ガソリン添加剤を使っても調子が改善しない過走行車は廃車に

廃車のコラム

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことはありますか?

ガソリン添加剤は車本来のパワーを引き出し、快適に走らせる役割を持っていますが、過走行車にも効果があるのでしょうか。今回は過走行車に対するガソリン添加剤の効果を中心にお話をします。

車の調子を上げて快適な走りを維持するガソリン添加剤は、過走行車に使用することで燃費を抑える効果が期待できます。

しかし添加剤を使っても調子が悪い場合、維持費がとても高くなってしまうため思い切って廃車にすることをおすすめします。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

過走行車にもおすすめ?ガソリン添加剤の役割

ガソリン添加剤は、使用することで車の調子を上げる働きがあると知っていても、具体的にどのようなものなのかを知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

また、本当に効果があるかどうか気になる人もいるでしょう。

まずガソリン添加剤の主な効果を挙げてみます。

・燃焼室や吸排気バルブ、インジェクター等に溜まったカーボン類の除去

・ガソリンタンク内のサビや腐食の防止及び水抜き効果

・燃料系統の汚れや摩擦を除去することによる燃費の向上

・スムーズなエンジンへの点火

車は走行距離が増すことでカーボンや汚れが蓄積されるとともに、摩擦抵抗により車本来のパワーを発揮できなくなってしまいます。

また、ガソリンタンク内には水蒸気という形で水分が含まれやすく、ガソリンタンクの底は水が溜まりがちになります。水が溜まってしまうとサビや腐食が発生し、エンジンがかからないなどトラブルの原因になるのです。

ガソリン添加剤は燃焼室の汚れを落とすことでエンジンへの点火がスムーズになり、燃費やパワーを向上させる効果を持っています。

また、水抜き効果もあるため、サビや腐食によるエンジントラブルを防ぐ役割も持ち合わせているのです。

ガソリン添加剤は言わば燃焼室のクリーニング剤のようなものです。ガソリンタンクから燃焼室に溜まった汚れを、ガソリンで希釈した添加剤を流すことで除去するという目的で使われます。カーショップだけでなく、大手ディーラーからも販売されています。

愛車を快適に走らせるためにも安心して使ってよいでしょう。

過走行車に添加剤は効果があるの?

車本来のパワーを引き出すガソリン添加剤ですが、過走行車にも効果はあるのでしょうか。

過走行車とは、一般的に走行距離が10万km以上、または年間の走行距離が1万㎞以上の自動車です。

過走行車になると、エンジンをはじめ様々な部品の耐久性が落ちると考えられています。そのような状態の車にガソリン添加剤を使うことで、本当に本来のパワーを取り戻せるのでしょうか。

添加剤は走ることでインジェクター内に堆積される汚れを落とし、エンジンへの点火をスムーズに行って燃費を良くする効果を目的としています。

元々あった機能や性能を上げるためのものではありません。つまり大幅に性能を上げるためのものではないということをまず理解しておく必要があります。

そして、その効果は、車の状態や個人の感じ方で違いが出るかもしれません。特に汚れがそれほど堆積しておらず、症状が軽い間は添加剤の効果を感じにくいといった声もよく聞かれます。

添加剤は良いコンディションをできるだけ長く保つ、悪化しないための予防というふたつの効果を持っています。

車を大切に、長く乗りたい場合は添加剤を使ってみるのもよいのではないでしょうか。

特に過走行車に関しては、添加剤の使い方を間違わなければ燃費が向上するかもしれません。添加剤を正しく使用することで、過走行車でも燃費の向上が期待できるため、使ってみるのもひとつの手です。

では、次に過走行車用の添加剤の使い方についてご説明します。

・過走行車用添加剤の使い方

車のパワーを上げて快適な走りを維持するためのガソリン添加剤ですが、どのように使ってよいかわからないと思う方もいるかもしれません。

ここでは、車のコンディションを維持するためのガソリン添加剤の使い方についてご紹介したいと思います。

販売されている添加剤の中には「少走行車用」と「過走行車用」のものがあり、それぞれ効果が少し違うようです。

過走行車用の添加剤は洗浄よりもコーティングが優先されており、走行距離の増加に伴う摩耗に対する効果を目的としています。過走行車にガソリン添加剤を使う場合は、過走行車用の添加剤を選ぶようにするとよいでしょう。

ガソリン添加剤の使い方は難しいものではありません。ガソリンタンクに流し入れるだけの非常に簡単な作業です。

ただし、使用する添加剤の量には注意が必要です。気を付けなければならない点はガソリンと添加剤の比率。ここを間違うと本来の効果を発揮できないだけではなく、逆効果になってしまうこともあるため気を付けてください。

特に軽自動車やタンク容量が多い車種には注意が必要です。

また添加剤を入れるタイミングは、ガソリンを満タンにする前が適しています。満タンの状態で添加剤を入れると十分な量が入りません。添加剤を入れてからガソリンを入れると、タンク内で均等に希釈されるため添加剤の効果が発揮できるでしょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

添加剤でもどうにもならない過走行車は廃車に!

メンテナンスをきちんと行い、添加剤などを使って大切に乗ってきた車でも、寿命はやってくるものです。

添加剤を使うことで燃費の向上が期待できるかもしれませんが、添加剤を使っても状態に改善がない過走行車は、維持費にとてもお金がかかってしまいます。燃費が悪くなるとガソリンを入れる回数が増え、ガソリン代は当然高くなります。

また、メンテナンス回数を増やすことで出費が膨らむため、過走行による燃費の悪さにより維持費が高くなってしまうのです。

エンジンを何度も交換している過走行車の場合は、部品が劣化している可能性が高く、添加剤を使っても状態が改善されないかもしれません。

特に低年式の過走行車はエンジンやトランスミッションだけでなく、車体そのものも劣化していることがよくあります。車体にサビがあるとそこに穴ができてしまうことがあり、車体の強度も弱くなってしまうことも十分あり得るため、良い状態に戻すことはかなり難しいでしょう。

このように添加剤を使っても状態が改善しない過走行車の場合、修理を続けるよりも思い切って廃車買取をしたほうが良い結果を得ることがあります。

廃車買取なら劣化した部分以外の部品を買い取ってくれるため、値段が付く可能性があります。ディーラーや中古車販売業者は査定額がゼロになったり、処分する費用が必要と言われたりすることがほとんどですが、廃車買取業者なら状態のよいパーツをリサイクル資源として買い取ってくれます。過走行車でもお金になることも。

というのも、過走行車でも海外ではまだまだ需要があるからです。カーネクストのように海外販路を持っている廃車買取業者では、使えるパーツを海外へ売ることで利益を出すシステムになっているところがほとんど。

日本の車やパーツは品質が高くて強いことから、状態が悪くどうにもならない過走行車でも価値が付くことがあるので、買取を依頼してみましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

ガソリン添加剤は燃焼室などに溜まった汚れを落として車の調子を上げる働きがあり、過走行車に使用することで燃費の悪さを改善する効果も期待できます。

しかし、添加剤を使っても状態が改善しない場合、廃車を視野に入れたほうがよいでしょう。

過走行車を手放すことをお考えの方は、廃車買取専門業者であるカーネクストへお気軽にご相談ください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。