事故車の修理代ってどのくらい?修理費が高い場合の対処法

事故を起こしてしまった時、人の怪我の確認が終わった後に出てくるのが、車の修理に一体いくらかかるのか、という費用の心配ではないでしょうか。 保険を使えば修理時に支払う金額は安くなりますが、後々の保険料金の割引率が低下してし … 続きを読む 事故車の修理代ってどのくらい?修理費が高い場合の対処法

この記事は約6分で読み終わります。

事故を起こしてしまった時、人の怪我の確認が終わった後に出てくるのが、車の修理に一体いくらかかるのか、という費用の心配ではないでしょうか。

保険を使えば修理時に支払う金額は安くなりますが、後々の保険料金の割引率が低下してしまいますし、事故なし級としての割引率が使えなくなってしまいます。

そのため、自腹で修理費を負担するか、等級がダウンしても保険を利用すべきかという悩みが出てきますよね。とはいえ、実際に自腹負担ができる程度の金額なのかどうかを知らないと、判断ができないかと思います。

そこで今回は、事故車の修理にかかる費用相場を修理箇所ごとに紹介します。

事故車は修理して乗り続けるべき?処分すべき?

エンジン交換

修理費用:50~90万円

事故を起こした時にエンジントラブルが起きると、部品交換ではなくエンジン自体の取り替えになることが多いです。国産車ではエンジン本体の値段は50万前後が目安ですが、外車や高級車の場合は数倍かかると思った方が良いでしょう。

また、事故車の中にはエンジン部分が破損してしまい、このままでは走行できない状態のものもあります。

その場合、エンジン以外の部分の修理費も合わせると、車の買い替え検討が必要なほどの額になることも少なくありません。

フレーム交換

修理費用:数万~数百万円

フレームに歪みが出た場合は板金加工で修理することになりますが、相場としてはその周囲のパーツの解体等の工賃と合わせて10万円から100万円程度での修理となります。

ですが、走行できないほどの損傷があった場合は、最低でも100万円はかかり、車の買い替えよりも高いお金がかかることも少なくありません。

保険会社より全損と判断された場合では、買い替えという選択が無難でしょう。

バンパー交換

修理費用:1~20万円

フロントバンパー、リアバンパー問わず、修理することが多い部位です。

5cm四方程度の小さな凹みやキズならば1万円程度で済みますが、部分修理や一本塗りで3~5万円程度かかります。

また、パンパーが折れてしまっていたり、板金や塗装での補修ができない場合はまるごと交換になります。

部品の手に入りやすさによって5~20万円ほどの修理費がかかってきます。これは車種にもよるので一律ではありません。

修理費が5万円を超えるようであれば、新品のパーツに交換した方が良いこともあります。

事故車の状態によっては修理代が大きく変動する?その理由は?

修理代を変動させる理由は主に4つあります。

事故車の修理代によっては、数千円で済む金額のこともあれば、数百万を越えたり、新しい車を購入するのと大差ない金額がかかることもあります。

それほどに大きく修理代が変わる理由は、大きく分けて4つあります。

故障箇所

例えば、バンパーのように板金などで修理が簡単にできる箇所もあれば、エンジンのように修理が難しく、たいていの場合交換が必要になる箇所もあります。

修理のし難い箇所や車の骨子にあたる重要な部分は値段が高くなることが多いです。

故障程度

同じ場所を損傷したとしても、少しかすっただけであれば数千円で修理できるものでも、大きな傷がついていたりへこんでしまったり、大きく歪んでしまっている場合には数十万かかることもあります。

修理工程

同じ場所を損傷したとしても、少しかすっただけであれば数千円で修理できるものでも、大きな傷がついていたりへこんでしまったり、大きく歪んでしまっている場合には数十万かかることもあります。

修理工程

修理代金と交換代金を比べれば、交換代金の方が倍以上に高くなります。

修理をするとしても、パーツの交換なのか、板金での修理なのかによっても修理代は大きく変わります。

どの程度の修理が必要なのかは、見積もりを出してもらってチェックすると良いでしょう。

車両の種類

国産車なのか、外車なのかによっても代金は大きく変わってきます。

外車は部品のパーツを海外から取り寄せて修理するため、そこにかかる労力と費用が上乗せされるからです。

また、国産車の中でも高級車の場合は、外車と同じくらいのお金がかかることもあります。

中には修理自体を断られてしまうケースもある

ここまで車の修理ができることを前提としてご紹介してきましたが、車の修理が不可能な全損になると修理自体を断られてしまうこともあります。

また、修理代よりも同じ型と年代の中古車に買い換えた方が安くなる場合も全損という扱いになり、保険を使っても修理費は全額おりません。

その場合は、買い替えという選択肢しかなくなりますので、カーネクストのように廃車費用が完全無料で、なおかつ鉄資源として買取を行ってもらえる業者に申し込みする事になるでしょう。

事故車は修理して乗り続けるべき?処分すべき?

事故車を修理して乗り続けるべきか、それとも修理に出さずに処分した方がいいのかということを考えた時に、処分の方法が分からないと選択しづらいですよね。

事故車の処分方法として、中古車買い取り業者へ査定してもらうという方法や、ディーラーから下取査定してもらうという方法があります。

また、車を修理したり買い取ってもらったりするのではなく、廃車に出すという方法もあります。

この場合は、ただ廃車とするだけでなく、少しでもお金がもらえる廃車買い取りサービスを利用した方が良いでしょう。

事故車の場合はむしろ処分費がかかるケースが多い

実は、中古車買取業者への査定やディーラーの下取り査定については、事故車の場合は買取を拒否されてしまう可能性があります。

中古車として販売できるような車であれば事故車でも修理して販売できますが、性能に関わる部分が損傷していたり、そもそも走行距離が長かったり、旧式の車であった場合は買い取ってもらえないということもあります。さらに処分を業者に任せることになると、買取費用が出ないばかりか処分費を別途請求されるこもあります。

廃車買い取りサービス

事故車は中古車としては買い取ってもらえないと言いましたが、廃車買い取りサービスでならそれなりの値段で買い取ってもらえることがあります。事故車は車としては使用できなくても、解体してパーツと鉄くずに分ければそれぞれに価値があることがあります。

こうした廃車買取の業者は、事故の影響を受けていない部品を査定して、買い取りますので買い替えのための資金にあてることができるんですよ。

故障して動かない車であっても全国対応、0円以上で買い取ってくれるカーネクストなら、どんな事故車であっても査定してくれます。レッカー代や廃車手続き費用もかかりません。

修理代が高すぎるとお悩みであれば、廃車として一度見積もりを請求してみてはいかがでしょうか?

まとめ

このように、事故を起こしてしまった場合の車の修理には、かなり高額の修理費がかかることも少なくありません。

そのため、修理にお金を使うよりも、事故車は廃車買取サービスに出してしまって、買い取ってもらったお金を資金に回して新しい車を買った方が安く済むこともあるのです。

どの程度の修理が必要なのか、どのような車種の車に乗っているのかなどによっても大きく異なって来ますので、修理代も廃車買取代も見積もりを取って、より良い選択をすると良いでしょう。カーネクストならどんな事故車でも買取査定を行っています。処分にお困りの車があれば、買取査定のお申込みをおすすめします!