車の廃車の際にリサイクル料金の支払いが必要かどうか。

リサイクル券 廃車手続きの基礎

車の廃車時には様々な書類の提出や手続きが必要になりますが、その中にリサイクル料金の支払いが必要だという情報を見かける事がございます。

しかし、一般的にはリサイクル料金の支払いは廃車時には不要という認識がされているものですので、今回はこの点についてご紹介いたします。

廃車時、リサイクル料の支払いは基本不要

それでは早速、廃車時のリサイクル料の支払いについてご紹介していきましょう。

なお、簡単にリサイクル料について説明しておくと、車はいずれどこかのタイミングで廃車にすることになります。

その際に、リサイクルが必ず必要になりますので、その費用を負担分がリサイクル料となっています。

新車購入時に支払いが必要

現在は新車の購入時に必ずリサイクル料金の支払いが必要になっています。

この支払いを行わないと、そもそも新車の購入が完了しませんので、車の新車購入=リサイクル料金の支払い完了という図式が出来上がっているのです。

当然、リサイクル料金の支払いは一度のみですので、このように支払いが完了している車は廃車時には改めてリサイクル料を支払う必要はないのです。

中古車にはリサイクル料の支払いは不要

上記で新車購入時には、リサイクル料の支払いが必須とご紹介しておりますが、これが中古車購入時にはどうなるのでしょうか。

このリサイクル料金というのは、車単位での支払いが必要となりますので、一度支払いが行われた車に関しては中古車として売りに出されたとしても、新しい買主が払い直す必要はございません。

あくまで新車購入時にリサイクル料金の支払いが必要になるという事を把握しておきましょう。

 

ただし、後述しますがリサイクル料を払った証拠であるリサイクル券は、中古車販売などの際には新しい所有者に譲渡されることになります。

なので、「リサイクル料の支払い分を中古車本体代金に含める」という見方をするのであれば、ある意味中古車の購入時にも間接的に支払っていると言えます。

リサイクル料金の金額について

このリサイクル料金ですが、金額は一律の数値で設定されておらず、車種などによってバラバラです。

大まかな金額としては、以下のように分類する事が出来ます。

車種 リサイクル料金の金額
軽自動車 7,000円~16,000円
コンパクトカー 7,000円~16,000円
普通自動車 10,000円~18,000円
トラック 10,000円~16,000円

なお、こちらはあくまでも目安となりますので、正確な金額を確認されたい場合は、自動車リサイクルシステムで確認が可能です。

 

例外的にリサイクル料の支払いが必要な場合

前述で基本的に廃車時にリサイクル料金の支払いは不要とご紹介しましたが、実はこれは100%不要というわけではないのです。

おそらく全体の1%未満という割合ではありますが、廃車の際にリサイクル料金の支払いが必要な車は存在しているのです。

そこで、ここからはこの例外的な車についてご紹介していきます。

リサイクル法による支払いについて

そもそもの話、新車購入時にリサイクル料金の支払いを義務付けられたのは、実は2005年の元旦から施行開始されたリサイクル法のためなのです。

なので、2005年よりも以前には廃車時にリサイクル費用を支払う後払い制で料金の徴収を行なっていたのです。

しかし、後払い制にしていることで、廃車時に費用がかかるのを避ける為に車の不法投棄が大量発生したという背景があり、これを防ぐ為にリサイクル法が制定されたのです。

制定前に購入された車のリサイクル料金

ただ、2005年以前に購入された車であっても、廃車手続き前にリサイクル料金の支払いを完了させているケースが存在しているのです。

そのパターンとしては、車検時に持ち込みを行う検査工場でリサイクル料金の支払いを受け付けていた場合です。

大きな整備工場などの場合は、こういった手続きもしっかりされているので、2005年前に購入された車であっても車検のタイミングでリサイクル料金の支払いを促されていたのです。

これに対して、町工場といった個人経営などの点検工場では、リサイクル料金の支払いを徹底することなく、そのまま現在まで未払い状態で来ている車も存在するのです。

この場合は、前述の通り廃車時に未払い分のリサイクル料金の支払いが必要になるのです。

 

廃車時のリサイクル券について

リサイクル券

最後にリサイクル料金を支払った事を証明するリサイクル券と廃車時の対応についてご紹介いたします。

一時抹消時には不要で永久抹消時のみ必要

車の廃車には、車を解体せずに保管や譲渡する際に行う一時抹消登録と、車を完全に解体してスクラップにする永久抹消登録の2通りがございます。

このうち、前者の一時抹消登録の場合は、車のリサイクルを行う事はありませんのでリサイクル券の提出は不要です。

これに対して、永久抹消登録の場合は車の解体が必要ですので、まさにリサイクル券による支払い済みの照明が必要になるのです。

リサイクル料金の支払い状況の確認

車に乗られている方の中には、リサイクル券が手元にない方も少なからず居ます。

そして、そういった状況の中では自分の車がリサイクル料金の支払いが完了している車なのか未払いの車なのか判断はできないでしょう。

※製造日が2005年以降の場合は支払済み

そんな場合は簡単な確認方法がございます。

その方法とは、前述でも登場した自動車リサイクルシステムのHP内にある検索ページで調べるという方法です。

車検証に記載の情報だけで、リサイクル料金の支払い状況の確認が可能ですので、念のためリサイクル券が手元にない方は調べられる事をお勧めいたします。(検索は無料です。)

リサイクル券がないと廃車時に再発行が必要?

なお、リサイクル券が手元にない場合は、廃車手続きの際の必要書類として指定されていますので、そのままでは手続きを完了させる事はできません。

なので、通常の書類であれば再発行手続きが必要になりますが、リサイクル券に関しては再発行の手続きをする必要はありません。

代わりに、先ほどの自動車リサイクルシステムの検索結果の画面をプリントアウトするだけで同等の効力を持つ書類となるのです。

 

まとめ

以上のことから、99%の方は廃車時にリサイクル料金の支払いが必要になる事はございません。

対して、残りの1%の方は廃車時にリサイクル料金の支払いが必要になりますので、

  • 持っている車の製造日が2005年以前
  • 手元にリサイクル券がない

という条件が揃っている場合は、一度リサイクルシステムで自分の車のリサイクル料金の支払い状況を確認してみると急な出費があったとしても対応する事が出来るでしょう。