車高調を取り付けるメリット・デメリットと必要な費用は?

自動車の困り事

自分の車の車高を変えることができるパーツとしてよく知られているのが、車高調と呼ばれるものですが、この車高調を取り付けるメリットにはいったいどのようなものがあるのでしょうか?
車高調でかっこよくカスタムしたいと考えている方は、事前に確認しておくべきことがあります。

この記事では、自分の車に車高調を取り付けるメリット・デメリットについて解説していきます。また、どのくらいの料金で取り付けることができるのかみていきましょう。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車高調の種類

自分の車の車高を変えることができるという車高調とは車高調整式サスペンションが正式名称で、車の高さを調整するためのものです。車高を調整することで乗り心地が変わったり、運転性能を向上させることが出来ます。では、そんな車高調の種類には、どのようなものがあるのでしょうか?

車高調には3つの種類がある

車高調には大きくわけて3つの種類があるといわれています。その3つの種類とは以下の通りです。

  1. ネジ式車高調
  2. 全長調整式車高調
  3. Cリング車高調

この3つの種類の中でも一般的なものは、ネジ式全長調整式のものとなり、Cリング式車高調はイレギュラーになります。

ネジ式車高調とは

ネジ式の車高調は、スプリング下部にあるロワシートに組まれているロックナットを緩めて、ロワシートが可動できたら位置を上下に動かし、どの位置にはめ込むか確認してから、レンチで回転させて車高を調整するサスペンションを指します。ネジ式車高調のメリットは、自由度が高く自分の好みの高さにできる点です。しかし、調整次第で乗り心地が悪くなってしまう可能性もあるので、注意をする必要があります。

全長調整式車高調とは

全長調整式の車高調は、ロワブラケット部分を上下に可動させることで位置決めをして、車高を調整することが出来ます。全長調整式車高調のメリットは、大きく車高を下げたとしても底付きしないため乗り心地を維持できることです。ただし、部品自体がネジ式に比べると高価なうえに、車高を大きく下げることが出来る分、走行性能が悪化する可能性があります。

Cリング式車高調とは

Cリング式の車高調とは、ショックとバネが一体式になっているもので、ショック本体の溝部分にCリングをカチッと音がするまではめ込むと、ロワシートの位置が移動出来るため車高を調整することが出来るサスペンションとなっています。Cリング式車高調のメリットは、部品自体が安価でありシンプルな作りで手に入れやすくなっていることです。ただし、Cリング式車高調にはデメリットもあり、調整できる段階が予め決められているため、好きな位置に調整することが出来ません。

車高調取り付けのメリット

車高調を取り付けるメリットについて知っていますか?自分の車に車高調をつけるメリットはどのようなものでしょうか?そのメリットについて解説していきます。

自分好みの車高に調整できる

自分の車に車高調を付けるメリットは、自分の好みの車高に調整できる点です。また、車の見た目を自分好みにカスタマイズできるのも大きなメリットです。

現在自分の車の車高に不満がある場合には、車高調を取り付けることで自分にあった車高にすることができます。

乗り心地を変えられる

車を運転している時に大切なのが乗り心地です。乗り心地が悪いと、車の運転で疲れてしまいますし、ストレスを感じてしまうこともありますので、自分が運転する車の乗り心地をよくしたいと考えている人も多いはずです。

そのように考えている人は、車高調のスプリングの硬さ減衰力調整機能を使って乗り心地を大きく変えることができます。

車高を調整する方がよくいわれる、車の乗り心地が硬い、やわらかいなどの表現の変化を感じることが出来ます。自分の好きな硬さ、やわらかさに乗り心地を変えることができるのがメリットなのです。

走行性能を上げられる

走行性能を上げることができるのも、車高調を取り付けるメリットの1つです。

その理由は、車高調のサスペンションには硬いスプリングを使われていることが多いためで、それによって車体が安定しやすくなるからです。

走行していて右折などをする時に、左右に大きく傾くことが減少して、車体が安定しやすくなるともいわれています。また、曲がりやすくすることも可能と言えるでしょう。

ただし、当たり前ですがスピードの出し過ぎには注意が必要です。

車高調取り付けのデメリット

車高調取り付けのメリットはいくつか解説してきましたが、デメリットも存在しています。

自分の車に車高調の取り付けを検討している場合には、しっかりとデメリットについても覚えておくようにしてください。

本体や工賃が高い

車高調のデメリットは、車高調本体の価格が高いということや、その取り付けを行うための工賃が高いということです。
基本的には、車高調の取り付けは専門の業者に依頼をする場合が多いでしょう。そのような業者に依頼する場合には、予想以上に多くのお金がかかってしまいます。詳細な金額は後述しますが、車高調の装着には車高調本体の金額だけではなく、工賃も必要になると把握しておきましょう。

乗り心地が悪くなる可能性がある

車高調を取り付けることで、乗り心地が良くなる場合もありますが、その反対に乗り心地が悪くなってしまう場合もあります。

というのも、前述のメリットで乗り心地が良くなると紹介したものは調整機能が車高調についている場合の話ですので、調整機能が付いていない車高調も中にはあるのです。よって、そのようなものを使用すると、以前よりも乗り心地が悪くなってしまうことがあるのです。そのようなデメリットもあることを覚えておきましょう。

アライメント調整が必要になることも

車高調を取り付ける3つ目のデメリットは、アライメント調整が必要になる場合があることです。

このアライメントという言葉は様々な分野で使われる言葉ですが、自動車で使用する場合に関してはホイールアライメントの事を指し、タイヤやホイールの角度、位置関係などの整列具合の事を意味しています。

よって、当然ながらこのアライメントが適正ではないと、走りにくくなってしまうということや、タイヤの減りが左右前後で偏ってしまうのです。

なので、車高調の取り付けを行うことで、別途タイヤホイールの調整なども必要になる場合があるので、さらに費用がかかってしまうデメリットがあるのです。

車が傷つきやすくなる可能性がある

車高調を付けた場合のデメリットには、車が傷つきやすくなる可能性が高くなるというものがあります。

これはどういう事かというと、車高を低くした場合は車体と地面に近くなるので、地面にこすりやすくなってしまいます。

地面にこすってしまうと、当然ですが車が傷ついてしまいますので、そういったリスクが発生することも事前に把握しておく必要があるでしょう。

視界や高さ制限に影響が出る

車高を高くする場合、通常は視野が広がるので遠くまで見やすくなりますので、メリットに感じられるでしょう。

しかし、実際は遠くは良く見える反面、近くの物に対しては視野が狭まってしまい死角ができてしまうので、小さな子どもや小動物、縁石や荷物などに注意をする必要があるでしょう。

また、極端に車高を上げてしまうと、高架下や建物の駐車場などに入なくなりますので、自分の好みにカスタマイズ出来るとは言え、あくまでも車検に通るような高さにしなければなりません。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車高調の費用

車高調を取り付けたいと考えている人の中で、一番気になる事といえばやはりどのくらいの費用がかかるのかという事でしょう。

車高調自体の金額

前述でもご紹介した通り、車高調自体の金額はカー用品の中でもかなり高額なパーツに分類されます。

具体的な費用としては100,000円~が相場です。

もちろん、ヤフオクなどで出品されている中古品などで揃えようとすれば、かなり費用を抑える事も可能です。しかし、そういった物はかなり使い古されている物や、車高調としての機能が失われている出品物の可能性もございますので、その点は注意が必要になります。

なので、基本的には新品の、もしくは中古だとしても信用できるショップで販売されている車高調を購入するようにしましょう。

工賃の相場

車高調の取り付けを行う場合には、業者などに依頼をするのが一般的です。業者に依頼する場合の工賃は、持ち込みの場合でも30,000円~といわれています。

普通車の場合には50,000円~60,000円する場合もあります。

ただ、車高調の購入と取り付けを同じショップで同時に行う場合には、店舗次第な部分もございますが半額程度の料金で取り付けを行ってくれる場合もあります。

工賃だけでもかなりの金額となりますので、工賃の事も考え車高調の購入前にその点も確認しておきましょう。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

車高調についてよくあるご質問

車高調についてよくいただくご質問にお答えします!

Q.車高調の種類っていくつある?

A.車高調には、ネジ式車高調、全長調整式車高調(フルタップ式とも言います)、Cリング式車高調の3つの種類があります。車高調には各々に特徴がありメリットとデメリットがあります。

Q.車高調を取り付けるメリットって何?

A.車高調を取り付けるメリットは、自分好みの車高に調整することが出来ることや、見た目のカスタマイズをして自分好みに変えることが出来ることです。また、サスペンションを変えて調整するため乗り心地を変えることができ、走行性能を上げることが出来るため、運転をしやすくすることも可能です。

Q.車高調を取り付けるデメリットって何?

A.車高調を取り付けるデメリットはは、車高調の部品本体や車高調を取り付ける工賃が高いことです。また、車高調を取り付けたことによって乗り心地が悪くなる可能性や、アライメント調整が必要になることもあります。また、車高を下げると車が傷つきやすくなったり、陸送など車を移動する際に断られてしまうこともあります。また極端に車高を下げると視界が狭くなり、運転に支障が出ることもあります。

Q.車高調の取り付けにかかる費用はいくら?

A.車高調の取り付けにかかる費用は、車高調の本体の金額が、およそ100,000円~が相場となっており、高額な部品に入ります。中古品で探すことも可能ですが、車両に対応しているかどうかの判断が難しいため、カーショップ等でそろえるほうが無難でしょう。また、車高調の工賃の相場は部品の持ち込みであれば30,000円~と言ったところで、普通乗用車の場合は50,000円~60,000円する場合もあります。

まとめ

車高調の種類には3つの種類があり、それぞれメリットやデメリットがあります。車高調を取り付けることで、車高を自分の好みの高さにできるなどのメリットがありますが、工賃や本体の費用がかかり、場合によっては乗り心地が悪くなるなどのデメリットもあります。どのような方法で行うのかをしっかり検討するようにしてください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。