動かない車を廃車してお金がもらえる!?

動かない車 廃車のコラム

事故をおこして車が動かなくなってしまったので自宅まで運んでもらった。
車検が切れて乗らなくなって車庫に停めていた、久しぶりにエンジンをかけてもかからない…など
このような状況で動かない車を保管している人も多いのではないでしょうか。
修理をしてもう一度使用するのなら車を保管していても良いのですが、修理をしても走行が難しい場合や、もう使用する予定がなく不要になってしまった動かない車は廃車するとお得なメリットがあるのです。
今回は、動かない車を廃車することで得られるメリットや、動かない車がなぜお得に廃車できるのかをご紹介していこうと思います。

どんな状態の車でも本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

動かない車を廃車すると得られるメリット

動かない車

では、動かない車を廃車すると得られるメリットとは何なのでしょうか。
不要になってしまった車を処分することで駐車場代がかからなくなるなど、車に使用していた維持費がかからなくなることももちろん大きなメリットですよね。こちらでは、さらに嬉しいお得なメリットをご紹介します。

自動車税の還付金を受け取ることが出来る

動かない車を廃車すると、前もって5月末までに年間分を支払っていた自動車税を、廃車手続きの完了した翌月以降分を月割りとして、還付金を受け取ることが出来るのです。
動かない車や不要になって使用していない自動車にも自動車税の支払い義務は発生し続けているので、動かないからと放置してしまったままですと大きく損してしまうのです。
普通自動車の自動車税は排気量が2,000CCまでの車なら、年間約40,000円がかかっています。
もしも8月末までに廃車の手続きを行えば、9月からの7か月分約23,000円の還付金が手元に戻ってくることになります。

自賠責保険や自動車重量税の還付金も受け取ることが出来る

もしも車検が残っている車で、事故を起こして動かなくなってしまった車なら廃車することで、自賠責保険料と重量税の還付金を受け取ることが出来ます。
自賠責保険は、車検の有効期限とあわせて必ず入る必要がある保険のため、任意保険ではありません。廃車手続きが完了したことを保険会社に申請すると、自賠責保険証の有効期限までの保険料から月額で割った分が還付金として手元にもどります。
また、重量税も車検を通す際に前もって支払っているものになりますので、動かない車の廃車を行い、自動車の解体まで完了すれば還付金として手元に戻るのです。
事故を起こして動かなくなったからと置いておいてしまうと、この還付金がどんどん減っていってしまうため損をすることになります。

動かない車は廃車買取業者へ売却できる

動かない車を廃車するとなると、レッカーを呼んだり、解体業者へ依頼したりと逆にお金がかかると思っている方がいるかもしれません。
じつは、動かない車もカーネクストのような廃車買取業者なら0円以上で買取をすることが可能なのです。
廃車買取業者は動かない車を買取しても利益を得ることが出来るので、ユーザーが負担に思うことなく廃車が出来ますし、買取額がつけばさらにお得になります。
とくに、カーネクストならレッカー費用も無料で、廃車手続きも無料で行っていますので、あとから費用が請求されるのではと不安があるという方にも安心して依頼していただけるのです。

動かない車がなぜ買取してもらえるのか

動かない車を廃車すると、かなりお得なことは伝わったでしょうか。
ただ、なぜ動かない車なのに買取をしてもらえるのか不安という方もいるかもしれません。
実は、カーネクストのような廃車買取業者には動かない車を引き取りをして利益を得られる仕組みがあります。

金属などの素材をリサイクルできる

廃車買取業者は動かない車などの使用済自動車を引取回収し、解体して車の素材になっている鉄や非鉄金属のリサイクルを行っています。
回収された鉄や非鉄金属は、溶かされてまた再利用されるため金属加工工場や車の製造工場などに売却を行います。そのため、素材からのリサイクルが出来ることで利益を得ているのです。

中古車リサイクルパーツの生産と販売を行う

動かない車であっても、シートやバンパー、バッテリー、ライト、エンジンなど様々なリサイクル可能パーツが残っていることがあります。
そのパーツを回収し、整備、修理、点検を行い再利用できる状態に生産して販売を行っているため、リサイクルパーツの生産と販売を自社で行うことができる廃車買取業者は、動かない車でも0円以上の買取が出来る仕組みになっています

リサイクルパーツは海外でも人気がある

このように動かない車から取り出し、生産されたリサイクルパーツは海外でも人気が高く、高額な取引に発展することもあります。
特に中近東や、アフリカ、ロシアなど、気候の変動が激しかったり、道路整備がされてない道が多い環境では日本の車の耐久性や、車検を通していることによる状態の良さから、日本の中古車が人気が高く沢山使用されています。そのため、海外でも修理を行っているためリサイクルパーツは、純正パーツに比べるとコストも良く、状態がいいものが多いことから高額で売却されているのです。
海外への販路を持っているカーネクストのような廃車買取業者が、動かない車でも0円以上の査定をつけることが出来ている要因の一つになっています。

まとめ

動かない車

動かない車を保管しているよりも、出来るだけ早く廃車すること、また廃車買取業者へ買取を依頼することでさらにお得になることをご紹介しました。
特に自動車税などの還付金に関しては、保管期間が延びてしまうと受け取れる金額がどんどん減ってしまいます。
動かない車の廃車に悩んでいる方は、無料見積もりなどを利用して、一度お問い合わせされてみることをおすすめします。

>カーネクストで無料見積もりをしてみる