車を高く売りたいなら知っておくべきコツ!売却の流れと注意点

自動車の困り事

「新しい車に買い替えたいので、古い車を売りたい」「車を使わない場所に引っ越しするので車を売りたい」など、さまざまな車を売りたい理由があると思います。
いざ車を売ることになった時に、どこに車の買取を依頼すると高く売れるのか知っていますか?

一般的に車の売り方は、ディーラーの下取り、中古車買取店への売却、ネットオークション等での個人売買などいくつか方法があります。車は売る方法次第で買取り額が大きく変わってきます。こちらでは、車を高く売りたい人必見の車を高く売るためのコツをご紹介します。初めて車を売るという方に向けて、車を売る時の流れや車買取業者についても解説していますので、車を売る前に一度ご覧ください。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

初めての車売却!車はどうすれば売れる?

初めて車を売るという方は、車売却は手間がかかりそうと思っていませんか?
実は車売却の流れはシンプルな4つのステップで完了します。車を売却する4ステップがこちらです。

車を売る時の4STEP
1.車の査定
2.車売却取引の成約
3.売却する車の必要書類を準備
4.売却する車と書類を引渡し

まずは、車を売る時の4つの手順ごとに解説していきます。

1.車の査定|車を売る前に買取相場を調べる

車の売却先を選ぶなら、一番高い査定額を出した車買取業者が一番ですよね。一番高い査定額を出す車買取業者を探すためには、車の査定を受けて買取業者から見積もりをとってみることになります。
見積もりをとる前に、まずは売る予定の車の現在の買取相場を調べましょう。

車の買取相場を調べる方法はいくつかあります。知人に車売却に詳しい方など業界に関わる人がいるなら聞いてみるのも良いでしょう。周りに詳しい人もいないという方はインターネットで買取相場を調べたり、日本自動車査定協会のシルバーブックなど消費者側が中古車の小売価格などを知る目安がありますので参考にすることも出来ます。

車の買取相場を調べるのが大変そうと感じた方は、複数社に同時に見積もりを聞いてみるのも手です。車を売ろうと決めたら、見積もりをとってすぐに売却!という方も多いかもしれません。しかし、一社に見積もりを聞いただけで決めてしまうと、他の業者の方がより高額で買い取ってもらえる可能性が残っているのに勿体ないのです。この時点で即決するのはあまりオススメできません。

車の査定は、余裕を持って複数社に確認し車買取相場を同時に把握できるようにしましょう。

所用時間30秒でだいたいの車査定価格を知る方法はコチラから

2.車売却取引の成約|車の買取内容を確認

車の査定を受けて現状の買取相場も確認し、最も高い査定価格をつけた業者が見つかれば、いよいよ車を売る売却取引が開始します。
車の売却先と取引を成約すると、次に車の引き渡しや書類準備になります。車の売却取引を成約してから、想定した内容と異なるためキャンセルしたいなどは出来ない場合や、キャンセル費用がかかる場合もあるため、成約をする前に内容をしっかり確認しておきましょう。車の買取額は高かったが、内容を確認すると引取手数料などが取られてしまい買取金額の総計が少なくなったという方もいますし、いざ車の引取りに来てから実車査定を再度行われて買取金額が変わったなどもあるようです。取引成約時に見積もりの内容や、今後買取額の変更はないのかなど確認しておかないとトラブルになりかねません。

3.売却する車の必要書類を準備|普通車と軽自動車

初めて車を売る人にとって、手間がかかりそうと心配になる一番のポイントは、売却する車の必要書類の準備でしょう。車を購入する時は基本的にディーラーに任せておけば納車までスムーズに行われますので、いざ車を売るまで車の書類に関してあまり知らなかったという車の所有者の方も少なくありません。

車を売却する時は、車の所有者が準備しなくてはいけない書類がいくつかあります。特に、普通車と軽自動車で必要な書類も違います。まずは、どんな書類が必要となるのか、売却前に確認しておくことをおすすめします。

車を売る時に所有者が準備する書類について詳しく解説はコチラから

4.売却する車と書類の引渡し|完了チェックする事は

車の査定を受け、車の売却先と内容を取り決めし、必要な書類を揃えたら最後に車と書類の引き渡しを行って、車の売却は完了します。車の売却が完了したら、書類の手続きを業者に委託する場合は抹消登録手続きまたは名義変更手続きがしっかり行われているかどうかと、車の買取金額がその場での現金決済でない場合は振込がしっかり完了しているのかを確認しましょう。特に個人売買取引で車を売却した場合は、売却後の書類の手続きでトラブルがおきやすいようです。書類手続きに期限などをつけて取引をすすめるようにしましょう。

車の売り方は3パターンある

前述したように、車の売り方としてはディーラーでの下取り、インターネットオークションやフリマサイトなどを利用しての個人売買、中古車買取店や業者への売却、と3つの方法がありますが、どれが一番良い車の売り方になるかは、車を売る人が車売却で重きを置くポイント次第で異なってきます。

簡単に車売却ならディーラーへの下取り

もし、乗り換えるために新車購入をするついでに今の車を売りたいのであれば、ディーラーで下取りに出す方法が一番簡単です。納車に合わせて車を引き取ってもらえたり、売却後空車期間があれば代車の手配までしてくれる業者もあります。ただし、ディーラーへの下取りを選んだ場合、実は買取額に比べると下取り額自体は高くならない事がほとんどです。下取りは基本的に次の車の購入金額からの値引きに充当されますので、手元にお金が入ってくるわけではありません。ディーラーで下取りに出すと、手続きなどを任せられる安心感と手間がなく簡単に売却が出来るため、時間がない方や手間をかけたくない方はディーラーへの下取りを利用すると良いでしょう。

一番高く売れるかも?オークションで個人売買

もし、買取価格の高さを重視したい場合は、やはりインターネットオークションやフリマサイトを利用しての個人売買取引になります。インターネットオークション等で個人で行う場合は、希望価格からオークションに出品し、納得のいく価格での売却が可能となります。売りたくない価格で売ることはありませんので、最も売値が上がる方法としては個人売買をする方法となります。ただし個人売買にはトラブルがどうしても多くなります。買い手も一個人ですので、廃車や名義変更手続きは全て自分または相手に任せることになりますし、取引相手がしっかりと手続きを完了してくれる人でなければ、名義変更せずにそのまま車を使用されてしまい事故を起こされたり、自動車税の支払い請求が届くなどトラブルに発展する可能性が高くなります。ハイリスク・ハイリターンになるため、あまりおすすめは出来ません。

車の個人売買取引の注意点に関する記事はコチラから

業者次第で高額査定も!車買取専門業者なら安心

中古車買取業者や、廃車買取業者など車の買取を専門に取り扱っている業者であれば、個人売買の時のように手続きの不安があったり、すべて自分でしなくてはいけないということが少なくなるためある程度業者に任せることが出来る安心感もあります。

特に中古車買取に関しては、現在の車の状況によって買取価格は大きく変動しますので、比較的新しい車であれば中古車買取専門業者で査定をしてもらうと高額査定になることも少なくありません。

また、年式が古かったり多走行な車、故障や事故修復歴がある車など、中古車買取では査定が厳しくなってしまいそうな車であっても廃車買取業者であれば、査定が可能です。動かない車や、車検切れの車などは引取手配などを個人で行うと費用が高くなりがちですので、すべて任せられる廃車買取業者がおすすめでしょう。

廃車手数料無料なら廃車買取業者カーネクスト!無料見積はコチラから

車を高く売るための4つのコツ

車を売る時の手順や売却先をご紹介しました。前述したように車の売却先を選ぶには、車の査定を受け、一番高い見積もり価格を出した売却先を見つけて売ることになります。そのためには、車の査定がポイントになります。こちらでは車の査定を受ける時に、高い車買取査定価格を出すための4つのコツをご紹介させていただきます。この車を高く売るコツは車の下取り査定や中古車買取査定、廃車買取査定など車の状態がどんな場合であっても有効な方法です、ぜひ実践していただければと思います。

車を高く売るための4つのコツを伝授!
1.査定前に車の清掃をする
2.査定時には車検証は必須
3.事前に修理する?修理しない?
4.複数社へ査定を依頼する

1.査定前に車の清掃をする

まずは基本中の基本である車の清掃です。特に外装(ボディ)部分の汚れに関しては査定額に影響する可能性が高いです。担当の査定スタッフと査定交渉をする場合は、そういった清掃の有無や車のメンテナンス状態も心証に影響を与えます。普段からのメンテナンスも大切ですが、査定前には可能な限り清掃して置きベストなコンディションで車を見てもらえるようにしましょう。

特にタイヤやフェンダー周りは、走行している時に泥はねや石飛び傷が起こりやすい部分です。汚れたままで置いておくと泥が定着し取れにくくなり、錆の原因になることもあります。汚れだけでなく、錆が出来ると査定評価の低下につながります。汚れてしまった後そのまま放置してしまうことで、直接的に査定結果を下げてしまう要因になります。取れる状態の汚れであれば、査定を受ける前にあらかじめ拭き取った状態で実車査定を受けましょう。

事故車などではなく、車としての再販が出来る車体の場合は中古車買取業者による査定時、内装も確認される事がほとんどです。シートの汚れは拭き取り、ホコリは掃除機などで取り除いておきます。特に内装については次の買い手がつくかどうかにかかわる、車内の匂いについてもマイナス査定対象になります。喫煙する方は普段から換気をするなどの対策を行っておきましょう。レザーシートの場合、直接消臭スプレーを吹きかけるとスプレー跡がシミになる可能性もあります。消臭スプレーの使用上の注意を読んでから使用する、吹きかけた後は乾き切る前に軽く乾拭きをするなど、注意しておきましょう。シートオプションで取り付けていても状態が悪いとマイナス評価に転じる可能性があります。

2.査定時には車検証は必須

車の査定はすべて実車査定のみといった業者であれば車検証が無くてもある程度情報を得て査定をしますが、カーネクストのように訪問査定なしで最終査定額の提示を行う業者の場合は、査定額の決定をするにあたり、車検証の情報が大きな査定評価部分になります。車検証情報がなければ、実は高い買取がつく可能性があるクルマであっても情報不十分となってしまい、高い査定価格を出すことが出来ないのです。車検証から得られる情報として、年式・型式・グレードなどがあります。車の状態としては、走行距離や自己申告での傷や凹み状況を電話口でヒアリングします。その二種類の情報が揃った状態でやっと、適正な査定額を提示することが出来るのです。電話口で概算を確認し、ある程度の車の買取相場を聞きたいという場合は、車検証を準備することと、ある程度の車の現状をチェックし応えられるように準備しておくと最適な金額を知る事が可能となります。

電話で査定を受けるなら、下記チェックリストの内容を確認し準備しておきましょう。

□ 車検証の基本情報(車台番号/年式/型式・グレード)
□ 現在の走行距離
□ 外装の傷や凹み
□ 走行状態に関する不具合の有無
□ 取付品等の純正・社外品オプションの有無

3.事前に修理する?修理しない?

3つ目のコツは事故や故障によって出来た故障個所や車の傷について、査定前に修理をするかどうかです。車の査定を受けるとき故障部分や傷があると、当然ながら査定額の減額に繋がるポイントとなります。可能であれば、そういった故障や傷がない状態にして査定を受けたいと思われるでしょう。しかし、実際のところは査定前に修理を行って現状回復したとしても、修理費用以上に査定額がプラスになるのかというとそんなことはなく、査定に差が出ることもあまりありません。

擦り傷等に関しては市販の車用のタッチペンを利用して目立たなくする事は可能です。しかし、傷の深度次第ではボディーカラーと全く同じ色のペンを使用していたとしても、どうしても溝ができてしまったり、質感がそこだけ異なる状態になります。車の板金塗装をされている業者に依頼するなら状態は良いかもしれませんが、その分費用がかかります。中古車買取店で買取後車の再販もしている業者の多くは、自社に車の板金塗装設備を所有していたり、提携の板金塗装修理工場があるため買取後に整備も可能です。前もって個人で出来る範囲の修理や修復であれば自社で行えるため、査定額が大きく変わることはありません。また、高額な修理が必要となる故障や大きなヘコミやガリ傷に関しては下手に手を出すと跡が残ってしまったりとさらなる減額になることも。査定を受ける前の修理等はせずに、そのまま査定を受けるようにしましょう。

4.複数社へ査定を依頼する

車を売る時の手順でも前述しましたが、車の買取相場の把握にも出来る方法として、1社だけに査定を出すのではなく、2社以上に査定を出すという方法があります。車の買取相場や車に詳しく、現在の車の市場価値を熟知されている方の場合は不要な方法となりますが、そうでない場合はこちらを実践されることをオススメします。

複数社に査定を出すことで、現状の車の買取相場を把握することも出来ますし、何より各社で価格の競争を行ってくれますので、査定額の交渉手段としても使えるネタとなります。また、買取業社ごとに高額査定が出来る車というのが異なりますので、そういった意味でも査定先を分散させることは重要となります。

廃車買取専門のカーネクストは海外への販路も持っていることから、日本市場では価格がつかないような古い車や多走行車であっても、想像されているより高値で買取できることもあります。お手持ちの車が海外で人気のある車の場合は、予想以上の高い買取価格になったというお声もありますので、カーネクストをふくめて複数社に査定を出されると、その車の最大買取価格相場の把握ができるでしょう。

車を売る時の注意点

車を高く売るコツや、下取りよりも高く売れて、個人売買よりもリスクがない車買取業者への売却されることへのメリットをご紹介しました。せっかく車を高く売れる一歩手前まで進んでいますが、一方で車を売る時には注意すべき点があります。特に初めて車を売却する時に、注意したい4つのポイントを解説します。

車買取査定費用がかかるところは避ける

車の売却先である買取業者を選ぶには、車の買取査定額を確認してからになります。この時に、車買取業者によっては査定費用がかかる場合があるのです。特に出張査定に関しては、業者から車の保管場所までの距離次第で範囲外になったり、有料査定になることもあります。車の売却を決めないと査定に費用がかかってしまい断りづらくなることも多いでしょう。査定が無料かどうかは前もって確認しましょう。また、出張査定を無料でしてもらえるなら有効に活用しましょう。1店舗1店舗に車を持ち込み査定のためにお店を回るのは面倒ですし、労力もかかってしまいます。無料出張査定をされているなら、車の所有者の都合にもある程度合わせてきてもらうことも出来ます。

納得がいかない場合は断る勇気も必要

車を下取りではなく、車買取業者へ売却する場合も査定額に納得いかない場合が出てくるでしょう。納得がいかなくても、「どうせ他に頼んでもこのくらいだろう」など諦めてしまい、提示された額で取引するケースも多いですが、納得がいかないなら無理して妥協する必要はありません。探してみれば、もっと良い条件で買い取ってもらえる可能性はありますので、特に売却をすぐに済ませる理由がないのなら、焦らずに、時には断る勇気も持ちましょう

車売却先とのトラブルを避けるために

車を売ることになり売却先とすでに売買契約が成立しているにも関わらず、実車をみて査定額を減額されることがあります。電話やインターネットで査定を受け、査定価格をお互いに確認して売却を決め、実際車を業者が引き取りに来たら査定価格を下げられたとなると、ガッカリですよね。外装に傷があると伝えていたが、業者が実車を見て思ったより傷が大きいなどの理由で減額されてしまうと、売り手としては納得できないと思います。走行できると伝えていた車が、実は事故車で走行出来ないなどの理由での減額に関しては、車両内容の相違となり減額もあると思いますが、文言通りに伝えていて確認できている範囲のことで減額されないように、売買契約時に減額について確認しておきましょう。特に個人売買取引の場合は、売買契約書を設けないで取引をすすめる方もいらっしゃるかもしれませんが、実車が到着後のトラブルも多いようですので、契約書を前もって作成しお互いに内容を合致させておくことをおすすめします。

まとめ

車を売る手順や売却先の選び方、車を高く売る4つのコツと注意すべき4つのポイントなど、車を売る前に参考にしていただきたいことをまとめてご紹介しました。

車の乗り換えをする予定の方や不要になった方が車を売りたい場合、過走行車や低年式車両になると買取査定自体はあまり期待できないかもしれません。まず手っ取り早くお任せしたいという方はディーラーに下取りに出すでしょうし、車としてまだまだ走れそうな状態であれば、中古車買取業者が手続きの手間も少なくお勧めです。また、出来るだけ高く売りたいといった場合は、上記でご紹介したように複数社へ査定をとり、車両情報を準備することや査定前の清掃をしっかりと行っておくべきでしょう。

中古車買取業者でも査定がつきづらく、個人売買では売却自体が難しい、車検切れの車や多走行車、事故車などをお手放し予定の場合は、カーネクストのような廃車を専門に扱い車買取業者への見積もり査定をされることをおすすめします。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。