪国の地域に限定すると、その割合は逆転します。北海道では7割くらいが4WDです。東北地方や日本海側の地域でも4WDの車を使っている人はかなり多いでしょう。

雪の降らない地域に住んでいる人でも、アウトドアで車をよく使う人には4WDがおすすめです。山道などを走行するときに、4WDの性能を発揮します。車に乗ってキャンプに行くときなどにピッタリでしょう。スキーやスノーボードをしにスキー場に行くときにも、4WDの車で行けます。アウトドアの場合には、荷物をたくさん積み込むので、ミニバンやSUVなどがいいでしょう。

車の買い替えを検討の場合
今まで2WDの車を使っていた人が4WDの車を購入する際には、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

一昔前までは燃費が悪いと言われていた4WDも、最近ではかなり燃費が向上しています。

雪が積もる地域に住んでいる人は、なるべく4WDの車を使うのがいいでしょう。雪道も坂道も快適に走行できます。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。