ディーラーの下取りは本当にお得?買取との違いは?

自動車の困り事

ディーラーの下取りは、買取よりも損をするといわれています。

けれども、車の乗り換える上でディーラーの下取りを希望するドライバーが多いのも事実です。

ディーラーの下取りは本当にお得なのでしょうか?

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

ディーラーで下取りしてもらうメリットは?

ディーラで下取りしてもらうと、査定額の分だけ新車を安く買えるのが基本です。

普段は値引きされない車でも下取り額を査定よりも上乗せして、値引き同然にする場合もあります。そうすれば「安売り」にはならないのでブランドのイメージが保たれ、リセールバリューが下がらなくて済むのです。

こうした事情もあって、ディーラーの下取りは金額という形で反映されなくても、値引きでそれ以上の価値を持っている可能性があります。特に同じメーカーの車ほど効果的です。見積もりを取って、買取と比較してみるといいでしょう。

他にもディーラーの下取りには手間がかからないというメリットがあります。車は手放すときも、新たに購入するときも多くの手続きが必要です。提出しなければいけない書類もたくさんあります。買取で現金化してから車を乗り換えるとなれば、複数の店舗にまたがって手続きしなければいけないため不便です。

けれどもディーラーの下取りなら1つの店舗だけで両方の手続きが完了します。必要な書類は用意してくれますし、記入方法も丁寧に教えてくれますから、ドライバーの負担はかかりません。書類さえ提出すれば手続きはお任せできます。基本的に1人の担当者が全部対応してくれるでしょう。

納車まで現在の車に乗り続けられるのもうれしいところです。買取は契約が成立した時点で車を手放さなければいけません。新たな車の購入とタイミングを合わせるのは難しく、結局は納車まで車無しで過ごすか、有料で代車を用意することになるでしょう。だからといって納車まで買取を待たせると、その間に価値が下がってしまいます。

ディーラーの下取りは現在の車を手放すのと納車が同時で、その間に価値が下がることもありません。

また、ディーラーにとっては数百万円もする新車を購入してくれますし、今後も長い付き合いになりますから、丁寧に接客してくれます。買取でも丁寧な接客をしてくれる業者は多いですが、購入と買取ですから、どうしても違いが出やすいものです。その点では安心感があるでしょう。

このようにディーラーの下取りは、忙しかったり面倒だったりして、車の売却と購入を1ヶ所で済ませたいドライバーに向いています。査定額が低くても値引きされれば良い、長く乗った車なので気にならないという考えであれば不満は生じないでしょう。

ディーラーの下取り額ってどうして安いの?

では、どうしてディーラーの下取り額は、買取業者よりも安いのでしょうか。

まずは基本的に競争相手がいないからです。買取業者は数多くあるため、少しでも査定額を高くすることで売却してもらわなければ、商売が成り立ちません。

一方、ディーラーの下取りはその店舗で新車を購入するのが前提なので、あえて査定額を高くする必要はありません。むしろ買取業者では無料になる査定料や、再販するためのメンテナンス料を取られる場合があります。

次に考えられるのは、引き取った車のその後の扱いです。ディーラーの下取りでは、その店舗か系列店でのみ販売されるため、いつまでも売れないと価値が下がって不良在庫になる恐れがあります。そのリスクに対処するには、査定額を低くするしかありません。

買取業者であれば、販売ルートが豊富です。自社で販売するところもありますが、多くは業者向けのオークションに出品しています。ほとんどの車は全国のどこかに需要があるので、高値で買い取れますし、すぐに再販できて不良在庫を抱える心配もありません。業者の中には海外への販売ルートを持っている所もあります。

そして査定に対する考え方の違いも影響しています。ディーラーも買取業者もJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)のハンドブック を参考にするのは同じですが、ディーラーでは純正のままであるほど評価は高めです。

社外オプションが付いていると、まったく評価しないか、逆に査定額が下がる恐れがあります。そのような車は売りにくい上に、客層が求めていないからです。純正に戻すとなれば費用がかかりますから、査定額を下げざるを得ません。

買取業者はオークションの相場も加味しており、社外オプションの需要があれば高値をつける所もあります。査定で大きく差がつきやすいところと言えるでしょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

ディーラーの下取りより買取のほうが良いケースは?

いくらディーラーの下取りが便利で値引き効果があったとしても、買取のほうが良いケースもあります。

例えば新車を購入する予定が無いのはもちろん、査定額を現金で受け取りたい場合は、買取業者一択です。契約が成立したら、その場で受け取れる業者もありますから、急いで現金化したいときには便利でしょう。

もちろん、ここまで紹介した通り、査定額はディーラーよりも買取業者のほうが高めです。自分で車の価値が分かっているなら、なおさら正当に評価してもらいたくなります。それなら査定額が低い上に本当の評価が分かりにくいディーラーの下取りよりも、買取業者のほうが納得しやすいはずです。

特に社外オプションやパーツも評価してもらいたい、あるいは改造車なら最初から買取業者に依頼したほうがいいでしょう。手放す車と購入したい車のメーカーが違うときも同様です。ディーラーの下取りと買取業者の査定では、同じメーカーでも10~20万円、違うメーカーだと20~50万円ほど評価が異なる場合があります。

その代わり、買取業者で高い査定額をつけてもらうには交渉力が必要です。車の魅力を余すところなく説明したり、他社との競合を上手にちらつかせたりできる自信があるなら、車の乗り換えでも買取業者を利用したほうが良いでしょう。

そんな買取業者でも苦手とする車があります。修復歴のある事故車や不動車、あまりにも年式の古い車や走行距離の多すぎる車です。再販できる見込みが少ないため、査定額が低くなったり、買取を断られたりします。

これらの車は、廃車買取業者なら値がつくかもしれません。用意された必要書類に記入すれば、運輸支局や軽自動車検査協会での手続きも代わりに行ってくれます。たとえ値がつかなくてもレッカーや手続きにかかる費用は無料です。

なぜなら廃車買取業者は自社で工場を保有しているところが多く、車として再利用できなければ解体します。スクラップにすれば金属はもちろん、その他の素材も需要があるため利益になるのです。使えるパーツは残して再利用できます。

修理してまだ走れる車なら、輸出して販売することも可能です。海外では年式が古くても走行距離が多くても、現役で運転されています。傷やへこみはもちろん、修復歴による不具合があっても、日本ほど気にしません。

カーネクストでも廃車買取を行っております。全国どこでも0円以上の買取を保証しており、引き取りや手続きにかかる費用は無料です。車種によっては海外での需要を見込んで、数十万円の査定額をつけた実績もございます。下取りや一般的な買取の査定額にご不満があるときは、是非ともご相談下さい。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

ディーラーの下取りは、車の乗り換えに伴う面倒が少なく、査定額が低くても値引き額に反映されるのがメリットです。

一方で、ほとんどの車において買取のほうが査定額は高くなる傾向があります。それぞれの良し悪しを理解した上で、自分に向いているほうを利用したいものです。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。