SDGs 持続可能な未来への取り組み

通話無料 日本全国対応 営業時間8:00~22:00 0120-997-835

今すぐ電話で無料査定

輸出予定届出(軽自動車の廃車手続き)

軽自動車の廃車手続きにはいくつかの種類があり、廃車にする目的や状況によって行う手続きが異なります。こちらでは、輸出予定届出について説明いたします。

廃車手続きをしているイメージ

目次

  1. 輸出予定届出とは

  2. 一時使用中止がされていない軽自動車の輸出予定届出手続きの流れ

  3. 一時使用中止がされている軽自動車の輸出予定届出手続きの流れ

  4. リサイクル料金の還付

輸出予定届出とは

輸出予定届出とは、軽自動車を輸出する際に行う手続きのことです。輸出予定届出は、転勤などで海外に移住する際、日本で使用していた軽自動車を海外へ持って行く場合などに行います。輸出予定届出の手続きの流れや必要書類は、軽自動車の登録情報を一時的に抹消する一時使用中止がされているかどうかによって異なります。

一時使用中止がされていない軽自動車の輸出予定届出手続きの流れ

一時使用中止がされていない軽自動車の輸出予定届出手続きは、必要な書類を準備した上で、軽自動車を使用している現住所管轄の軽自動車検査協会、および税関にて行います。軽自動車検査協会で行う手続きは、輸出予定日の6ヶ月前から行うことができます。輸出予定届出の手続きに必要な書類については、輸出予定届出の必要書類にて詳しく説明しておりますのでご参照ください。

一時使用中止がされていない軽自動車の輸出予定届出手続きの流れは以下のとおりです。

関連リンク

一時使用中止がされている軽自動車の輸出予定届出手続きの流れ

一時使用中止がされている軽自動車の輸出予定届出手続きは、必要な書類を準備した上で、軽自動車を使用している現住所管轄の軽自動車検査協会、および税関にて行います。軽自動車検査協会で行う手続きは、輸出予定日の6ヶ月前から行うことができます。輸出予定届出の手続きに必要な書類については、輸出予定届出の必要書類にて詳しく説明しておりますのでご参照ください。

一時使用中止がされている軽自動車の輸出予定届出手続きの流れは以下のとおりです。

リサイクル料金の還付

リサイクル料金とは、車を解体・粉砕した後に残るシュレッダーダスト・エアバッグ類のリサイクルやカーエアコンなどのフロン類の破壊にかかる費用のことで、国が指定する資金管理法人に預託することが義務付けられています。このリサイクル料金が預託されている車を輸出した場合、リサイクル料金の還付を受けることができます。ただし、輸出日から2年を経過すると還付を受けることができなくなります。

関連リンク

トップへ戻る