車を一括払いで買いたい!メリットやデメリットを知ろう

自動車の困り事

車を購入する際には、まとまったお金が必要になります。そのため、ローンを組んで少しずつ返済していく方法が一般的です。しかし、車の購入資金をある程度貯めてあるのであれば、一括払いする方法も選べます。あまり馴染みのない車の一括払いですが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ローンと現金払いの違いなど基本情報を知って、賢く車を購入しましょう。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車を購入するなら一括払いがお得なのか?一括払いのデメリット・メリット!

車を購入する際はローンを使用するのが基本ですが、お金があるなら一括払いという選択肢もあります。車を一括払いで購入すると、どのようなデメリットやメリットがあるのかご存知ですか?ここで確認しておきましょう。

デメリットは一気に預金が減ること

車というのは、人生の中で購入するものの中でもトップクラスで値段の高い商品です。中古車や新車、メーカーや車種によっても異なりますが、数十〜数百万円の購入資金が必要になります。

一括払いで車を購入すると、大金が一斉に出ていくことになるのです。数百万単位のお金を一度に支払っても痛くも痒くもないという方であれば問題ありませんが、多くの方にとって車の購入資金は痛い出費となるでしょう。

大金が一度に出ていくことで生活費程度しか残らない場合は、注意が必要です。冠婚葬祭や会社都合による転職、病気や怪我などはいつ起こるかわかりません。万が一のときに使えるお金を手元に残しておけないのであれば、車の一括払いによる預金の大幅な減少はデメリットになるといえます。

スムーズに払えるのがメリット

一括払いで車を購入するメリットは、スムーズに支払いが完了することです。一括払いの場合、購入を決意して必要なお金を渡せば、その時点で支払いが完了します。ローンを組んで毎月決まった金額を返済するなど、後々に支払いが発生することはありません。一度で支払いが完了すれば煩わしさがなく、スムーズであるといえます。

また、一括払いで車を購入すれば、金利が発生しません。ローンを組んで毎月返済を行うと、車の購入費用のほかに数%の金利が発生します。たかだか数%と侮ってはいけません。車の価格は高いので、数%の金利でも支払額は高額になります。

結果的に金利分だけで数万円になることもあるため、支払総額が多くなって家計を圧迫しかねないのです。一括払いで車を購入すると金利が発生しないので、ローンを組んだときよりも支払総額が数万円抑えられます。一気に預金が寂しくなるというデメリットがあっても、長期的に見ると節約に繋がるのは大きなメリットと言えるでしょう。

車を購入する時、カードローンか現金一括か?

先述のとおり、一括払いをすれば金利が発生しません。毎月の生活費と万が一のための資金を十分に残せるほどの貯蓄があるのであれば、支払総額が抑えられる一括払いがおすすめです。

しかし、それだけの資金を確保するのは容易ではありません。そこで、カードローンを利用する場合に覚えておきたい金利やローンの種類について確認しておきましょう。

ディーラーローンや金融機関のマイカーローンがおすすめ

車を購入するときに利用できるローンとして、ディーラーローンや金融機関のマイカーローンが挙げられます。ディーラーローンとは、車を購入する販売店のグループ会社が提供するローンのこと。トヨタであればトヨタファイナンス、ホンダであればホンダファイナンスが利用できます。

2018年10月末時点で、新車購入時にかかる各ディーラーローンの金利(実質年率)は、以下の通りです。利用するプランによって、金利は異なることがあります。

ディーラーローン名 金利(実質年率)
トヨタクレジット 店舗により異なる
ホンダクレジット 3.5%
マツダスカイプラン 2.99%

上の表で紹介した金利は、あくまで一例です。金利は変動することがあるため、契約時に確認しましょう。ディーラーローンは購入する車を担保にしてお金を借りるシステムなので、審査に通りやすいです。審査もスピーディで、ディーラーが代行してくれるので手続きが簡単に済むというメリットがあります。

ただし、頭金が必要になることがあるので事前に確認が必須です。また、ディーラーローンの支払いが完了するまでの間は、車の所有者は自分ではなくディーラーとなってしまいます。車を自由に売却できない、マンションの駐車場を契約できない等のデメリットが生じることは覚えておきましょう。

ディーラーローンのほかに、金融機関のマイカーローンを利用する方法もあります。マイカーローンは、銀行や信用金庫などで組める車購入専用のローンです。

金融機関名 マイカーローンの金利 マイカーローンの限度額
三井住友銀行 4.475% 300万円
三菱UFJ銀行 6.475% 300万円

ディーラーローンと異なり、マイカーローンを組んで購入した車はすぐに自分名義のものとなります。免許を取得するための費用や税金などもローンの対象となることがあり、自由度の高さが魅力です。ただし、ディーラーローンに比べると審査が厳しく、審査スピードも遅いというデメリットがあります。

消費者金融のカードローンやクレジットカードは限度額に注意

消費者金融のカードローンや、クレジットカードを利用することでも車の購入は可能です。ただし、限度額に注意しなければなりません。消費者金融のカードローンを利用する際には、収入などの情報から借入可能額が決定します。いきなり数百万円もの大金を借り入れることは難しいので、新車の購入は難しいといえそうです。

クレジットカードにも限度額が決められているため、注意しなければいけません。限度額を超えないように分割払いを行うと、分割回数が増えるほど金利が高くなります。クレジットカードの金利はディーラーローンやマイカーローンなどと比べても高い傾向にあるので、わざわざ利用するメリットは少ないといえるでしょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

【値引き交渉】交渉が苦手な方でも新車の値引きを成功させる方法!

車は高い買い物なので、できれば値引き交渉をして少しでも安く買いたいところです。特に新車であれば、元の価格が高いので値引きできれば嬉しいもの。ここでは、覚えておきたい新車の値引きを成功させる方法を紹介します。

値引き目標額を決めよう

まずは、値引きの目標額を決めておきましょう。車ごとに値下げできる限界額というのが決められています。インターネットで情報収集を行い、この程度であれば値引きしてもらえるだろうという目標額を決めておくとスムーズに交渉可能です。

車ごとの値引き額を知ろう

値引き額は、車の種類ごとに異なります。基本的に価格が高い車は値引き額が大きく、安い車は値引き額が小さいです。車に合った値引き額を提示できるように、車ごとの価格についても調べておきましょう。

値引き交渉時のコツを知ろう

値引き交渉のコツとして、まずはディーラーのセール時期を狙ってみましょう。決算月である3月やボーナス時期である12月などは、ディーラーがセールを開催することがあります。セール時期を狙えば、効率的に値引き交渉が可能です。

また、その日のうちに購入する旨を営業担当者に伝えておきましょう。この時、いくらであれば今日購入するというように、条件を提示することが重要です。条件を飲めば今日中に契約が取れるとわかれば、値引き交渉に応じてくれることが多いといえます。

さらに、営業担当者を味方につけることも大事なコツです。営業担当者も人間ですから、横柄な態度を取る客よりも長く付き合える客をサポートしたいと思うのは当たり前のこと。信頼関係を築き、営業担当者と仲良くなるつもりで交渉しましょう。

まとめ

車を購入するときは、一括払いか分割払いか悩みがちです。一括払いをすれば金利がかからないため、総返済額が節約できるというメリットがあります。

ただし、十分な貯蓄がなければ万が一のための資金を圧迫してしまうので、懐事情に応じて一括払いをするかどうかを決めましょう。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。