改造車に乗っている場合、車検はどうなる!?

自動車の困り事

車好きが高じると、あちらこちら手を加えたくなるものです。

しかし、それによって改造しすぎてしまうと、車検が通らなくなったり、いざ手放すときに廃車にしなければならなくなったりと、トラブルが起こりやすくなることは事実です。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

改造車で車検に通る場合と通らない場合

shutterstock_658674616

改造であっても絶対に車検に通らないということはなく、改造のレベルによっては問題なく車検を通ることもあります。

それでは、車検を通すに当たって改造していても許される点、そして、改造してはいけない点について考えてみましょう。

改造しても許される点

車を改造していても、保安基準をクリアしている指定部品を使用していれば車検は通ります。

指定部品には、以下のようなものがあります。

車体周りの装備に使用する各パーツ 排気系の使用するエキゾースト
パイプ マフラーカッター
車内に使用する空気清浄機や
オーディオ機器などの音響機器類
無線機
走行装備に使用するタイヤやホイール 操作装置に使用するステアリング・ホイール
変速レバー シフトノブ
衝装置に使用するコイルスプリング ショックアブソーバー
ストラット ストラットタワーバー

また、特殊な装備としては身体障害者用操作装置などがあり、火炎類やミラー、フォグランプ、ハイマウントストラップランプなども、保安基準をクリアしていれば車検は通ります。

改造してはいけない部分

上記に対して、今度は改造する事で車検に通れなくなる部分についてご紹介しましょう。

車のサイズの変更

車のサイズには規定が定められており、既定の範囲を超えている場合には車検を通らないことがあります。

  • 全長:±3㎝以内
  • 全幅:±2㎝以内
  • 全高:±4㎝以内
  • 最低地上高:9㎝以内
  • 車重:100㎏以下

これらが規定として定められています。この規定の範囲を超えた改造を行う場合には、安全基準を満たすことを条件として構造変更申請を行えば、ひとまず車検に出すことはできます。

フィルムやステッカー

もともとフロントガラスにフィルムを貼ることは許されていません。また、サイドウィンドウや後部座席の窓にはフィルムを貼ることができますが、透過率70%以上でない場合には、車検を通らなくなる可能性が高くなります。

フロントガラスには車検標章と定期点検済みのステッカーしか貼ることができませんので、これ以外のステッカーを貼っている場合では車検を通らなくなる可能性が出てきます。

タイヤやホイールサイズの変更

車幅をはみ出したサイズのタイヤやホイールでは、車検を通すことができません。また、ボディへの干渉やスピードメーターに悪影響が及んでいる場合にも、車検は通りません。

既定サイズを超えるエアロパーツに変更

既定サイズは、軽自動車では幅1.48m、高さ2m、全長は3.4mとなっています。したがって、このサイズを超えるエアロパーツを使用している場合では車検を通すことができません。

ヘッドライトの色の変更

規定では、ヘッドライトの色は白色または黄色と定められていますので、これ以外のヘッドライトでは車検を通すことができません。

改造車を車検に通すために構造変更申請

shutterstock_575534662

改造車であっても、改造変更申請を提出すれば車検に通る可能性が高くなります。

ただし、車検を通すためには上記の規定が守られていることが前提条件となっていますので、まずはご自身で愛車をくまなくチェックして、既定の範囲内で収まっていることを確認しておきましょう。

構造変更申請とは?

構造変更申請とは、安全基準の規定の範囲内で改造を行ったということを申請するための手続きです。この申請は陸運局の管轄となり、申請後に検査を受けておかないと違法改造車としてみなされます。

構造変更申請の手続き方法

構造変更は陸運局または自動車検査登録事務所で申請することができます。

これらの場所を訪れる際には、車のチェックももちろん大切ですが、必要な書類が揃っていないと申請することができませんので、十分な注意が必要です。

必要書類

車検証のコピー、自動車検査票、点検整備記録簿、自賠責保険証明書、使用者の委任状(認印押印)、所有者の委任状(認印押印)、申請書、手数料納付書、自動車重量税納付書が必要になります。

費用

構造変更検査手数料

小型車2,000円、小型車以外2,100円、乗用車(小型車)1,700円、小型車以外1,800円

改造車を車検に通すためにはさまざまな書類が必要になり、所定の手続きも必要になります。きちんと申請を行っておかないと車検を通すことができなくなるだけではなく、違法改造車扱いになって反則金や罰則の対象になることがあります。

改造車の車検を通すためには、面倒でも必要な書類をすべて用意し、構造変更申請を行っておきましょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車検に通らない改造車を手放したいなら

shutterstock_698971030

構造変更申請さえすれば車検を通るのならひと安心と、気が楽になった方は多いことでしょう。

ですが、構造変更申請の審査基準は思った以上に厳しく、ご自身では大丈夫だと思っていても車検で引っ掛かる可能性は十分に考えられます。

車検に通らないのであれば思い切って廃車にしてしまうというのもひとつの選択肢ではありますが、せっかく手間暇かけて改造した愛車であれば愛着がありますし、いきなり廃車というのはもったいないですよね。

また、解体業者に依頼して廃車にするにもお金がかかりますし、手続きも面倒です。

さらに、一般的なディーラーやショップでの下取りという場合でも、改造車の場合では査定額が低くなることがありますので、あまりおすすめできる方法ではありません。

それよりもパーツ単位で査定額の算出ができる廃車買取業者のカーネクストに買取に出す事で、汎用性のパーツが多く使用されている改造車の査定額UPの可能性が大いに高くなるのです。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

また、その際にはマフラーやアクセサリーなどはなるべく取り外さずに、そのままの状態で査定してもらうことをおすすめします。

というのは、装備している社外パーツの種類によっては高額査定となる可能性もあるからです。たとえば、オーディオ、カーナビ、エアロパーツ、マフラーなどがこれに当たります。

ただし、高額査定を受けるためには、やはり車検に対応していることが条件となります。

つまり、改造の仕方や業者によって査定アップの場合と査定ダウンの場合があるということです。いずれの場合であっても、いくつかの廃車買取業者に見積もりを行ってもらうと良いでしょう。

まとめ

改造車の車検や買取についてのご紹介をしてきました。

愛着がある改造車を手放すのは心苦しいかもしれませんが、車検を通らなければ違法改造車となり罰則金や処罰の対象となることもあります。

廃車する際はぜひ弊社カーネクストにご相談ください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。