廃車を高く売る方法を解説!個人売買・廃車買取・ディーラーどれがいいの?

廃車のコラム

廃車を考えている場合、車を解体しなくても買い取ってもらう方法があります。

大きく分けてディーラーに買い取ってもらう方法、個人売買、廃車専門買取業者を利用する場合の3つの方法がありますが、それぞれの方法でより高く売るポイントについてご紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

廃車を買い取ってもらう方法は主に3つある

shutterstock_338171120

廃車予定の車を買取ってもらう際に高く売る方法には、ディーラー自動車会社による下取り査定、個人売買、廃車専門業者への買取依頼があります。それぞれどのような方法なのか詳しく見ていきましょう

■ディーラー自動車会社による下取査定

ディーラーとは自動車売買をおこなう業者のことをいいます。新車を購入する場合や中古車を購入する際に用いられる方法で、新しく車を購入する代わりにこれまで使用していた車を下取りに出し売却します。

下取りとは新車購入を条件にこれまで所有していた車両をディーラーに引き取ってもらうことをいいます。ディーラーに下取りを依頼する場合、新車の購入手続きと車両の売却を同じ期間でおこなうことができるため、車の所有者としては手続きの手間が省けます。

また、車両販売のエキスパートであるディーラーが手続きをおこなってくれるため、手続きに詳しくない人でもディーラーに任せることで安心して廃車手続きが進められます。

普段から行きつけのディーラーがある場合、新車購入のみならず廃車売買についての手続きも行ってもらうことで取引回数が増えて両者の中に親密性が増し、今後の取引にもプラス材料として働きます。

ただし、あまり取引のないディーラーに売却を依頼する場合、他の方法に比べると車の価格を低く見積もられてしまうというデメリットがあります。ディーラーは販売のプロではあるものの、買取や中古車販売のプロではありません。そのため、買い取った車両の流通経路を持っておらず買取価格も低くなりがちです。

また、通常新車を購入する場合、値引き交渉をする方も多いと思いますが、下取りを依頼する場合、新車の購入価格に下取り車両の売却価格が勘案されており、結果として新車割引をしてもらえなかったり割引額が減ってしまったりしていることがあります。このように価格的な混同があることもディーラー買取によるデメリットといえます。

■個人売買(ネットなど)

個人売買とは自身の友人や家族、またインターネットオークションを通じて個人間で車両を売買する方法で、他の方法の相手方が業者であるのとは反対に個人間同士での取引となります。

これまでは口コミなどで友人間での車両売買がされていましたが、最近ではインターネットを利用しての売買情報掲示板やオークションサイトなどを通じて遠方に住んでいる人との個人間取引も可能となりました。

個人売買のメリットは、なんといっても取引が簡単におこなえることでしょう。知人間で取引する場合、例えば職場の同僚や親せきとの取引であれば信頼関係が高いので売買におけるトラブルのリスクも格段に減らせます。

中古販売などで業者向けに売却するよりも比較的高価での売買が可能となりますし、あくまで個人間取引のため一般的な相場とかけ離れた金額での取引も可能です。

このようなメリットがある一方、個人売買にはデメリットもあります。例えば、売却予定の車に自動車ローンが設定されていて支払いを終えていない場合、特に購入店舗でディーラーローンを組んでしまった場合、車の所有者は売り手ではなくローンを組んでいる信販会社に保留されています。

そのため、売却するには前提としてローン返済を済ませて所有権を売り手に移転しなければならないのです。

また、インターネットなどを通じて取引する場合、見ず知らずの人と売買することになるためトラブルが起こる可能性があります。例えば入金トラブルや納品ミスなどが起こる可能性も否定できず人間関係面でのリスクも避けられません。

■廃車専門の買い取り業者

廃車業界には廃車を専門に扱っている買取業者があります。これらの業者では買い受けた自動車が乗用できるものであれば中古車として転売したり、乗用できない状態であれば解体してパーツを販売したり、一部の業者では海外へ輸出したりという手続きを取ります。

買取専門業者は中古販売業に長けているためディーラーへ売却するよりもより高額での売却が可能となります。また、ディーラーでは買取拒否された自動車でも買取が可能となることもあります。

廃車買取業者への売却のデメリットとしては、新たに車を購入する際の納車のタイミングよりも先に売却してしまうと車がなく生活に支障が出てしまいます。ディーラーでの下取りの場合は代車を手配してもらえますが、買取業者の場合、ほとんどが代車の手配をしていないためレンタカーなどを借りなければなりません。

また、買取業者によっては、売り手の足元を見て査定額を安く評価する悪質なところもあります。売却価格についてのリスクは、査定を受ける業者数を増やして比べることで防げるので売却先は落ち着いて検討しましょう。

ディーラーや自動車販売店で高く売ることはできる?

車の買い替えをする際に下取りに出す場合、どうすれば高い値段で売ることができるのでしょうか。

そもそもディーラーや自動車販売店が下取りする際は、引き受ける車両が中古車としての価値があるかという点から査定します。そのため、廃車しようと引き取りに出したつもりでも車の状態が悪く中古車としての価値がない場合は下取りを拒否されることがあり、車両は廃車業者へ引き渡されて解体されます。

その際、ディーラーや自動車販売業者が廃車業者との中間役に入るため、廃車業者に依頼するにあたって中間マージンを支払わなければならなくなってしまい、結果として費用が高くつくリスクがあります。

ディーラーや自動車販売店へ高く売る方法としては、車を乗用できる状態にしておくこと、中古車として販売できるようにあらかじめ整備しておくこと、車内を綺麗に清掃しておくことなど、基本的なことに気をつけておけば少なからず高く売ることができるでしょう。

個人売買で高く売ることはできる?

shutterstock_521849182

今回ご紹介している3つの方法の中で、個人売買は一番高価格で売れる可能性があります。高く売る方法としてなぜ、個人売買の評価が高いかというと、やはり個人間取引なので相場に関係なく自由に取引できることが理由として挙げられます。

例えば、売却車両が外車だったり高級車だったりする場合は廃車するときはもとより、中古車買取の業者よりも高価格で売ることができるでしょう。

たとえば、ディーラーにて下取りの価格がつかなかった車両でも個人売買であれば20万円ほどで売却できる事例や、高級車ではあるもののディーラーでは5万円程度の下取り価格だったのが個人売買では50万円前後で取引される事例もあります。

このように価格のボラリティが高いのも個人売買の魅力ではないでしょうか。

ただし、個人売買は他の方法に比べるとトラブルの起こるリスクが高く、代金の未納や車両の引き渡し時期、車両の不備などのトラブルに注意しなければなりません。

また、ローンが残っている場合、所有者が信販会社となるために手続きが複雑になりミスも起こりやすくなります。

個人売買は高く売却できる可能性が高い反面、取引関連のリスクも比例して高くなることを頭の片隅に置いておきましょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

廃車専門の買取業者に依頼すると高く売ることができる?

下取り価値のない車両や個人間売買で売却できない車両を高く売る方法として最適なのが廃車専門店の買取業者に依頼する方法です。

廃車専門の買取業者は、なぜ乗用車としての価値がない廃車を買取ることができるのでしょうか、その裏には、車両の使用価値があります。

日本では車検制度が整備されているため、車検に通らない車体は廃車するしかありませんが、海外では車検制度がないところもあるので日本では使えなくなった車でも海外では使えるというケースが少なくありません。

また、日本車は海外からの評判も高く高値がつくため、輸出を行えるカーネクストのような買取専門はボロボロの車でも買取をおこないます。車両が中古車として利用できなかったとしてもパーツごとに分解してリサイクル販売することができるので廃車の用途が広がります。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

買取業者の中には車を移動させるレッカー代が無料になるところもあります。レッカーを自分でレンタルする場合でも結構な費用が掛かるため、無料でレッカーを使用できるとその分だけ費用が浮くといったメリットもあります。

では、廃車専門業者に依頼する場合、どの季節であればより高く売却できるのでしょうか。4月に課税される自動車税との兼ね合いのため、解体業者では3月下旬にかけて廃車する人が増え、およそ1.5倍~2倍ほどの依頼が舞い込んできます。繁忙期には廃車依頼が続くためどうしても査定額も低くなりがちです。

廃車専門の業者に依頼するのであれば繁忙期を避けた4月~7月程度に頼むようにしましょう。特に、繁忙期が終わる3月下旬に集まった車両を対象としたスクラップ加工がおこなわれるため、5月くらいからであれば、業者も余裕を持って対応してくれるでしょう。

また、廃車専門の買取業者に依頼する場合、レッカーでの引取りではなく自ら持ち込みをすることも査定額のアップにつながります。平均的に3千円~5千円程度のアップがあるので廃車を少しでも高く売りたい場合は、持ち込みを検討してみましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

廃車の方法には、ディーラーや自動車販売店に下取りを依頼する方法、個人売買、専門の買取業者に依頼する方法と3種類の方法が挙げられます。

一番高く売る方法としては個人売買が便利ですが、人間関係や入金、納品トラブルに気を付けなければなりません。ディーラーや自動車販売店にて下取りを依頼する場合、当該車両が中古車としての価値があるかどうかを見極められて査定額がおります。

査定額はあくまでも概算ですが、自分が思うよりも価格が低い場合はディーラーよりも個人売買や専門の廃車買取業者に任せるのがいいでしょう。廃車にあたって少しでも高く売る方法としては、外観や内装の清掃に気を使って車両の状態をよくしておくと買取価格アップにつながります。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。