廃車時に仮ナンバーが必要なケースと発行手順

廃車のコラム

普通のナンバーと違って、赤い斜線が入っていたり赤く囲まれていたりするナンバーをつけている車があります。

いわゆる「仮ナンバー」です。これは、どんなときに必要なのでしょうか。廃車で使うときの発行手順も紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

仮ナンバーって何?どんなときに必要なの?


道路車両運送法の第58条により、無車検の車は公道の運転ができません。無車検の車とは、単に車検切れの車を指すのではなく、これから新規検査や登録を受ける未登録車も含まれます。違反すると罰則規定が定められており、6ヶ月以下の懲役か30万円以下の罰金が科せられ6点の減点です。

けれども車検を受けなければ、いつまでも公道を運転できないままです。そこで「臨時運行許可」を申請し、仮ナンバーを発行してもらいます。手続きの窓口は最寄りの市区町村や運輸支局で、軽自動車も同じです。仮ナンバーを必要とする前日か当日に限って受け付けています。

用意するのは車検証など車を確認できる書類、本人確認書類、認印、自賠責保険証明書です。費用は運輸支局で発行した場合、750円の収入印紙が必要ですが、市区町村によって異なります。

廃車で一時抹消登録(軽自動車の場合は一時使用中止)した車を、再利用のために中古新規登録(軽自動車は中古車新規検査)するときも、仮ナンバーを発行します。車を確認できる書類は、廃車の手続き時に発行された「登録識別情報等通知書」(軽自動車は「自動車検査証返納証明書」)です。

これらと必要事項を記入した「臨時運行許可申請書」を窓口に提出します。臨時運行許可申請書には経路を書く欄があり、それ以外は運転できません。期間は5日を上限に最短で設定され、同じ市区町村内の移動なら1日だけです。車検や登録、販売以外は正当な理由が無ければ許可されません。

臨時運行が許可されると、赤い斜線の入った仮ナンバー(臨時運行許可番号標)を2枚貸し出してくれるので、これを車の前後に取り付けます。冒頭で触れた「赤く囲まれたナンバー」は回送運行用で、ディーラーや中古車販売業者がまとめて無車検の車を移動させたいときなどに使うものです。

もちろん期限切れの仮ナンバーで運転すると、道路車両運送法の第35条第6項に抵触し、6ヶ月以下の懲役か30万円以下の罰金を科せられてしまいます。目的を果たしたら速やかに返却しましょう。

カーネクストの場合は、車検切れの車でも買取を行なっており、運搬の際には無料でレッカー車を手配いたしますので、仮ナンバーの発行は不要でございます。

仮ナンバーの発行には自賠責保険の加入が必須!


先述のとおり、仮ナンバーの発行には自賠責保険の証明書が必要です。車検が切れていたり、一時抹消登録していたりするなどして未加入になっている場合は、そのために加入しなければいけません。

自賠責保険は自動車保険を扱う保険会社や、その代理店で加入できます。バイクと違ってコンビニでの手続きはできません。保険料はどこで加入しても同じです。

最短で1ヶ月から加入できて、その場合の保険料は普通車が5,870円、軽自動車が5,840円です。どちらも24ヶ月(2年)だと、それぞれ25,830円と25,070円ですから割高に思えるでしょう。

自賠責保険で補償されるのは対人賠償だけです。対物賠償はもちろん、自分自身や車に対する補償もありません。万が一、大きな事故を起こしてしまうと莫大な費用がかかってしまいます。自分の車も廃車にしなければいけないでしょう。

それをカバーするのが任意保険ですが、車検が切れている状態で加入できる保険会社はそんなに多くありません。加入できるとしても、「車検に通った後は引き続き契約を継続する」などの条件を提示される場合があります。

本来はレッカー車で運んでもらうのが望ましいですが、自分で依頼した場合は基本料と作業料、さらに距離に応じた牽引料がかかります。最低でも1万円くらい、場合によっては10万円以上です。仮ナンバーを発行して1ヶ月だけ自賠責保険に加入するよりも、かなり高くつくのが悩ましいところです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

廃車なら仮ナンバーを発行するより業者に依頼


車検を受けていない未整備の車は、エンジンやブレーキ、足回りに問題を抱えている場合が多く、仮ナンバーとはいえ自分で運転するのは危険です。事故を起こすリスクも高くなります。できればレッカー車で運びたいところですが、先述のとおり費用が高いのが難点です。

もし一時抹消登録(一時使用中止)していた車を解体するなら、廃車買取業者に依頼すると、仮ナンバーを発行して自分で運転するよりも安全でお得です。レッカー代がかからず、手続きも無料で代行してくれます。代理で手続きしてもらうための書類を揃えるだけですから簡単です。

まとめ

仮ナンバーは、車検が切れるなどして無車検状態になった車を臨時で運行するときに発行されるものです。そのためには許可申請をする必要があります。ただし原則として決められた経路しか運行できず、有効期限が切れたら仮ナンバーを返却しなければいけません。自賠責保険の加入も必須です。

カーネクストでは、一時抹消登録した車を解体するときだけでなく、最初から廃車にする場合も手続きを代行しております。もちろんレッカー代や手続きにかかる費用は無料です。車検切れなどで走行不能になった車も買い取ります。ぜひご相談ください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。