オルタネーターに異音?その原因や対策とは

自動車の困り事

自動車を構成する部品の1つである、オルタネーターをあなたは知っていますか?このオルタネーターとはいったいどのようなものなのでしょうか?また、オルタネーターが故障する場合にはどのような症状が見られるのでしょうか?

オルタネーターの故障の原因、交換や修理費用などについて、解説していきます。車を頻繁に運転する人はきちんと覚えておくことをオススメします。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

オルタネーターに異音?故障の原因

オルタネーターに異音がする場合には、どのような原因が考えられるのでしょうか?オルタネーターの故障の原因について解説していきます。異音にはさまざまな原因がありますが、部品などの寿命が原因の場合もあります。故障の原因についても理解しておくようにしてください。

そもそも、オルタネーターがどんな役目をはたしているのか?

オルタネーターとはいったいどのような役割をはたしているものなのでしょうか?オルタネーターの役割について、詳細に知っている人は恐らく、あまりいないでしょう。

オルタネーターとはエンジンが回転する力の一部を電力に変換し、車に必要な電力を供給する装置のことをいいます。このオルタネーターが故障してしまうと、必要な電力が供給されなくなってしまうので、最悪の場合にはエンジンがかからなくなることもあります。

また、オルタネーターが故障してしまうと、交換するのに多くの費用がかかります。

オルタネーターの故障時の症状と考えられる原因

オルタネーターの故障時によく見られる症状と考えられる原因についてまとめてみました。よくある症状には以下のようなものがあります。

オルタネーターの故障が疑われる場合は、車の警告灯などにも注意をするようにしましょう。オルタネーターが故障してしまうと車のエンジンがかからなくなってしまうこともありますので、注意して警告灯を見てみてください。

オルタネーターの故障時の症状に一致するものがあれば、出来るだけ早く点検や修理を依頼するようにしてください。エンジンがかからないことに繋がりかねません。

エンジンがかかりにくい

エンジンがかかりにくい場合には、3つの理由があります。

まずは、カーボンブラシの摩耗による寿命が考えられます。カーボンブラシは消耗品といわれていますので、寿命の場合には交換の必要があります。次に、レクティファイヤーの故障というものがあります。さらには、ICレギュレーターの故障も考えられます。この、ICレギュレーターとは、オルタネーターの回転が高くなった場合でも電圧を一定に保てるようにする装置のことです。

異音「ウィーン」

異音として「ウィーン」という音がする場合には、ベアリングの劣化が原因である可能性があります。

異音「キーキー」「キュルキュル」

異音として「キーキー」「キュルキュル」のような音がする場合には、ベルトのゆるみや故障などの原因が考えられます。

異音「カラカラ」「カリカリ」

「カラカラ」「カリカリ」のような音がする場合には、プーリーの摩耗によるものが原因と考えられます。このプーリーとは、ベルトから受け取った動力を伝えるための部品といわれています。

オルタネーターの交換・修理費用はいくらぐらいなのか?

オルタネーターの交換や修理にはいったいどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?オルタネーターの交換や修理にかかる費用について解説していきます。オルタネーターは、交換と修理ではかかる費用が異なりますので、しっかりと覚えておきましょう。

オルタネーターの交換費用の相場

オルタネーターの交換が必要な場合の交換費用の相場とは、いったいどのくらいなのでしょうか?これは車種によっても異なりますが、5~10万円が相場であるといわれています。

交換する場合には、業者に依頼をして交換するので、工賃としてのプラス費用がかかります。

状況などにもよりますが、やはりオルタネーターの交換には多くの費用がかかるといえます。

修理の場合

オルタネーターの修理を行う場合には、いったいどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?一般的には、オルタネーターの修理の場合には、交換するよりも安く済ませることが出来るといわれています。

オルタネーターベルトの修理部品代

オルタネーターベルトの修理の場合には部品代で1,000~3,000円ほどかかります。

ペアリングの修理部品代

ペアリングの修理の場合には、部品代として1,000~3,000円ほどかかります。

このような修理部品代の他に、業者に修理をする場合の工賃がかかりますが、工賃を含めてもオルタネーターの修理費用は、10,000円を超えることはほとんどありませんので、交換よりも安価で済みます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

オルタネーターに異音がした時は?

オルタネーターに異音がした時にはどのような対処をすればよいのでしょうか?車を運転中に、オルタネーターに異音がした場合の対処法について解説していきます。オルタネーターの異音がする場合には、故障の可能性もありますので、注意しなければなりません。

オルタネーターの異音がした場合には、絶対にそのまま放置してしまわないようにしましょう。

走行中の故障の際は速やかに安全な場所へ

特に走行中にオルタネーターが故障してしまうと、とても危険です。オルタネーターが完全に故障してしまうと、電力の供給が出来ずに車を走行させることが出来なくなってしまいます。速やかに安全な場所に移動しましょう。

道路上などで急に止まってしまうと、事故などの危険性があります。安全な場所に移動してレッカーなどを呼んで車を移動させるようにするのがよいでしょう。そのまま無理に走行しようとすると、突然エンジンが停止するなどして、とても危険です。

自分自身も危険ですし、他の人にも迷惑をかけてしまうことになってしまいます。

オルタネーターの点検をする

オルタネーターは突然壊れるというよりかは、故障の前兆がいくつかあります。それらの前兆が出ている場合には、出来るだけ早く点検や修理を依頼するほうがよいでしょう。

また、自分自身でも測定器の使用で点検が出来ます。そのような測定器を使用して点検をしておくようにするのも大切です。オルタネーターを完全に故障させてしまうと、交換や修理などの費用と手間の面がとても厄介になるので、故障を前兆の段階で見抜けるかどうかが大切なポイントとなるのです。

そのためには日頃から点検を行っておくのは、とても重要です。オルタネーターチェッカーは最近ではインターネット通販などでも簡単に購入出来ます。日頃の点検で活用出来るので持っていると便利ですよ。

車の買い替えサインかもしれません

また、オルタネーターの故障というのは、車を長く使っているサインでもあるので、それを機会に買い替えを検討してみるのもよいでしょう。

ただし、古い車は中古車としては買取額がつかない事がほとんどですので、逆にカーネクストなどの廃車買取に出して鉄資源として売ってしまった方が値段が付く可能性がございます。

車のオルタネーターは故障してしまうと、それを交換するのにかなりの費用がかかります。

ですから、場合によっては交換するよりも新しく車を買い替えた方が、お得な場合も多い部品でもあります。

まとめ

オルタネーターの異音の原因には、さまざまなものがあります。オルタネーターの異音などを感じた場合には、出来るだけ早く点検や修理を依頼するようにしましょう。

また、オルタネーターの故障の場合には、その前兆がありますので、そのような前兆を感じたら早めに点検や修理を依頼するようにしましょう。日頃から自身で点検をしておくのも大切な事です。

オルタネーターの交換には費用がかなりかかる、と覚えておきましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。