車の異音の原因は何?修理代はどのくらい?

自動車の困り事

車を運転中、聞いたことのないような異音が車から聞こえて、思わず路肩に車を停めて状態を調べてしまったというような方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか。車から異音が出るような場合、車のどこかが故障、もしくは不調の状態に陥っている可能性があります。

今回は、車から「カタカタ」などの異音が出た時はどの部分が異音の原因か、異音でわかった故障の修理費用はどの程度かかるのか、詳しく解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車から異音が…どこの故障が原因?

車から聞いたことのないような異音が出る場合、主に以下のような部分が故障、もしくは不調に陥っている可能性があります。

  • エンジン
  • 排気系
  • ドライブトレーン(トランスミッションやギヤなどの動力伝達装置)
  • 足まわり

それぞれ、異音が出る故障について詳しく見ていくことにしましょう。

エンジン

エンジン部の故障で異音が出る場合は、エンジンの冷却液が不足していて「オーバーヒート」を起こしている可能性があります。

また、エンジンオイルが不足しているためにエンジン部が潤滑油不足となってしまい、エンジンの回りが悪く、アクセルペダルを踏んだ際に異音が生ずることもあります。

また、エンジン部の整備不良が原因でスパークプラグが点火せずに、不完全燃焼のような状態になっている際にも異音が生ずる場合があります。

いずれの場合でも、エンジン部からの異音は車の走行に重大な影響を及ぼしかねない不具合ばかりであるため、エンジン部の不調が見られた場合にはできるだけ速やかに整備工場へ行った方が良いでしょう。

排気系

排気系のトラブルによる異音は、いつもより排気音が極端に大きい、マフラー部分から大きな音がするなどの分かりやすい特徴があるため、比較的すぐに気づくことが可能です。

原因としては、マフラー自体が破損、腐食などを起こしてしまっているために排気ガスが漏れてしまい、独特な大きい排気音となってしまっていることが多くなっています。他にも、不完全燃焼を起こしていることによって排気音が大きくなっている場合もあります。

いずれの場合でも走行に大きな影響を及ぼしてしまうことが考えられるため、これらの異音が生じている場合には早めに整備工場へ車を持っていく必要があるでしょう。

ドライブトレーン

ドライブトレーン(トランスミッションやギヤなどの動力伝達装置)の故障・不調によって異音が生じている場合としては、シフトレバー、ギヤなどにトラブルが起こっている可能性があります。

エンジンなどのトラブルに比べれば緊急性は多少低いものの、最終的には車が動かなくなってしまう可能性もあるため、やはり早めに整備工場へ行く必要があります。

足まわり

足まわり、特にブレーキ部分に故障・異常があるために異音が生じる場合もあります。最も多く見受けられるのが、ブレーキを踏んだ際に「キーキー」と音が鳴るというものです。

これはブレーキパッドが減ってきてしまっており、ブレーキを踏む際にパッドが少ないことで金属同士がぶつかり、高い異音が発生するというものになっています。

こちらも緊急性はエンジンなどと比べると低いものの、最終的にはブレーキが効かなくなってしまう可能性もあるため、できるだけ早めに整備工場で見てもらいましょう。

車から聞こえる【カタカタ】音など異音別診断

shutterstock_743211781

車の異音や、症状別に異常具合のレベルや原因と思われることをまとめてみました。まずは早見表で、車からの異音とその異音ごとに考えられる可能性が高い原因をご紹介します。表下部には異音ごとの原因に対して、ディーラーの整備工場や修理工場へ依頼した際にかかる修理費用についてを合わせてご紹介しています。

車から聞こえる異音の原因は?異音ごとの早見表

異音 原因
アクセルを踏むと「ゴー」「ゴロゴロ」 エンジンオイルが不足しておりエンジンの金属部分が摩擦で溶け出している可能性
足回りから「キンキン、カンカン」 冷却水不足によるオーバーヒートを起こしている可能性
エンジンから「ポコポコ」「バスンバスン」 点火プラグが点灯していない、または正常に点火が作動していない、場合によっては失火の可能性
エンジンから「カタカタ」「ガラガラ」 高速走行時に音が生じる時は、エンジンを冷却するためのウォーターポンプのベアリング部分が故障している可能性
マフラーから「バラバラ」「パン」 マフラーの腐食や破損による排気ガス漏れが起きている可能性
足回りから連続して「シャー」 ホイールベアリングが摩耗している可能性
ブレーキを踏むと「シュー」「キーキー」 ブレーキパッドの摩耗や劣化で、厚みがなく薄くなってしまっている可能性

アクセルを踏み込むと、「ゴー」「ゴロゴロ」という異音が生じる

走行中にアクセルを踏み込んだ時に、「ゴー」「ゴロゴロ」という異音が生じている時の原因として考えられることは、エンジンオイルが不足しておりエンジンの金属部分が摩擦で溶け出している可能性があります。多少走行に支障があるというレベルであれば、オイル交換をすることで解決出来るかもしれませんが、油圧警告灯(チェックランプ)が点灯しているレベルであれば、赤色警告灯のためただちに走行を中止し、安全なところへ停止してからディーラーまたは修理工場へ連絡をしましょう。警告灯が点灯しているレベルの場合は、オイル交換だけでは回復が難しく、30~100万円程度の修理費用がかかってしまうかもしれません。

「キンキン、カンカン」という金属音が走行中に生じる

走行中に「キンキン、カンカン」という金属音が生じるようになっている場合、冷却水不足によるオーバーヒートを起こしている可能性があります。計器にも異常が出ている場合は末期症状かもしれません。加速が鈍っているといった軽度の故障であれば、冷却水交換で済むかもしれませんが、計器自体に故障がある場合は、水温系が上昇したり油圧警告灯が点灯するため走行を中止し、修理工場で持っていきます。この場合の修理も30万~100万円かかってしまうことがあります。

走行中やエンジンから「ポコポコ」「バスンバスン」といった音が生じる

走行中やアイドリング時に、エンジンから「ポコポコ」「バスンバスン」といった音が生じる場合は、点火プラグが点灯していない、または正常に点火が作動していない。場合によっては失火の可能性があります。走行性能自体に大きな問題がないレベルであれば、プラグの交換のみで解決できることもあり、その場合は交換工賃を含めて1本あたり5,000円前後ですが、もしもエンジンに支障がでていればエンジン修理費用が必要となり高額になる可能性が高くなっています。

走行中に「カタカタ」「ガラガラ」といった甲高い音が生じる

走行中やアイドリング時に「カタカタ」「ガラガラ」といった甲高い音が生じている場合、特に高速走行時によく音が生じるという時は、エンジンを冷却するためのウォーターポンプのベアリング部分が故障している可能性があります。ウォーターポンプの交換の場合は、車種によるものの3万円~5万円程度かかります。

マフラー部分から「バラバラ」「パン」といった音が生じる

エンジンを起動後、マフラー部分から「バラバラ」「パン」といった音が生じる場合はマフラーの腐食や破損による排気ガス漏れが起きている可能性があります。音の生じ方としては、いつもより排気音が大きいと感じる方もいるかもしれません。マフラー部分の交換であれば、1万~2万くらいですが、エンジンの故障によるものの場合はエンジン修理になるため修理費用は高額になります。

走行中「シャー」といった音が連続で聞こえる

走行中に、「シャー」といった音が連続で聞こえる場合は、ホイールベアリングが摩耗している可能性があります。走行自体に大きな支障はないようでしたら、ホイールベアリングの交換のみで解決できることがあります。ホイールベアリングの交換は片輪で2万~3万円程度かかります。

ブレーキを踏むと「シュー」「キーキー」といった音がする

ブレーキペダルを踏むと「シュー」「キーキー」といった音がする場合、ブレーキパッドの摩耗や劣化で、厚みがなく薄くなってしまっている可能性があります。ブレーキを踏んで甲高いキーキー音が聞こえたら、ブレーキパッドの交換の目安として一度ブレーキパッドの残量を目視し、確認することをおすすめします。ブレーキパッドの交換費用は3万~5万円程度です。もしもブレーキの効きが悪いと感じたら、ブレーキ自体に問題があることも考えられますので修理費用は高額になるかもしれません。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

修理費用の値段によっては廃車手続きの方がお得だったりする?

shutterstock_154003859

上記のように、走行に支障がない程度の異音の場合であれば1万円~3万円程度で交換や修理が可能なこともあります。交換修理後は問題なく乗り続けることができる場合もありますが、エンジンやブレーキなどに重大な問題が生じている場合には、10万円以上もの費用がかかってしまうこともあります。また上記のような問題が頻繁に起こるようになると、たとえ1回の修理代が1万円程度であったとしても、積もり積もってかなりの金額が修理代に消えるようなことにもなりかねません。

車の年数や走行距離次第では修理して損をすることも

車の年式が古かったり、沢山走ってきた多走行車の場合、修理を何度かしたり、部品を交換したとしても車自体にガタがきていることもあり、修理回数がだんだんと増えていくこともあります。そのような場合、結果的に車を乗り換える方がお得になるようなことも十分に考えられます。

異音の原因を修理をしても損をしそうなときは

通常の中古車買取業者の場合、車の耐用年数、そして故障の具合などによっては買い取りを拒否されてしまうこともあります。低年式、多走だからと買い取ってもらうことを諦めて、車の買い替えの際にディーラーに廃車を頼んだ場合、逆に廃車のための諸費用を取られてしまうようなことも十分に考えられるのです。そこで、通常の中古車買取業者から買い取りを拒否されてしまったような車は廃車買取業者に依頼して買い取ってもらうとよいでしょう。廃車買取業者であれば通常どおり廃車手続きを進めてもらえるだけでなく、廃車になる車から使えるパーツのみを買い取ってもらうことができ、車を買い替える際の費用に充てることも可能となります。

カーネクストのような海外販路持ちの業者の場合は査定額が更に上がる可能性が高いので、必ず査定には出しておきましょう。

車の異音の原因についてよくあるご質問

車の異音の原因に関して、よくいただくご質問にお答えします!

Q.車から異音がしたら故障してる可能性がある?

A.エンジンや排気系、ドライブトレーン、足まわりから聞いたことのない異音がしている場合、異音がしている個所が、故障または不調になっている可能性が高くなっています。

Q.車から異音がした時、走行に問題があったらどうする?

A.車からカタカタ音や、キュルキュル音が鳴っていて、走行に支障があったり、警告灯が出ている場合は、まず安全なところに停車して確認しましょう。赤色警告灯(メーター内のチェックランプ)が点灯している時は、車をただちに停車し、走行をしないようにという警告です。安全に路肩などに停めたら、一度ディーラーや整備工場へ相談してみることをおすすめします。

Q.車から異音がしてるけど修理するべき?

A.車から異音がしている場合、修理や交換によって異音の原因を解決できる可能性は高くなりますが、異音の原因や車の状態次第では高額な修理費用の見積もりになることもあります。特に年式の古い車や、沢山走っていた車などはその異音部分以外の劣化もしている可能性が高くなるため、修理費用や今後長く乗ることが難しいと判断した場合は、乗り換えや廃車を検討されてもいいかもしれません。

まとめ

車の異音は、主にエンジン、排気系、ドライブトレーン、そして足まわりのいずれかの部分に支障が出ている場合に生じます。異音別に原因や対処法は違いますが、中には修理代が10万円を超えるような高額になってしまうこともあるのです。

修理するより買い替える方がお得になるようなこともありますが、いざ故障した車を中古車買取業者に買い取ってもらおうと思っても、買取を拒否されてしまうようなこともあります。そんな時は、廃車買取専門のカーネクストへ査定依頼をしてみませんか?

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。