車のへこみはドライヤーで直せる!手順と注意点を解説

車にできたへこみは、ドライヤーで直せる可能性があることをご存知ですか?車にへこみができてしまうと、見た目が悪く気分も落ち込んでしまうものです。 修理に出さなければならないとわかっていても、かかる費用を考えるとつい躊躇して … 続きを読む 車のへこみはドライヤーで直せる!手順と注意点を解説

この記事は約8分で読み終わります。

車にできたへこみは、ドライヤーで直せる可能性があることをご存知ですか?車にへこみができてしまうと、見た目が悪く気分も落ち込んでしまうものです。

修理に出さなければならないとわかっていても、かかる費用を考えるとつい躊躇してしまうことも珍しくありません。そこで今回は、車にできたへこみをドライヤーで直す方法をご紹介します。

車のへこみをドライヤーで直せる理由

なぜ、車のへこみはドライヤーで直せるのでしょうか。まずは、車にへこみができる原因とドライヤーがへこみに効果的な理由を知っておきましょう。

車にへこみができる原因

車にへこみができる原因としてまず考えられるのが、ぶつけることです。狭い道路や駐車場で障害物にぶつけてしまったり、バックで駐車するときに距離感を間違えてぶつけてしまったりすることで、車にへこみができてしまいます。

また、運転中に何かが飛んできてへこみ傷を作ることも。車を運転しているときに飛び石などがぶつかると、車の走行スピードの影響で予想以上に大きなへこみとなってしまうことがあります。

これらが原因で車にへこみができてしまった場合、ドライヤーで直せることが多いです。

なぜドライヤーで車のへこみを直せるのか

どうしてドライヤーを使うことで、車のへこみを直せるのでしょうか。それは、ドライヤーが効率よく熱を発してくれるアイテムだからです。

車のバンパーは樹脂製なので、温めることで柔らかくなり変形しやすくなります。そのためドライヤーで高温の風を当て続けることで、へこみを元通りにできるのです。また、車のボディはバンパーのように柔らかくはなりませんが、形状記憶という金属の性質を使うことでへこみを直せます。

ただし、ドライヤーを使って自力で車のへこみを直せるかどうかは、へこみの程度や車の状態によっても異なるもの。必ずしも綺麗に直せるわけではありません。場合によってはへこみが直らない、ほかのパーツに悪影響を及ぼすなどの可能性もあるため、ドライヤーを使ってへこみを直す場合は自己責任で実施しましょう。

ドライヤーで車のへこみを直す方法

それでは、ドライヤーで車のへこみを直す具体的な手順と注意点を確認しましょう。

ドライヤーで車のへこみを直す手順

車のへこみを直すために必要な道具は、ドライヤーと冷却スプレーです。ドライヤーだけで直せることもありますが、基本的には温めるものと冷やすものを両方使う必要があります。

まず、車のへこんでいる部分の汚れを落としておきましょう。車に付着した汚れに熱を加えることで、熱が効率よく伝わらなくなったり汚れがこびりついてしまったりすることがあるからです。クロスなどを使って、汚れを拭き取ってください。

汚れを拭いて落としたら、ドライヤーの熱風をへこんだ部分に当て、しっかりと温めます。へこんでいる部分全体に満遍なく風が当たるようにしましょう。少し温めただけでは直せないため、根気よく熱を加え続けてください。

十分に熱風を当てたら、温めた部分に冷却スプレーを当てます。温めた部分をすぐに冷やすことで、へこみが軽減されるのです。急速に冷やす必要があるため、ドライヤーの冷風機能ではなく冷却スプレーを使いましょう。

車のへこみ具合によっては、一度の加熱と冷却だけでは元通りにならないことがあります。その場合は、何度もドライヤーと冷却スプレーを交互に当てましょう。一度だけで綺麗に直せなくても、数回繰り返すことでへこみが解消されることがあります。根気よく加熱と冷却を続け、へこみを直してください。

ドライヤーで車のへこみを直すときの注意点

ドライヤーを使って車のへこみを直すときは、いくつか押さえておきたい注意点があります。

まず、作業をするときは必ず軍手を着用してください。ドライヤーを使用すると、熱風を当てた部分はとても熱くなります。うっかり触ってしまうとやけどをしてしまう恐れがあるため、怪我を防止するためにも軍手の着用は忘れないようにしましょう。

また、バンパーを温めるときは加熱のし過ぎに注意する必要があります。先述したとおりバンパーは樹脂製なので、温めると変形しやすくなり、へこみを直せるのが特徴です。これは、温めすぎると溶けてしまうということでもあります。溶けてしまうと修正不可能になってしまうため、バンパーに熱風を当てるときは特に注意しておきましょう。

そして、ドライヤーと冷却スプレーを使って直せるへこみは、あくまで表面的なものだけだということを忘れないでください。何らかの障害物にぶつかって車がへこんだ場合は、表面がへこんだだけでなく、内部も損傷していることがあります。加熱と冷却によって表面のへこみを直せても、内部の損傷までは直せません。ドライヤーは表面のへこみにだけ効果的だと覚えておきましょう。

ドライヤー以外で車のへこみを直す方法

車のへこみを直す方法は、ドライヤーと冷却スプレーを使う以外にもあります。ここで、へこみを直せる方法をいくつかチェックしてみましょう。

自力でできる方法

へこみがそこまで大きくない場合は、熱湯を使って直すことも可能です。へこんでいる部分に熱湯をかけ、裏から押すことでへこみを直します。熱を加えて直すのはドライヤーと同じで、一度で直らない場合は何度か繰り返すというのも共通です。

ポイントは、熱湯をかけたら冷めないうちにすばやく裏から押すこと。冷めてしまうと効果がないので、スムーズな作業を心がけましょう。熱湯を使う場合は、やけどに気をつけてください。一度で直らない場合は何度も熱湯をかける必要があるため、お湯を沸かす手間がかかるのが難点です。

次に板金ハンマーというアイテムを使って、へこみを叩いて直す方法もあります。へこんでいる部分を裏からハンマーで叩くことで、元通りにする方法です。樹脂製のバンパーには加熱と冷却が効果的ですが、鉄のボディにはなかなか効果がないことも。ドライヤーと冷却スプレーだけでボディのへこみが直らない場合は、ハンマーで叩いてみるとよいでしょう。

ただし、裏側から叩く必要があるため、十分なスペースがない部分にこの方法は使えません。場合によっては該当箇所を叩くためにほかのパーツを外さなければならず、自力では無理なことがあります。

3つ目に市販されている吸盤を使い、引っ張ることでへこみを直す方法も。ドライヤーでへこみ部分を温めてから吸盤で引っ張ると、元通りになる可能性が高いです。ただし、吸着力の弱い吸盤ではへこみが直らず、吸着力が強すぎる吸盤では塗装を剥がしてしまうことがあるため、注意してください。

難しければプロに依頼しよう

へこみを直す方法は、ドライヤー以外にもたくさんあります。しかし、あくまで自己責任のため上手く綺麗に直せるとは限りませんし、場合によってはより悪化してしまうことも。自力で直すのが難しいと判断した場合は、プロに依頼してみましょう。

プロにへこみ部分の修理を依頼すると、時間と手間をかけずに綺麗に直してくれるのが特徴です。また、プロに依頼することで表面のへこみだけでなく、内部の損傷にも適切な修理を行ってくれます。

修理にかかる費用は依頼先によって異なるため、事前に調べたうえで頼むのがおすすめです。修理工場やディーラー、カー用品店、ガソリンスタンドなどに依頼して、へこみを綺麗に直してもらいましょう。

車のヘコミはドライヤーで直せる!についてよくあるご質問

車のヘコミはドライヤーで直せる!についてよくいただくご質問にお答えします!

Q.車のへこみは何故ドライヤーで直せるの?

A. 車に出来てしまったへこみが、なぜドライヤーで直すことができるのでしょうか。車にへこみ傷が出来る原因の多くは、車をぶつけてしまったり、運転中に飛び石などが当たりってへこんでしまうことがほとんどです。このようなヘコミ傷をドライヤーで直すことが出来る理由は、ドライヤーが効率よく熱を発して車のヘコミ傷部分のみを温めることができるからです。車のバンパーは樹脂製のものが多く、高熱に弱いため温められると柔らかくなり変形します。また、ボディ部分は柔らかくはないものの形状記憶の性質を持つ金属素材のため温めることで、元の形に戻ろうとするのです。

Q.ドライヤーで車のへこみを直す方法

A.ドライヤーで車のへこみを直す方法は、ドライヤーと冷却スプレーを用意し、安全のため軍手をつけます。へこみ傷の部分を綺麗にしたらドライヤーの熱と冷却スプレーを交互にあてます。交互に行うことでへこみが軽減していきます。ドライヤーで車のへこみを直すときの注意点として、あくまで直せるものは表面的なへこみのみということや、熱をあてすぎるとバンパーなど弱い部材は溶けてしまうことです。

Q.ドライヤー以外で車のへこみを直す方法

A.ドライヤーを使う以外に、自力でへこみを直す方法は、熱湯を使って直すことです。これも熱を加えてから裏から押しだすことでヘコミを直す方法になります。また、鈑金ハンマーや、吸盤をつかってへこみを戻す方法もあります。ただし、難しければプロに依頼することが安心でしょう。

まとめ

車のへこみを自力で直す場合は、ドライヤーを使うのがおすすめです。綺麗になるまで時間と手間がかかりますが、自分の手で車を直したい場合はドライヤーを活用してみましょう。ドライヤーを使うときもほかの道具を取り入れるときも、車や自分の体を傷つけないよう十分気をつける必要があります。

不安であればプロの手を借りるのも選択肢の1つ。好きな方法を選択して、車のへこみを綺麗に修理しましょう。