車を売りたい!意外と知らない車の売却方法と注意点

自動車の困り事

車を売りたいと考えたとき、まず思い当たる売却先はディーラーや中古車販売業者でしょう。しかし「できるだけ高く売りたい」となれば、それ以外の方法での売却も考えておかなければいけません。

今回は、意外と知られていない車の売却方法と、売却時の注意点について解説します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車を売る方法には5つあるって知ってた?

車を売却するための方法は意外と多く、実は5つも存在しています。それぞれどのような方法で売却するのか、詳しくみていきましょう。

中古買取業者への依頼

まだまだ新しく月日も経っていない車であれば中古買取業者がおすすめです。

内装も外装もしっかりとメンテナンスしておけば、特にそんなに減額されることもありません。

きっちり車検を受けて車の中の掃除や臭い取りもこまめにおこなっている人であれば中古買取業者に任せましょう。

廃車買取専門業者への依頼

もう乗り潰してボロボロの場合や事故にあった場合、部品が一気に壊れて新しいのを買おうか修理をしようか迷っている方は廃車買取専門業者にお願いしましょう。

一部分が壊れていても、他の部品が使えるのであればそれだけでも買い取ってくれるのが廃車買取専門業者です。

新しくもないし、最近よく壊れて維持費が大変といった方はこちらの廃車買取専門業者に依頼するのがおすすめです。

ディーラーの下取り

次に購入する車が決まっているときには、ディーラーで下取りしてもらうという方法もあります。売却予定の車が、売却先のディーラーと同じメーカーであればより高く下取りしてもらえる可能性もあります。

また、中古車ではなく新車をディーラーで購入することで、下取り額を上げてもらうこともできるでしょう。一般的にディーラーの下取り・買取は安いといわれていますが、新車購入と車の売却を同時に出来るという点から一箇所で全てを完了させられるというメリットは大きいでしょう。

オークション出品

個人ではあまり利用されていない方法ですが、オークションでも車を売ることができます。

オークションでは下取りや買い取りよりも高値が付くこともあり、積極的にオークションで売買を繰り返している方もいるようです。

ただしオークションはトラブルに発展しやすく、車そのものと売却手続きに関する知識がなければ利用するのは難しいでしょう。

個人間売買

雑誌で個人の購入者をつのったり、知り合いに直接売却したりするのが個人間売買です。

中間マージンが存在しないため売る方は高く売却でき、買う方は安く購入できるという利点がありますが、やはりこういった個人間売買はトラブルも多いことで有名です。

車を売るときのトラブルが多い方法って?

車売却時のトラブル

車の売却方法でもっとも高く売却できる可能性があるのはオークションと個人間売買です。

中間マージンがなく、欲しい人と売りたい人が直接交渉するわけですから、交渉次第で買取専門店での見積もりよりも高く売却できます。

しかし、これらには「トラブルが多い」というデメリットがあります。

契約成立があいまい

この取引では車買取・販売のプロが存在しないため、売買が成立しても代金の引き渡しと車の引き渡しがうまくいかなかったり、売買成立後にキャンセルされたり、といったトラブルが起こりやすいのです。

実際に個人間で契約書などを交わされる場合は、ある程度はそういったトラブルは回避できます。

しかし、一般の方はこういった契約書の作成などをしたことが無い場合がほとんどですので、法的に強制力を発揮できるものが無いままでの取引をされることになるでしょう。

そうなると、単なる口約束レベルの売買となりますので、安全に取引できるかは相手の誠実さ次第、すなわち運次第となるのです。

税金関連のトラブル

面倒なものでは、名義変更や自動車税のトラブルも考えられます。

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に、1年分の税金を支払うよう通知を出します。売却のタイミングによっては、「もう車は手元にないのに納税通知書だけが届いた」ということもあるでしょう。

年の途中であっても、翌年3月分まではすでに売却側が支払ってあるのですから、買取側は買取時点から翌年3月までの自動車税を売り主側に支払うことになります。ところが、どちらも拒否し「売り主側に税金を支払ってほしい」という購入者が少なからずいるようです。

また、わざと売買後の名義変更を行わない人もいます。わざとではなくとも、書類を整備し提出するのが面倒、といった理由でなかなか名義変更を行わない人もいるようです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

廃車を高額に買い取ってもらうには?

事故車や故障車など、廃車にするしかなかった車はなかなか高額に買い取ってもらうのは難しいのではないかと考えるでしょう。

例えば、新車で事故を起こしてしまった場合で車の前方から突っ込んでしまった、後ろだけ事故を起こしたといったケースであれば、高額買取のチャンスです!

中古買取の市場であれば、事故を起こした車を売るのは難しいでしょうが、廃車買取専門の業者であれば、パーツで買い取ることが可能です。

しかも後方だけの事故の場合は、エンジン部分が無事なケースも多く、廃車になるだけだと落ち込まずに、廃車買取専門の業者に相談してみましょう。

車種によってはパーツだけでも高額買取の実績もあるカーネクストにお任せください。

もし事故にあって、車が動かないという場合でも、引き取り・レッカーは無料でおこなっており、その他の面倒な手続きも弊社が代行して行いますので安心してご利用いただけます。

独自の海外販売ルートを保有しており、あまり中古の市場では人気のない「商用車」や「軽トラック」、「ディーゼル車」なども高額買取が可能です。

海外の車とは違い、丁寧に作られて車検やメンテナンスもしっかり受けてきていた車は廃車同然でも売ることは可能です。

また、20秒で簡単入力の無料査定がネットでできます。一度そちらの無料査定も利用してみて下さい。

関連リンク

まとめ

車の売却方法についてご紹介してきました。廃車寸前のものや事故車などは中古買取業者に依頼するより、廃車買取専門の業者に依頼するのをおすすめします。

まだまだ使えると思っていても小さな傷がたくさんあったり、車の中が臭ったりして中古車買取では減額されてしまう可能性がかなりあります。

一度、中古買取業者と廃車買取専門の業者に相談し、どちらの買取の方が今の車が向いているのか無料査定をしてみましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。