車が寒い!断熱材を使用して暖かくする方法とは?

自動車の困り事

昔であればエアコンがない車に乗っているというのも、不思議なことではありませんでしたが、今ではどの車でもエアコンが付いています。安い中古車でも、エアコンが付いていない車を探す方が難しいほどです。

冷房はエアコンを通して冷たい空気が吹き出して来ますが、暖房はエンジンの熱を通して暖めるのでヒーターが壊れることは無いと思っている方もおられます。しかし暖房が壊れてしまうというケースもあります。暖房が壊れるケースや、断熱材を利用して暖かくする方法を解説しましょう。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

断熱材が必要!?車が寒い原因

車が急に寒くなったというのは、もしかすると暖房の故障が原因かもしれません。通常、車にはしっかりと暖かい空気を送る暖房装置が稼動しているはずですので、暖房に関係する部品が壊れている可能性があります。

暖房の故障

車が急に寒くなるのであれば、以下の部品の故障が考えられます。

・サーモスタットの故障

サーモスタットは水温を一定に保つための部品で、これが故障すると冷却水が常に流れるようになり、必要以上に水温が下がってしまいます。車の暖房はこの冷却水の熱を利用していますので、サーモスタットの故障により冷却水が50度以下になることもあり、これが原因で暖房が効かなくなります。

・エア・ミックスドアの故障

エア・ミックスドアは、暖気と冷気の調整を行う配風ドアです。これが壊れてしまうと、冷気しか流れずに暖気が吹き出しません。

・温度センサーの異常

水温センサーや、室温センサー、さらに外気温センサーなどは、温度を一定に保つための部品です。オートエアコンが装着されている場合には、設定された温度に調節するのにセンサーが大きな働きをします。

・冷却水漏れ

冷却水は、ラジエーター、ウォーターポンプ、ホース類など様々な部分から漏れる可能性があります。ヒーターコアも同様に、漏れることにより暖かくなった冷却水が流れてこず、暖房のための熱を伝えることが出来なくなります。

暖房の故障は修理が必要

暖房が壊れているのであれば、修理をする必要があります。大まかな修理費用の例をご紹介します。

・サーモスタットの故障:およそ1万円前後(交換の際の合計費用)

・エア・ミックスドアの故障:5万円前後

・温度センサーの異常:7千円ほど

・ヒーターコア、ヒーターホース、ヒーターバルブの水漏れ:5万円以上

・冷却水漏れ:漏れの場所により1万5千円から

特に冷却水の場合には、ホースから漏れているのか、ウォーターポンプから漏れているのかによって費用が変動します。ウォーターポンプが壊れている場合には、2万5千円ほどからになるので、修理費用がかさみます。

ただ、そもそも車自体が古くなっている場合は、これらの修理を行ったとしても改善しない可能性がありますので、その場合は今の車を廃車に出して新車に買い替えた方がコスパ的には改善する事でしょう。

なお、廃車買取のカーネクストであれば、故障車であっても無料で引き取りだけではなく、値段をつけて買取する事が可能ですので、少しでも新車購入資金になればと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

断熱材を使ってDIY!車を暖かく!

断熱材を使う事で、車を暖かく保つことができます。車中泊をするのであれば、停車時にも暖かくしておきたいですので、断熱材を使ったDIYがおすすめです。

住宅用のグラスウール断熱材

住宅用のグラスウールは、代表的な断熱材です。車内を暖かくするには、ヒーターを使えばよいのですが、熱が外に逃げてしまっては中々暖かくなりにくいです。それで普段は住宅用として利用されているグラスウール断熱材を活用すると、暖かい空気を逃がす事がありません。

グラスウールは細かいガラスの繊維が含まれており、空気の層を部屋として構成されています。空気室があるので空気が動きにくくなり、熱が外に逃げにくくなるのです。

ホームセンターでもグラスウールを購入することができるので、車内の天井や内装の中に詰め込みます。天井やサイドの内装には大きな空間があるので、グラスウールを詰め込むことで熱を外に逃がしません。内装の中の空間が大きい商用車の場合であれば、その効果はさらに大きなものとなります。

窓にも断熱材を使用

車が寒くなるのには、他にも理由があります。それは窓です。運転している時には、窓をカバーすることはできませんが、車中泊などで停車中には窓に断熱材を貼る事で、車内を暖かくすることができます。

寒さを防ぐための材料の一つに、銀マットが挙げられます。手に入れやすい材料ですが、窓の形にカットして張り付けるだけで、断熱性が高くなります。窓は、すぐに外気との差が出やすい部分ですが、銀マットを張り付けると車内も暖かいでしょう。

その他の材料として、断熱シートもあります。車内の断熱性を高めるだけでなく、遮光性もあるのが特徴ですので、車中泊をする時には快適に寝るためにも役立つ材料です。断熱シートを購入し、窓の形に合わせてカットするだけなので、簡単に施工することが可能です。

吸盤などで張り付ける必要もなく、ただカットするだけですので、時間が無い方でも簡単に作業できます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

断熱材以外にもできる車内を暖かくする方法

断熱材の施工も簡単に車内を暖かくする方法ですが、別の方法で車内を暖かくすることができます。その方法は2つあり、「車用ファンヒーター」と「シートヒーター」になります。それぞれの特徴を見てみましょう。

車用ファンヒーター

車用のファンヒーターは、シガーソケットを電源とするファンヒーターです。ソケットに電源を差し込めば、バッテリーを電源として、すぐに車内を暖めることができます。エンジンが付いている状態では、バッテリーが上がる心配をする必要もありません。しかし停車中には、バッテリーの状態を考慮する必要があります。

キャンピングカーなどで、電源を備えているならば、車内が十分暖まるまで活用することができるでしょう。車中泊で寝る前には、車内を一度暖かくしておきたいものですので、車用ファンヒーターを使えば快適な睡眠の助けになります。もちろん走行中に暖房では足りない場合でも、すぐに車内を暖めるのに活用できるアクセサリーです。

別の種類のヒーターは、FFヒーターと呼ばれるものです。これは、エンジンを動かさずに、車内の温度を一定に保つことができるヒーターです。燃料はガソリンや軽油となっており、車のものと同じ燃料です。

車をアイドリングさせることなく暖気をすることができ、燃焼したガスは車外に排出されます。ただし、アイドリングをしていると一酸化炭素中毒の危険性がありますので、その点は注意が必要です。FFヒーターは車外から空気を取り込み、マフラーから排気ガスが出ていきますので、正しい使い方であれば心配いりません。

また、一晩つけていても必要になる燃料はそれほど多くありませんので、キャンピングカーにはオススメのヒーターと言えるでしょう。

シートヒーター

シートヒーターは、車の座席を暖めるカーアクセサリーです。シートヒーターを座席の上に敷くだけという簡単な設置方法で、座席を暖かくすることが可能。寒い車内でも、座席をすぐに温めることができるので、座っていても快適です。

暖房だけで車内全体を暖めるには時間が少しかかりますが、シートヒーターを併用すると身体を直に、そしてすぐに暖められるので、女性や冷え性な方におすすめのカーアクセサリーです。

シートごとにオンオフできるので、寒さの感じ方によって切り替えが簡単にできます。また電源もシガーソケットから取るので、取り付けも非常に簡単なのが特徴です。純正のシートヒーターの場合は、高額なオプションになってしまったり、取り付けが可能なのが一部のグレードだったりします。

後付けのシートヒーターは、価格も安く、取り付けも非常に簡単なので、誰でも取り付け可能です。

まとめ

寒い冬に備えて、断熱材を活用することで、車内を暖めることができます。住宅用のグラスウールや、断熱シートなどを使ってDIYすると、コストもかけずに快適な車内を作ることができます。

特に車中泊などを頻繁にするのであれば、寒い冬に向けて車のDIYをしておくと良いでしょう。この記事で取り上げた方法を使って、簡単に暖かい車内を作っていく事をおすすめします。断熱材を使って、お手軽に暖かい車内を手作りしてみましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。