フロントガラスの傷は自分で修理可能!?修理方法と注意点をご紹介

はじめての方へ

走行中にフロントガラスが割れることは滅多にありません。それだけに、万が一割れてしまった場合の対処方法についてご存じない方は多いのではないでしょうか。

ですが、その応急処置について知らずに要ると、いざというときに慌てることになります。

それでは、走行中にフロントガラスが割れたときの対処方法と、フロントガラスの修理についてご紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

フロントガラスが割れてしまったときの応急処置は?

shutterstock_558179965 (2)

フロントガラスは、2枚の合わせガラスの中間部分に樹脂版を挟んだ構造になっており、外側または内側いずれかのガラスが傷ついた場合でも、その破片が樹脂版に貼りつくという特徴があります。

そのため傷ができても、車を運転しているドライバーはもちろんのこと、通行人に破片が刺さる危険が少ないというメリットがあります。

さらに、万が一強い衝撃を受けて体がフロントガラスに激突したとしても、樹脂版に守られることによって体が社外へ投げ出される危険性が低いというメリットもあります。

また、フロントガラスはミラーを取り付けるためのミラーベース、ガラスと車のボディを貼り合わせる部分の目隠しとなる黒セラミック(セラミックイン)が付属し、上部には日差しを遮るためのシェード(上部の影部分)が施されています。

まずは、これらのフロントガラスの構造について、大まかに理解しておきましょう。

では、突然の飛び石などによってフロントガラスが割れた際には、どのように応急処置すれば良いのでしょうか。

上記でご紹介したように、フロントガラスは一部が割れたとしても、直ちにそれがガラス全体に広がって割れるようなことはありません。

そして、その傷が軽度でしばらく走行できそうであれば、応急処置後にしばらく走行してもかまいません。

応急処置としては、とりあえずシールなどを貼っておくという方法で良いでしょう。

その際には、合わせガラスの内側にゴミが入らないように注意しながら、上からそっと貼るということです。

では、「少しの傷であれば修理せずにそのまま乗り続けてもいいのでは?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、フロントグラスが割れた状態でそのまま車に乗り続けることは、道路交通法違反に該当します。

少しの傷であっても、フロントガラスが割れたのであれば、直ちに最低限の応急処置を行っておくことが大切です。

フロントガラスの修理費用はどのくらい?

shutterstock_122992291 (1)

フロントガラスの傷が小さければ、そのまま修理せずに走行し続けることができそうですが、フロントガラスの合わせガラス構造は、走行中の振動などによってヒビが拡大する可能性が高いと考えられます。

つまり、自己判断による応急処置だけでそのまま放置するのではなく、できる限り早急に修理しておくことが望ましいということです。

しかし修理をするにしても、フロントガラスの傷は穴の修理だけで良いのか、それともガラスを丸ごと交換しなければならないのかという点について悩むところです。

自分で修理する場合、業者に依頼する場合ともに、500円玉以上の大きさの傷であればガラス全体の交換が必要になります。

また、小さなヒビであっても、それが深い部分にまで入っていたり、ガラスエッジから10~20㎝の場所にできている傷だったりする場合では、近々傷が拡大する可能性があるので、できるだけ早急にガラスを丸ごと交換しなくてはなりません。

それでは、フロントガラスの修理に必要な費用についてご紹介しておきます。

自分でやる場合

・ひびペッタン(応急処置用シール)

キズ確認チャート紙1枚、5㎝、3㎝各1枚入り

価格:540円

・フロントガラスリペアキット

レジン×1、レジン注入用シリンジ×1、修復用両面シール×2カ所分、補修用台座×1、仕上げ用フィルム×5

価格:600円~

・アウグ ウインドウガラスのキズ修理セット

UV硬化型レジン

価格:3,130円

これらはあくまでも応急処置用ですので、とりあえず穴を塞いでおきたいという場合のみ活用しましょう。

穴の修理の場合

業者によって穴の修理代にはばらつきがありますが、1カ所当たりおよそ15,000円~20,000円前後と考えておくと良いでしょう。

ガラス交換の場合

ガラスを丸ごと交換する場合では、傷の度合い、車種によってガラスの種類が異なるなどの事情から、一概にいくらということはいえません。

また、近年ではUVカットガラスや断熱ガラスなど、高性能なフロントガラスも登場してきています。そのため、このようなフロントガラスの場合は、一般的なガラスよりも修理費用が高額になる可能性があります。

フロントガラスの修理費用は、フロントガラス自体の代金+交換費用となりますので、まずは業者に見積もりを出してもらい、じっくりと検討してみると良いでしょう。

本当に交換すべきか検討しよう
フロントガラスの交換は高くても10万円前後(高級車は別)ですので、新車を購入する費用と比べれば安いものです。ただし、愛車自体が古くなっている場合は今後他の部分でも修理や交換が必要になってきますし、車にかかる自動車税や重量税も増えてきますので、維持費の高騰時代がやってくる事になります。

なので、比較的新しい車であればそのままフロントガラスの修理を行うべきですが、そうではなく古い車の場合はこれを機に買い替えを行った方が、数年単位で見た際にコスパが改善される事がほとんどなのです。

したがって、こういった機会には目下の費用だけを見るだけではなく、長い目でどの選択がお得になるかを考える様にしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

フロントガラスの修理はどこへ持っていくべき?

フロントガラスの傷が小さければ、とりあえず応急処置をしておいて、その後は業者に修理を依頼するという方法がベストですが、問題はどの業者に修理を依頼するのかという部分です。

それでは、フロントガラスの修理を依頼できる業者をいくつかピックアップして、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

自分でやる

自分でガラスの修理や交換をすれば、最も安い費用で済むというメリットがあります。

しかし、フロントガラスの傷は、素人目には浅く入っているようであっても実は深かったり、補修が不十分だったためにすぐに傷が広がってしまったりするデメリットがあります。

また、リペアキットなどでとりあえずの修復ができたとしても、綺麗な仕上がりにすることは難しく、満足いくほどに仕上げられない可能性は高いのです。

中には、フロントガラスを購入して自分で交換するという方もいるようですが、取り付けが甘いと走行中に外れてしまう可能性があります。最終的に、業者へ修理を依頼しなくてはならなくなることもあります。

この場合では何よりも危険が先行しますし、費用合計が業者よりも高額になることも考えられますので、おすすめできる方法ではありません。

ディーラー

ディーラーでは、担当者が一部始終丁寧に対応してくれて、スケジュール通りに作業が行われることが多いというメリットがあります。

特に時間的な余裕がない方にとっては、スケジュール通りの修理はとても助かります。

一方、ディーラーでは正規品が使用されることが多く、定価となる可能性が高いというデメリットがあります。

また、修理工場に修理を委託する場合では中間手数料が発生しますので、修理費が高額になる可能性が高くなるというデメリットもあります。

ガラス専門工場

ガラス専門工場に直接修理を依頼する場合は、ディーラーのように中間手数料が発生しませんので、安い費用でフロントガラスの修理を行うことができるでしょう。

また、ガラス工場では必ず正規品を使用するという概念がなく、正規品にはないオプションつきのガラスへの交換も可能という点は、大きなメリットといえます。

このように、フロントガラスを修理する際には、どこに持ち込むのかによって修理費が異なります。

長く付き合いのあるディーラーであれば、多少修理費が高額になってもディーラーに依頼したほうが良い場合もあります。

まとめ

shutterstock_294251003

これくらいの小さな傷なら自分で直せるだろうと、簡単に考えてしまいがちなのがフロントガラスの傷です。

フロントガラス自体はそれほど複雑な構造になっていませんが、傷の深さや傷ができた場所によっては見た目以上のダメージを受けている可能性があります。そのまま放置することで、傷がガラス全体に広がる可能性も高まるのです。

フロントガラスに傷ができたのであれば、とりあえずは業者に状態を確認してもらい、適切な修理を行っておくようにしましょう。

今回はフロントガラスにのみ傷ができた場合を想定してご紹介しましたが、フロントガラスの傷は、車自体が破損した場合にも起こりえますよね。

フロントガラスのみの修理であれば、ご紹介したように手軽かつ安価で行えますが、そのほかの修理が必要な場合はプラスで手間も費用も掛かってきます。その場合は、車自体を買取ってもらうか、廃車買取りサービスなどの利用を検討してみましょう。

廃車買取カーネクストであれば、車の買取業者から値段が付けられないといわれた車であっても、部品別に査定してくれます。一度相談してみましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。