車のレストアとはいったい何か?具体的な仕組みとメリットを解説

自動車の困り事

車のレストアとはいったい何か?具体的な仕組みとメリットを解説

カー用語としての「レストア」というフレーズは聞いたことがあっても、実際にレストアを経験された方は少ないのではないでしょうか。

そもそも、レストアとはいったい何をすることを指している言葉なのかも知らない、という場合も珍しくありません。車のレストアとは何をすることを指していて、レストアをすることで具体的にどのようなメリットがあるのか、この記事で解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車のレストアって何?

shutterstock_604835828 (1)

英単語としての「レストア(=restore)」とは、「復元する」「復活させる」といった意味があります。特に車のことを指してレストアと言う場合には、旧車を修理して、本来の乗れる状態まで戻すことをいいます。

車は頑丈な乗り物ですし、購入後数年程度であれば問題なく稼働してくれますが、それでも徐々に調子が悪くなってくることが多くなっています。

特に、最新の車であれば素材も進歩していることから、昔の車よりも長く乗ることができる場合もあります。しかしながら、いわゆるヴィンテージの車、クラシックカーなどは、素材や塗装、部品などにも劣化が見られることが多く、そのまま乗ることができないというケースもあるでしょう。

「旧車をレストアする」という場合の「旧車」とは、特にこのような、製造が数十年前に及ぶような車のことを指します。先に言葉を使ったヴィンテージカー、クラシックカー、あるいはヒストリックカーやノスタルジックカーなどと呼称されることもあります。

旧車には一定の熱心なファンがおり、かなり古いものですと1919年から1930年ごろに製造された車も乗用の対象となることがあります。また、絶対数は限られるものですが、それよりもさらに古いクルマですと、「ベテランカー」と呼称され、これもごく一部で入手・乗用されています。

こうした旧車にはデザインに独特な魅力があり、旧車ファンの間ではこれらを修理して乗用するということが行われているのです。

旧車をレストアすることのメリットはまさにここにあり、自分のお気に入りである、いわゆる「古き良き」デザインの車に乗用することができます。最近の車では流線型のデザインが多く取り入れられており、画一的だと評する声もありますが、レストアされたクラシックカーであれば、周囲とは一風変わったカーライフを楽しむことができるでしょう。

また、東京都では環境対策として、環境負荷が大きいとされる旧車について自動車税の重課が行われていますが、レストアを行い、「都が指定する粒子状物質減少装置」を装着した「1945年(昭和20年)までに製造された自動車(ヴィンテージカー)」は、申請によって重課分が減免されるなどの措置が行われています。

このことからもわかるように、レストアとは「古いものをいま使えるように」部品の交換や代替品の搭載などを行って使うということで、点検と清掃、分解と再組み立てという「オーバーホール」とは、その目的も手段も違うものということになります。

レストアは、自分でパーツを入手していわゆるDIY的にする場合もありますが、分解という手順を伴う場合が多いため、基本的には専門店に依頼することになるでしょう。

関連リンク

車をレストアするのにどれぐらいの期間と費用が必要?

shutterstock_247647520

車のレストアは、その目的も手段もオーバーホールと異なりますが、部品の交換や調整などにはやはり費用がかかります。

車をレストアするときに気になるのは、その費用がどれほどになるのかという点でしょう。

しかしながら、これを見積もるというのは非常に難しいところでもあります。というのも、車をレストアするといっても、ベースとなる車の状態によって非常に大きく金額が上下するからです。

ベースとなる車の状態が、すでに過去にレストアされていたりするなど、最小限のレストアで済むような場合には、比較的費用は抑えられますが、ほぼすべてを換装しなければならないような場合ですと、かなりの費用がかかることがあります。

たとえば、エンジンなどの主要部品が比較的新しくて換装の必要がなく、ボディのサビ落としや塗装だけというような場合には、レストア費用は数十万円程度に抑えられる場合もあるでしょう。しかしこれですら、サビが多く車体全体を手入れしなければならないような場合には100万円を超える場合もあります。

では、車全体のサビ落としや塗装、そしてエンジンなどの機械部品もすべて交換する、つまりフルレストアとなるような場合ではどうでしょうか。このような場合には、総額で1,000万円を超える金額となるような場合もあります。

レストアも程度が異なり、工具や設備があればレストアラー本人が部品交換などをできる部分もあるでしょう。しかしながら、初心者が手を出せる部分は限られていますし、なにより手間がかかります。

このように数字を見ていくと、車のレストアはベースとなる車の状態によって費用が大きく変わり、予めこの値段で、というふうに決めて入手することが困難であることがわかります。車の状態によっては、レストアの費用と、新車を購入するのが同じぐらい、あるいはそれを超えてしまうようなケースもあることを押さえておきましょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

自分でレストアすると損?レストア済みの車の購入費用は

shutterstock_647307355

レストアの作業に費用がかかるからと、自分でレストアをする「レストアラー」の数も、クラシックカー愛好家の中には一定数いるでしょう。しかしながら先に述べたように、手間と費用のバランスを考えると、なかなか手を出しづらい領域であることは間違いありません。

車の部品交換というジャンルの中では比較的「簡単な」レベルの部品交換であっても、それ相応の敷地と設備、そして専用の工具を揃えて、交換用部品を発注して作業をする、となると、どうしても想定していたほど安くはならない場合もあります。

そこで、レストア済みの車を購入するという選択肢もあります。つまりレストア対象の旧車を別個に購入してレストアをするのではなく、最初からレストアされている車を購入するということです。

クラシックカーを商品として取り扱っている中古販売業者は、クラシックカーをレストア済みで購入したいという需要があることを知っています。そのため、人気車種がレストア済みで購入できる場合があります。

完全受注で、そのときに必要な部品を少量取り寄せて、工賃をかけて直すよりも、このようにレストア済みの車を購入したほうが断然安く上がる場合があるのです。

中には、レストアを依頼して乗ろうと思っていた旧車がすでに手元にある、という方もいるでしょう。そのような場合には、レストア済みの旧車との価格比較を行った上で、レストア済みの旧車のほうが安いという場合には、今手元にある旧車を買い取りに出して、レストア済み旧車の購入費用に充てるという手段もあるでしょう。

ただし、旧車の場合には一般的な中古車買取業者・中古販売業者では買い取ってもらえないという場合もあります。このような場合には、廃車買取業者を利用することで、買い取ってもらえるというケースもあるでしょう。廃車査定ならカーネクストにご相談ください!どんな旧式車でも買取を行っています。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

もちろん、新しくレストア済みの旧車を購入する金額の全額をカバーすることができるかはケースバイケースですが、その購入費用の一部にでも充てられればよいでしょう。

車をレストアして乗るにあたって、やはり「自分で修理したほうが安上がりになるのでは」「車体はあって修理してもらうほうが安くなるのでは」という印象を抱きがちですが、必ずしもそうではないということは知っておいて損はないでしょう。

まとめ

車のレストアはどうしても費用がかかるものです。レストアされた車を購入する際の価格を見て、やはり自分でレストアの作業をした方が安いのでは、と考えることもあるのではないでしょうか。

しかし、必ずしもそうとは言い切れません。レストアをするための設備や工具、そして手間などを考えたときには、車種によって違いが出てくるということを押さえておきましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。